「2016年7月」の記事一覧

懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第9話・第10話

この記事の所要時間: 553

韓国時代劇ドラマ「懲毖録」あらすじ第9話、第10話です・・・これらのエピソードでは、国家存亡の危機に瀕してもなお宮廷で党派抗争を繰り返す大臣・官僚たち、特に南北に分裂した東人の姿にフォーカスがあたっています。

「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第7話・第8話

この記事の所要時間: 638

「懲毖録」あらすじ第8話、第9話です・・・日本から帰国した通信使達の報告が真逆なため、宮廷は混乱に陥っています。そこで、書状官であるホ・ソンから話を聞いたところ、ホ・ソンは日本国内の状況から、事が起きそうな予感がするということを伝えました。

「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第5話・第6話

この記事の所要時間: 638

「懲毖録」あらすじ第5話・第6話をご紹介しています。内容はネタバレを含みますので、読まれる方はご注意ください。今回は、宣祖の世子(王位継承者)冊立を巡る党派の駆け引きと、日本から戻った通信使(外交使節)の報告が語られます。

「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第3話・第4話

この記事の所要時間: 69

「懲毖録」の第3話、4話のあらすじをご紹介しています。リュ・ソンニョン(柳成龍)の周りで国を二つに分ける大事件が発生します。東人によって起こされた反乱の失敗で東人は1000人以上の同志を失う大きな打撃を受ける結果となりました。

韓国ドラマ「懲毖録(チンビロク)」第1.2話のあらすじ

この記事の所要時間: 512

「懲毖録」の第1話、2話。宣祖(第14代国王)の祭礼からドラマが始まります。宣祖の持つコンプレックスや日本が朝鮮を侵略する背景がうかがえる歴史的なエピソードが赤裸々に描かれており、第2話のラストでは、ある日本人罪人が語ったある言葉で・・・。


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ