大君-愛を描く-あらすじ第11話&第12話と感想

この記事の所要時間: 328

テグン・ポスター

photo by tvchosun.com

韓国時代劇「大君-愛を描く-」第11話第12話のあらすじと感想を紹介しています。
チンヤン大君(イ・ガン)の謀略で謀反人の濡れ衣を着せられたウンソン大君(イ・フィ)が絶体絶命の危機に!
再び離れ離れとなったフィとジャヒョンの運命はどうなるのでしょうか?

[スポンサーリンク]

 

大君-愛を描く-あらすじ第11話

ウンソン大君(イ・フィ)とジャヒョンの婚礼の日、結婚式場を襲った賊が左議政ら重臣たちを切り伏せます。

賊たちを制圧した後、幼い王を守るため急いで王宮へ向かうフィ。

チンヤン大君(イ・ガン)も傷を負いますが捕えた賊に首謀者の名前を問いただすと、何と「ウンソン大君」の名前が飛び出すことに!

周りの人々は思いがけない名前に仰天しますが、ガンはジャヒョンを謀反人の妻として連行するのでした。

ジャヒョンは、フィが謀反など起こすはずがないと抵抗しますが、ガンは家族を脅しつけ無理やり彼女を駕籠に押し込めてしまいます。

しかし、この事件の黒幕は、イ・フィを罠に嵌め王座を奪わんとするイ・ガンで、フィを罠に嵌めるためだったのです!

謀反人ウンソン大君!

王宮の中には煙が立ち込め異変が起こっていました。

フィは王を抱きかかえて安全な場所へ避難しようとします。

一方、かごに乗せられ連行されたジャヒョンは、チンヤン大君の屋敷に監禁されることに。

王宮では大妃がヤンアン大君から「フィが反乱を起こした」と報告を受けています。

フィの反乱など信じない大妃は急ぎ王に会いに行きますが、王を抱きかかえていたフィが兵士達に包囲されている姿を目撃。

そこへ遅れて到着したガンが姿を現し、フィを捕えてしまうのでした。

その頃ヤンアン大君はジャヒョンの父ソン・オクを脅迫し、家族を守るために偽の謀反の真相を書かせていました。

また、捕えられた賊たちも虚偽の自白をしフィは絶体絶命の危機に陥るのでした。

ガンは領議政(総理大臣)の地位につき、自らの野望を着々と進める事に。

大君-愛を描く-あらすじ第12話

フィの命乞いにガンの屋敷を訪ねたジャヒョンですが、「お前はその代償として何ができる?」とガンが問いただすのです。

ガンが立ち去り、残ったナギョムは「お前の父親がウンソン大君を死に追いやり、おまえのためにテグンは死ぬのだ」とジャヒョンに冷酷な言葉を投げつけます。

夫が自分ではなくジャヒョンに心を寄せているのを激しく嫉妬するナギョムだったのです。

降りしきる雨の中を屋敷まで一人帰ったジャヒョンは、出迎える父を「なぜ嘘の報告をしたのか」となじるのでした。

見るに見かねた母親の竹山安氏が娘の頬を打ち、「苦しんでいるのはお前だけではない」と叱りつけます。

悲しい別れ

ある夜の事、ジャヒョンは兄ドゥクシクの力を借りて獄房のフィを訪ねます。

父の事を詫びるジャヒョン、そしてお互いを心配し合う二人の姿が哀れです。

翌朝ジャヒョンは大妃を訪ねますが、どうしても会ってもらえませんでした。

切羽詰まったジャヒョンはイ・ガンに会い「どうか私を殺してください。わが身を差し出しますから、どうかフィの命を救ってほしい」と懇願します。

これを聞いたガンは「自分の身を差し出すのは死ぬことと一緒か」と吐き捨てるように言うのでした。

一方王宮ではフィに死を与えるよう重臣たちが大妃に迫っていました。

大妃の激しい抵抗に、フィは死を免れ流罪に処せられることに。

しかし、狡猾なガンは密かにフィを殺害しようと計略を練っていたのです。

その頃、ジャヒョンはルシケの力を借り密かに流刑地へ向かおうとしていました!

大君-愛を描く-第11話&第12話の感想

イ・ガン(チンヤンテグン)の卑劣な罠に嵌まったイ・フィ(ウンソンテグン)!

謀反の汚名を着せられ官職を全て奪われて流罪に処せられてしまいました。

ジャヒョンはまたしてもフィとの悲しい別れを強いられることに…

密かに流刑先のフィに会いに行くジャヒョンはフィに会う事ができるのか?

そして、ガンに命を狙われるフィの運命は!?

次回も見逃せません。

[スポンサーリンク]

関連記事

このカテゴリーのあらすじ一覧と関連記事です!


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ