『鬼』(トッケビ) あらすじ14話 感想

この記事の所要時間: 323

『鬼』(トッケビ)14話、トッケビは天上へ行くよう言われますが、地上に残りたいと神に頼みます。そのせいでトッケビは彷徨い続けていたのでした。それから9年の歳月が流れ・・・。ウンタクがケーキのロウソクを消すとそこにトッケビが現れたのでした・・・。

この記事の所要時間: 323

』(トッケビ)14話トッケビは天上へ行くよう言われますが、地上に残りたいと神に頼みます。そのせいでトッケビは彷徨い続けていたのでした。それから9年の歳月が流れ・・・。ウンタクがケーキのロウソクを消すとそこにトッケビが現れたのでした・・・。

前回のあらすじ・・・

自分がワンヨであると気がついた死神でしたが、ワンヨの記憶はありません。しかし、規則違反をした死神は罰として過去の記憶を思い出す事になりました。一方、旅行をすることにしたトッケビウンタク。そこにパク・チュンホンが現れ・・・。

ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

[スポンサーリンク]

 

彷徨い続けるトッケビ

トッケビの体は静かに消えていきます。
神はトッケビに関する記憶を抹消しようとしていました。

慌ててトッケビのことをノートに記そうとするウンタク

トッケビは罪を償ったため、天上へ行くよう命じられます。

しかし、トッケビは地上に残りたいと神に頼みました。

トッケビは結局天上でも地上でもない場所を彷徨い続けます。

9年後再会したトッケビとウンタク

月日が経ち、ウンタクはラジオのプロデューサーになっていました。
首にはトッケビからもらったネックレスをしていますが、それがいつ誰からもらったものなのかは覚えていません。

初雪の日、ケーキにロウソクを灯すウンタク

何かを忘れているような気持ちを抱いていたウンタクはロウソクの火を消しました。

すると、9年もの間彷徨っていたトッケビが地上に召喚されます。

その姿は高麗時代のままでした。

ウンタクトッケビのことを覚えていません。

トッケビはチョンウグループのビルへ行き、ドクファやキム社長に会いに行きますが、誰も自分のことを覚えていませんでした。

しかし、死神だけはトッケビのことを覚えていたのです。

過去のことに関して許しを乞う死神。

ソニとは9年の間会っていませんでした。

ウンタクはラジオの気象番組で気温2度のところを誤って22度と打ち間違えてしまいます。

しかし、外へいくと本当に気温22度となっていて、外では桜が咲いていました。

そこにはトッケビの姿があったのです。

カフェのテーブルでロウソクを消すと、再びトッケビが姿を現しました。

しかし、その場はお金の持ち合わせがなかったため、ウンタクに奢らせることとなってしまいました。

今度はカナダで再会!!

トッケビドクファに自分の正体を明かします。

ユ会長の遺言に書いてあった「キム・シン」であることを知ったドクファは、トッケビに援助することを約束しました。

ラジオ番組のスポンサーがすべて降板してしまったことに頭を抱えるウンタクでしたが、トッケビの助言もあり、ドクファのチョンウグループと契約することができたのです。

以前ソニのチキン屋が入っていたドクファのビルに1通のエアメールが届きました。

それはウンタクがカナダのホテルで投函した手紙です。

ウンタクは現在ソニの所有するアパートに住んでいて、死神にそれを届けるように言うトッケビ

死神はソニの店を訪れますが、結局会うことができず、店員に渡すことにしました。

ウンタクの元に手紙が届いたのですが、自分にはその記憶がありません。

ウンタクは思い切ってカナダへ向かうことにしました。

そこでウンタクはとある扉からトッケビが現れたことに驚きます。

トッケビも同様に驚いていますが、出張と誤魔化すことにしました。

第14話の感想


14話の時点でトッケビが死を迎え、早すぎると思ったのですが、無事大人になったウンタクトッケビが再開することができ、一安心
しました。

しかし、ウンタクにはトッケビの記憶がなく、事態は振り出しに戻ってしまったのかとやきもきした気分にもさせられました。

この後、ウンタクトッケビのことを思い出すことができるのでしょうか。

また、死神とソニの関係はどうなるのでしょうか。

こちらにも注目です。

[スポンサーリンク]

関連記事

『鬼』(トッケビ) あらすじ7話 感想 『鬼』(トッケビ)7話、ウンタクは童話の話と剣を掴む方法を重ね合わせて考え、トッケビにキスをしました。驚くトッケビ。ある日、トッケビがウンタクを優しく抱きしめると、ウンタクは剣に触る事が出来たのでした・・・。...
『鬼』(トッケビ)の概要・あらすじ... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)は、不滅の魂を終わらせるために必要とされる人間の新婦と出逢ったトッケビ(コン・ユ)が、新婦と奇妙な生活を送るラブファンタジーです。主人公のトッケビ(キム・シン)役を演じるのはコン・ユ。脚本家のキム・ウンスクによる5年越しのラブコールに答え、本作に出演しています。...
『鬼』(トッケビ)あらすじ 16(最終)話 感想... 『鬼』(トッケビ)16(最終)話、トッケビのプロポーズを快く承諾したウンタク。そして蕎麦畑の中で結婚式を挙げたのです。月日は流れ・・・。果たして最後の結末は!!...
『鬼』(トッケビ) あらすじ3話 感想 『鬼』(トッケビ)3話、トッケビのことを考えていると、イカに火がつき動揺するウンタクの前にトッケビが現れました。トッケビはウンタクが本当に自分の胸に刺さる剣が見えるのか気になっていたのです。そしてついに事実が・・・。...
『鬼』(トッケビ)あらすじ 15話 感想 『鬼』(トッケビ)15話、9年ぶりに再会したソニと死神。そしてトッケビとウンタクも再会したのでした。暫くトッケビとウンタクは幸せに過ごし、ついにトッケビが・・・。...
『鬼』(トッケビ) あらすじ8話 感想 『鬼』(トッケビ)8話、ついにトッケビは、ウンタクが本当に自分の花嫁だと言う事を知ります。そしてこれまでのウンタクの危機がこのことと関係した事を知ったのでした。 ウンタクもまたトッケビの秘密を知ってしまったのです。...
『鬼』(トッケビ) あらすじ9話 感想 『鬼』(トッケビ)9話、ウンタクがトッケビの剣を抜くとトッケビが死んでしまうことを知り、家を出る決意をします。トッケビは必死に探しウンタクと再会する事が出来ました。しかしトッケビはウンタクを連れ戻すことが出来ず・・・。...
『鬼』(トッケビ)あらすじ 12話 感想 『鬼』(トッケビ)12話、ウンタクの前に再び現れたパク・チュンホン。彼はワンヨが現在トッケビと暮らしている事を告げたのです。一方、死神はソニにキスをし、その事でソニは自分の過去を思い出したのでした。...
『鬼』(トッケビ) あらすじ4話 感想 『鬼』(トッケビ)4話、ウンタクに最初から剣が見えていたと言われ、死期が近いと分かったトッケビは動揺します。しかしトッケビは自分の最後のために準備を始めました。そしてついにウンタクがトッケビの剣を抜こうとしたら・・・。...
『鬼』(トッケビ) あらすじ 2話 感想 『鬼』(トッケビ)2話、ウンタクは、トッケビが何故自分がトッケビではないと嘘をついたのか真実を知ります。それに加え自分の母親がトッケビに助けてもらったことも知ったのです。そんな時、ウンタクは誘拐され・・・。...
『鬼』(トッケビ) あらすじ13話 感想 『鬼』(トッケビ)13話、自分がワンヨであると気がついた死神でしたが、ワンヨの記憶はありません。しかし、規則違反をした死神は罰として過去の記憶を思い出す事になりました。一方、旅行をすることにしたトッケビとウンタク。そこにパク・チュンホンが現れ・・・。...
『鬼』(トッケビ)あらすじ 11話 感想 鬼』(トッケビ)11話、ついにソニは自分がトッケビの妹の生まれ変わりだという事を知ります。一方、トッケビはウンタクに自分の死が近い事や、今までの事故が全て自分の運命の結果だという事を話しました。...
『鬼』(トッケビ) あらすじ10話 感想 『鬼』(トッケビ)10話、ソニの本名が妹と同じ事を気にしているトッケビ。死神はソニの指輪を返してもらい調べる事にしました。そして大晦日に死神とソニは会いますが、何も言えない死神にソニは別れを告げたのです。...
『鬼』(トッケビ)あらすじ 1話 感想 鬼』(トッケビ)あらすじ 1話 感想 ドラマの始まり......『鬼』(トッケビ)の舞台となるのは高麗時代と現代です。900年生きた≪鬼≫と少女をテーマとしていて、甘くも切ないラブロマンス。『鬼』(トッケビ)1話、時は高麗時代。キム・シン(コン・ユ)はある陰謀により命を落とし、トッケビとして生き返り...
『鬼』(トッケビ)のキャスト ドラマ『鬼(トッケビ)』のキャストと登場人物についてのまとめです。簡単な人物相関も説明しています。コン・ユが高麗最強の武士(トッケビ、キム・シン)役に、トッケビの花嫁チ・ウンタク役にキム・ゴウン、イ・ドンウクが死神役に扮します。この他、ユ・インナ等も登場。...
『鬼』(トッケビ) あらすじ5話 感想 『鬼』(トッケビ)5話、ついに恋を知ったトッケビ。トッケビ・死神・ウンタクと三人で住む事になりました。そんなある日、トッケビはウンタクに剣を抜いて欲しいと頼みますが、保留すると言われます。その理由とは・・・。...
『鬼』(トッケビ) あらすじ6話 感想 『鬼』(トッケビ)6話、死を決意したトッケビでしたがウンタクは剣を抜く事を頑なに拒否します。しかし母親を助けた理由を聞いたウンタクはついに剣を抜く決意をしますが、今度はトッケビが延期を要求しました。そしてついにその日が・・・。...


サブコンテンツ

このページの先頭へ