花郎-ファラン-あらすじ第13話&第14話と感想

この記事の所要時間: 312

『花郎』第13話~第14話 あらすじのポイント

韓国ドラマ『花郎第13話第14話のポイントを紹介。
百済から挑発する手紙が届き、戦争するかスンミョン王女を送って和睦するか迫られた只召。
只召は百済行きを選び、スンミョン王女一行は百済へ行く事に!
百済についた一行は百済太子に会い、そこで太子は王を名乗りでなければ、民を順番に殺めると・・・。

[スポンサーリンク]

 

花郎 第13話のあらすじ

ソヌの刀の前に立ちはだかるアロはジディを庇います。

その瞬間刀を引いたソヌはアロの腕を傷つけてしまいました。

ソヌはアロを傷つけてしまった事に心を痛め、ジディはまた悪夢にうなされるようになります。

photo by kstyle

百済から馬が送られ、新羅を挑発する手紙が貼られていました。

パク・ヨンシルは戦争するかスンミョン王女を送って和睦しろと只召に迫り、只召は親睦の為にスンミョン王女と花郎を送ると決断します。

百済に行きたくないスンミョン王女はソヌを志願させるためにアロをおとりに使いました。

アロを守る為ソヌは立候補し、只召からソヌを守るよう言われたスホ、パク・ヨンシルからソヌを監視するよう言われたパンリュ、母にとめられたジディが志願するのです。

スヨンはパンリュの身を案じ自分の髪を渡しました。

気持ちが高ぶったパンリュはスヨンを抱き寄せ熱いキスをするのです。

※ 人物相関図はこちら

百済行きを志願した理由

百済に出発した一行。

休憩中倒れたスンミョン王女を抱きとめたソヌを見ていたアロは傷付いていました。

スンミョン王女の為に志願したのかと聞くアロに、 ソヌは 自分の為だと言いアロを抱きしめたのです。

花郎 第14話のあらすじ

村人達に囲まれたソヌ達、村人は貧しさから盗賊になっていました。

スホは切ろうとするが、ジディは殺していい民などいないと止めます。

翌朝、百済への送り物は消えていました。

時間がない一行は百済へ手ぶらで行く事にしました。

アンジは只召にもう治療はしないと決別を告げます。

仙門ではハンソンがソヌを恋しがっていました。

王と名乗り出た人物とは!?

授業中におしゃべりをしていたハンソンについて祖父が呼び出しを受けます。

祖父は怒ってハンソンの代わりにタンセを鞭で打ち、ハンソンは精神的に追い詰められていきました。

百済に着いた一行は百済の太子に会います。

外で待っていたアロは盗賊の一味と間違われ捕らえられてしまいました。

助けようとしたソヌ達も捕らえられます。

その隙に、パンリュはパク・ヨンシルからの手紙を太子に渡しました。

手紙には王が花郎の中にいると書かれており、太子は 王を殺せというメッセージだと理解するのです。

太子の前に引き出された花郎達は、王に責任を問う名乗りでなければ民を順番に殺めると言われました。

アロの順番が来たとき、 ソヌは自分が王だと名乗りでるのです。

花郎 第13話と第14話の感想

とうとうソヌは王だと名乗り出てしまいました。

でも、あの状況なら仕方なかったのかも知れません。

あの瞬間ソヌはとってもかっこ良かったです。

ジディは自分が言えなかった事をまた悩んでしまうのでしょうか?

パク・ヨンシルは手下まで呼びに送っていてしたたかさを感じました。

パンリュはまた花郎を裏切ってしまいましたが、迷い悩んでいるようすが痛いほど伝わってきます。

ハンソンが徐々にキャラクターを出してきました。

可愛らしい雰囲気が弟みたいでした。

アロは助かるのでしょうか。

次の展開が気になります。

花郎 人物相関図

hwarang-relation

photo by https://video.unext.jp/feature/cp/hwarang/

韓流観るなら<U-NEXT>

 

[スポンサーリンク]

関連記事

このカテゴリーのあらすじ一覧と関連記事です!


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ