「2016年4月」の記事一覧

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第9話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第9話。1989年1月、トクソンとその幼馴染達やボラの恋愛が少しずつ動いています。トクソンはコンサートにジョンファンと出かけました。一方、ソヌはボラをコンサートに誘うのですが、「妹の友達以上の線は超えないで」ときっぱり断られます。そしてテクはトクソンを伴って中国の試合に出かけました。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第8話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第8話。ボラは友達から、酔った勢いでボラの彼氏とキスをしたと泣きながら報告されました。 一人泣くボラ。ソヌはボラは優しい人だと知っている、と慰めて、キスをします。一方、ノウルは彼女と別れ話をしようとしますが、ヤンキー仲間ともめてしまい、トクソンも巻き込み警察沙汰になってしまいました。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第7話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第7話。ソヌはトクソンの姉に初雪の日に勇気を出して告白しますが、相手にしてもらえません。一方、トクソンの父や母たち大人はソヌの家に集まり、子供たちのクリスマスプレゼントの相談をしています。そしてテクの父の誕生日はクリスマス。テクは父親のプレゼントをトクソンに相談します。

韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第9話、第10話

歴史ドラマ テバク ドロドロ復讐 サスペンスミステリー

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第9話では、王宮で繰り広げられるテギル、ヨニン君、ダムソ、それぞれの戦いが語られ、第10話ではイ・インザに立ち向かうため立ち上がる三人の姿が描かれます。『テバク』第9話・第10話は、それぞれ視聴率8.0%、8.9%を記録。『モンスター』との2位争いは予断を許しません。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第6話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第6話。初雪とともに、トクソンと幼馴染達の恋模様に思わぬ展開があります。トクソンがラジオに出したハガキが料金不足で返ってきました。ジョンファンが見つけ、その文面からトクソンのソヌへの想いを知ってしまいます。一方、ソヌが告白を決意しました。しかしその相手が意外な人物だったのです。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第5話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第5話。トクソンの姉はデモに参加しその姿をトクソンやノウルはテレビで目撃しました。結局警察に検挙されてしまうボラ。父に怒鳴られても頑なだったボラが、母の姿に心を動かされ、「私が間違っていました。警察に行きます」と謝ります。一方ジョンファンの母は、実家に戻って3日間家をあけていました。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第4話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第4話。トクソンは突然「私、大学に行きたい!」と家族に宣言しました。そしてまず集中力を養うと言って、テクと碁をうったりしています。そんな無敵の天才囲碁少年テクが格下の相手に負けるという事件が起きました。幼馴染みのみんなはわざとストレートに「完敗だって?」と声をかけたのです。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第3話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第3話。今回はいよいよトクソンの恋が動き始めます。女友達からソヌがトクソンに気があるのでは言われたトクソンはソヌを意識し始めるのでした。一方、ジョンファンがトクソンを意識するようになり、ここにも恋が芽生えるのです。また、ソン・ボラにもロマンスが訪れる日が来るのかもしれません。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第2話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第2話。トクソンの祖母が亡くなるという悲しい出来事が起こりました。なのに父ドンイルは笑顔を見せていて、その様子に家族は違和感を覚えます。一方、トクソンの幼なじみのジョンファン、ソヌ、トンリョンの3人はアダルト映画を見に行こうと連日奮闘していました。しかし思いがけない人に見つかり・・・。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第1話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第1話。1971年生まれのトクソンは18歳の高校二年生、勉強よりもロマンスや外見に興味があり、成績はさえません。トクソンの幼なじみはサッカー大好きのジョンファン、勉強ができて性格もよい生徒会長のソヌ、11歳でプロ棋士になった天才囲碁少年テク、ダンスが上手なドンリョンの4人です。

ページの先頭へ