スポンサーリンク
この記事の所要時間: 40

tebak20160330

photo by:cSBS

韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第21話、第22話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ第21話では、弟であるヨニン君の命を救う為に、危険な状況の中でも立ち向かっていくテギルの姿が、第22話では、景宗を毒殺で死に至らせたヨニン君の姿が描かれています。

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第21話・第22話(2016年6月6・7日放送)は、それぞれ視聴率10.3%、9.9%を記録。

テギルは怒り狂った景宗からヨニン君を救い、イ・インザが逆賊であることが明らかになります。

そして景宗の崩御によってヨニン君が英祖に即位される過程が描かれました。

視聴率出典:Nielsen Korea

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第21話

ヨニン君に刀を突きつけようとしている景宗を必死に阻止しようとするテギル

テギルヨニン君に刀を突きつける景宗

刀を振り上げた景宗テギルは、ヨニン君が危機に陥った場合は兄である自分が命を救えと粛宗が生前言っていたと言い出しました。
それを聞いた景宗は興奮し、一旦は刀をおさめましたが、老論の大臣たちに斬刑の処罰を下したのです。

イ・インザの血書

テギルは渡せなかった血書を持って景宗の元へ乗り込み、老論の重臣たちの罪を取り下げてイ・インザを捕まえるように告げるテギル

ところがイ・インザの件と老論の大臣たちの処罰は関係ないと言い、どちらにも処罰を下す景宗

ヨニン君に老論の大臣たちの処罰を阻止することができなかったことを告げるテギル

ヨニン君の涙

その後、ヨニン君は自分の命と引き換えに大臣らの命を救ってほしいと景宗に懇願しますが、却下され、遂に処刑が始まりました。

泣き叫び、処刑人を止めようと駆け寄っていくヨニン君を必死で止めるテギル

師匠を前にしたテギルは、気が緩み、思わず涙が出てしまい、思いを吐き出してしまいました。

ヨニン君はその場で崩れ落ち、大臣らの遺体の元へと這って行き、彼らの無念を晴らすと心に誓うのでした。

予想外の反転

景宗に呼び出されたイ・インザは血書を見せられ、その場にひざまずいてしまいます。

ところが数日後、意味深な笑顔を見せて奇妙な音を出しながら鐘を打ち始めるイ・インザ
そしてテギルイ・インザが対面し、刀を突き付けられるテギルでしたが、景宗の登場によってイ・インザは捕らえられました。

そしてチョン・ヒリャンが本当は生きていることを暴かれ、イ・インザは反撃する言葉もなく、ただ睨みつけることしかできず・・・。

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第1話・2話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第3話・4話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第5話・6話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第7話・8話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第9話・第10話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第11話・第12話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第13話・第14話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第15話・第16話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第17話・第18話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第19話・第20話

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第22話

ヨニン君景宗に病気に致命的な柿とケジャンを与えて死に追いやったことに対し、テギルヨニン君に疑いの目を向けます。

ところがヨニン君はそれを否定し、テギルから疑われたことに対し、自分を捨てたのだなと言い捨て、ヨニン君は冷たい目でテギルを見つめました。

即位の儀が始まる

景宗の死によって、世弟だったヨニン君が朝鮮第21代王、英祖となるべく、即位の儀がとり行われていました。

そしてヨニン君景宗を毒殺したという噂をした者を見つけた場合、斬首に処するよう指示を下します。

ムミョンが生きている

もう乞食の姿ではないイ・インザファン・ジンギと会い、ムミョンがまだ生きている事を確認します。

ムミョンは牢に入れられており、看守から「廢假立眞」と書かれた紙を受け取ることに。

「廢假立眞」とは偽の王を退けて、真の王を立てようという意味でした。

イ・インザの反乱

パク・ピリョンチョン・ヒリャンと合流したイ・インザは、遂に清州城を陥落させる反乱を起こします。

ヨニン君イ・インザが反乱を起こしたと報告を受け、キム・チェゴンを呼び出すことにしました。
一方、テギルもこの件を知り、キム・チェゴンよりイ・インザとの悪縁を終わらせようと提案を受けます。

不気味な謀反

イ・インザは、ミルプングンに亡くなった景宗の妻を利用して謀反を成功させようと提案します。

テギルイ・インザの謀反をなんとか鎮圧させる為に作戦を練ることに。

そして見事に死線で二人は再会を果たすのでした。

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ『テバク』あらすじ 1話、2話(チャン・グンソク)快調なスタート... 韓国ドラマ『テバク』のあらすじ第1話と第2話。視聴率11.8%、12.2%という好視聴率で第1話、第2話の放送を終えたチャン・グンソク主演の『テバク』(SBS)。まずは、月火ドラマ枠のトップを確保、第2位、KBS2の「町の弁護士チョ・ドゥルホ」(10.1%→11.4%)を僅差で抑えた格好となっていま...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第15話、第16話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第15話では、手のひらの上で転がされる兄弟テギルとヨニン君が憎きケジャクドゥと戦う姿が、第16話では、イ・インザから出生の真実を知ったテギルの姿が描かれています。『テバク』第15話・第16話(2016年5月16・17日放送)は、それぞれ視聴率8.4%、9.6%を記録。イ...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第13話、第14話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第13話では、テギルとヨニン君がイ・インザをつかまえる過程の一つとしてコルサを先に破ることで意気投合する姿が、第14話では、タムソがコルサに刀を向ける姿を目撃したテギルの様子が描かれます。『テバク』第13話・第14話(2016年5月9・10日放送)は、それぞれ視聴率8....
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第11話、第12話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第11話では、イ・イニムへの復讐の手始めとして賭場へ乗り込んだテギルとヨニン君の姿が、第12話では、賭場で繰り広げられるテギルとイ・インザ一味の命を懸けた大勝負が描かれます。『テバク』第11話・第12話(2016年5月2・3日放送)は、それぞれ視聴率8.9%、9.2%を...
韓国ドラマ「テバク」の概要とあらすじ... 韓国ドラマ「テバク」は賭博師テギル(チャン・グンソク)が父の仇と自らの隠された出生の真実を知るために国を賭けた世紀の賭けに挑むファクション時代劇です。...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第5話、第6話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 5話と6話では、父ペク・マングムの仇討ちでイ・インザに賭けで立ち向かうデギルが賭博の才能を発揮するエピソードが描かれます。インザとの大勝負の行方は!?...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第17話、第18話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第17話では、マングムの空の墓を見て、マングムが生きていることを知ったテギルの姿が、第18話では、ダムソとテギルのおかげで運良く命を救われたイ・インザの姿が描かれます。第17話・第18話(2016年5月23・24日放送)は、それぞれ視聴率9.5%、8.5%を記録。死を目...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第3話、第4話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第3話、第4話。デギル(ケトン、チャン・グンソク)とヨニン君(ヨ・ジング)、そして謎の女性ダムソ(イム・ジヨン)が登場し運命の出会いを果たすことに。視聴率11.6%...
韓国ドラマ「テバク」キャストと登場人物... 韓国ドラマ「テバク」キャストと登場人物を紹介しています。日本で絶大な人気を誇るチャン・グンソクと『太陽を抱く月』で天才子役として名を馳せたヨ・ジングの豪華共演が見逃せません。実在した朝鮮王朝第21代王英祖の出生の秘密とフィクションが絡み合う歴史エンターテイメント大作!...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第7話、第8話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第7話・第8話は、視聴率9.1%、8.7%を記録。視聴率第2位に復帰。第7話では、イ・インザに復讐する為、朝鮮一の剣豪に弟子入りするテバクの姿や、イ・インザの強大な力に驚くヨニン君の姿が描かれます。第8話では、テギルの師匠キム・チュゴンの正体が明かされ、粛宗に警護役を命...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第23話、第24話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第23話では、英祖(ヨニン君)に立ち向かうテギルの姿が、第24話では、見応えあるラストを迎えることができたと思います。 『テバク』第23話・第24話(2016年6月13・14日放送)は、それぞれ視聴率9.2%、10.0%を記録。...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第19話、第20話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ第19話では、愛する人を失ったヨニン君が酒を飲みながら悲しみに浸る姿が、第20話では、テギルに今まで不信感を抱いていたヨニン君が心を変えた姿が描かれています。 『テバク』第19話・第20話(2016年5月30・31日放送)は、それぞれ視聴率7.7%、8.1%を記録。...
韓国ドラマ『テバク』あらすじと視聴率 第9話、第10話... 韓国ドラマ『テバク』あらすじ 第9話では、王宮で繰り広げられるテギル、ヨニン君、ダムソ、それぞれの戦いが語られ、第10話ではイ・インザに立ち向かうため立ち上がる三人の姿が描かれます。『テバク』第9話・第10話は、それぞれ視聴率8.0%、8.9%を記録。『モンスター』との2位争いは予断を許しません。...
[スポンサーリンク]