このページの先頭へ

オクニョ 運命の女~獄中花 ユン・テウォンの謎

-スポンサーリンク-

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

News! 注目海外ドラマ This Is Us 36歳 同じ誕生日をもつ3人の男女の知られざる秘密とは?

ユン・テウォンの謎 何故ユン・ウォンヒョンに手を貸したのか?

ユン・テウォン(尹泰源)は王都漢陽の麻浦のごろつきとして荒れた生活を送っていました。
それは父親に捨てられた子供時代の苦い経験によるものでしたが、何故、悪役ウォンヒョンに手を貸したのでしょうか?

スポンサーリンク

gosoo.jpg

オクニョとの出会い は典獄署(チョノクソ)で彼が囚人として入所した時の事。
溌溂と囚人たちの為に動き回る彼女を見て好意を抱いたようです。

この時の オクニョチン・セヨン ではなく、少女時代を演じた子役のチョン・ダビンでした。

photo by MBC

主なキャスト(登場人物):プロフィール
  • チン・セヨンオクニョ):典獄署で生まれ育った天才少女、将来代訟人(テソンイン=弁護士)となる。
  • チョン・ダビン子役):少女時代のオクニョ
  • コ・スユン・テウォン):麻浦(マポ)、サムゲを牛耳る元締め
  • キム・ミスクムンジョンワンフ):文定王后(中宗の継妃、明宗の母)
  • チョン・ジュノユン・ウォンヒュン):尹元衡、文定王后の弟で宮廷政治を牛耳る。
  • パク・チュミチョン・ナンジョン):鄭蘭貞、朝鮮三大悪女の一人で尹元衡と結託。
典獄署の人々キャスト(登場人物):プロフィール
  • チョン・ウンピョチ・チョンドゥク):典獄署の下級役人
  • チェ・ミンチョルチョン・デシク):典獄署の主簿(責任者)
  • パク・ギルスユ・ジョンフェ):典獄署参奉
  • イム・ジョンハイ・ヒョソン):典獄署奉事
  • アン・ヨジンユグム):オクニョの母代わり、典獄署の女性囚人元締め
  • ショリチョンドゥン):スリ、オクニョと親しい
  • イ・セチャンチョン・ウチ):有名な道士・詐欺師
  • チュ・ジンモイ・ジハム):有名な占い師でオクニョに占いを教える(土亭=トジョン)とも
  • ク・ヘリョントクプン):典獄署の茶母
  • チョ・ユノチェドク):典獄署の獄卒
麻浦松坡商団の人々キャスト(登場人物):プロフィール
  • イ・ヒドコン・ジェミョン):商団の頭領
  • キム・ヒョンボムトチ):ユン・テウォンの親友
  • ウィ・ヤンホチャクトゥ):コン・ジェミョンの配下
  • キム・イクテソン・ファノク):開城の大商人
芸館ソソルの人たちキャスト(登場人物):プロフィール
  • オ・ナラファン・ギョハ):ソソルの女主人
その他の人々キャスト(登場人物):プロフィール
  • イム・ホカン・ソノ):捕盗庁(ポドチョン)の部将
  • クァク・ミノキ・チュンス):内禁衛(ネグミ)の武将
  • キム・ミンギョンキム尚宮):文定王后の腹心
  • セ・ハジュンミョンジョン):明宗、李氏朝鮮の第13代国王
  • ハン・インスイ・ジョンミョン):兵曹判書(防衛大臣)、明宗一派
  • チェ・テジュンソン・ジホン):捕盗庁の従事官(チョンサグァン)、尹元衡の娘婿
  • キム・スヨンユン・シネ):尹元衡の娘、ソン・ジホンの婚約者

ごろつきから麻浦商団のリーダーへ

テウォン は極悪人で ごろつきの親分カン・マンボの暗殺 と引き換えに麻浦商団員としての地位を得るため典獄署に入り込んでいたのです。

見事目的を果たしたテウォンは商団の下っ端として入団。

次第に、類まれな商才を大行首コン・ジェミョンに認められ、明国との取引で大成功を収めたのちは、実質的な商団のリーダーとして認められます。

その後、オクニョと再会したテウォンは彼女の味方として、また恋人として存在感を増していくのです。

テウォンはユン・ウォンヒョンの庶子

母親 は妓楼素素樓(ソソル)の妓女・ホンメですが、ウォンヒョンが同じ素素樓の妓女だった鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)を寵愛して側室にしたため、ホンメと共にテウォンも家を追い出された境遇にありました。

幼い頃、父親に見捨てられたトラウマから反抗的で冷めた性格の青年に育ったようですが、オクニョだけには何故か心を許していたのです。

ウォンヒョンには、嫡子の他、沢山の子供がいたようですが、テウォンの記録はありません。
テウォンは架空の人物としてドラマに登場するのみです。

ユン・ウォンヒョンは何者か?

チョン・ナンジョンへの恨み

自分の母親を追い出す原因を作ったナンジョンをテウォンは深く恨んでいました。

また、幼い頃に母を亡くしたテウォンに優しかった ユン・ウォンヒョンの正室(ドラマの中では安国洞の奥様と呼ばれる)を追い出した挙句、毒殺までしたナンジョンを激しく憎んでいたのです。

トレビア

一方チョン・ナンジョンは、張禧嬪(チャン・ヒビン)、張緑水(チャン・ノクス)と並んで「朝鮮三大悪女」の一人として知られる女性ですが、実在の人物で、父は中宗付きの武官であったと記録されています。

母親の出自は不明ですが、側室で、おそらく妓女ではなかったかと思われます。(素素樓の妓女であったかどうかは分かりません)

王族の係累であり、ユン・ウォンヒョンの側室であった関係で、文定王后と仲が良く、ドラマ「オクニョ~運命の女」(獄中花)では、商才を発揮して文定王后の蓄財に貢献するなど、王后の野望を支える懐刀として活躍します。

宮中では「女人天下」と呼ばれる絶大な権力を手にしました。

「女人天下」のあらすじ

関連記事:チョン・ナンジョンは、何者か?

父親への複雑な思い

後に、ウォンヒョンがテウォンに会いたがった時、最初は反抗心を剥き出しにしたテウォンですが、父親を憎む一方、恋慕の情は否定できなかったようです。

刺客に襲われたウォンヒョンを間一髪で救ったテウォンが、重体の父の見舞に屋敷を訪れるシーンはその事を顕著に物語っています。

やがて、テウォンに感謝しつつ父親として認められたいウォンヒョンの肝いりで平市署(ピョンシソ、市場の密売などを取り締まる部署)の主簿(署長)に任官、両班の地位を手に入れる事に。

これを機会にウォンヒョンと急速に接近するテウォンですが、憎いナンジョンにまで協力せざるを得なくなり、さぞかし複雑な心境だったでしょう。

一方、変わり果てたテウォンの姿に失望したオクニョとの距離は遠ざかるばかりだったのです。

スポンサーリンク

テウォンの改心、父との決別

心ならずも、父親とナンジョンに協力を余儀なくされたテウォンは、民衆をを虫けらのように扱う ナンジョンの極悪非道の行為に、良心を呼び覚まされることに。

それは都に大流行した疫病(実はナンジョンの陰謀)に苦しむ人々に、ナンジョンが高値で薬を売りつけようとした時でした。

文宗王后の死 と共に急速に力を失ったチョン・ナンジョンが自殺し、官軍に包囲されたユン・ウォンヒュンが立てこもった時、父に向って「どうか自首してください。もう終わりです。」と涙混じりに懇願するテウォンの姿は、父を愛する一人の息子だったのです。

“ 確かにユン・ウォンヒョンは悪役でしたが、それでもテウォンにとっては慕うべき父親だったのですね。”

オクニョ あらすじ全話のリスト

オクニョ あらすじ全話リスト
1話  2話  3話  4話  5話  6話  7話  8話  9話  10話 
11話  12話  13話  14話  15話  16話  17話  18話  19話  20話 
21話  22話  23話  24話  25話  26話  27話  28話  29話  30話 
31話  32話  33話  34話  35話  36話  37話  38話  39話  40話 
41話  42話  43話  44話  45話  46話  47話  48話  49話  50話 
51話 (最終回)

Huluならいつでもどこでも海外ドラマや映画が見放題!⇒今すぐ無料でお試し