『客主』~商売の神~あらすじ 16.17話 感想

この記事の所要時間: 34

客主』~商売の神~16.17話ボンサムソリンの関係に気がついたソクチュは、二人を恨むようになってきました。そしてついに二人同時に殺害しようと考えたのです。同じ部屋へ閉じ込められた二人は死を覚悟し・・・。一方、ソレボンサムの事をソンジュンに相談していたのでした。

前回、第14.15話のあらすじ・・・

ソリンボンサムが自分に会いたいから、家に乗り込んできたと思っていました。しかし実際はソンパ馬房を救出する為だったのです。ついにボンサムソリンに大切なのは馬房と家族だと話したのでした。そして最後抱き合う二人、それをみていたのが・・・。

今回、ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

[スポンサーリンク]

 

死を覚悟したボンサムとソリン

ソクチュはボンサムソリンの関係に気づいてしまいましたが、あまり表では表現せず、暮らしていました。
ところが、彼は少しずつ本性を露にします。

ソクチュはソリンを奪ったボンサムも、ソリンのことも憎むようになったのです。

そして、その結果、二人を同時に殺そうと考えたのです。

ソクチュの考えは行動に移り、その後、ボンサムは薬の攻撃を受けることになります。

ソクチュはボンサムにあげようとしたお酒の中に薬を混入させていたのです。

その結果、ボンサムは徐々に意識がなくなり、気絶してしまいましたが、死までは至りませんでした。

そして、二人は同じ部屋に入れられます。

この目的はもちろんソクチュが二人をまとめて始末しようと思ったからです。

このとき、ボンサムソリンは、すでに覚悟をしていました。

この状況だと、二人はどこにも逃げ出すことができない、そして、誰かが助けに来ることもないだろうと思ったからです。

一緒に死ぬことを覚悟したボンサムソリンは最後だと思いながら、キスを交わし、二人は抱き合います。

家族の大切さ

ソンジュンは立派な商人として、世間に知られていましたが、彼は義を重んじる人でもありました。
特に、家族のことについては、他の何よりも大事だと考えています。

家族というものは、自分がどんな危険な状況になっても、自分の味方になってくれる存在であると思っていたからです。

そして、家族は自分を助けてくれたり、励ましてくれたりするので、家族との絆はとても大事だと思っています。

そういう考えを持っていた彼にソレは弟であるボンサムとについて直接話はしていませんでしたが、家族のことについて諦めそうになっていると自分の気持ちを話します。

それに対し、ソンジュンは家族は大事にしなければいけないとアドバイスをします。

なぜなら、彼自身が家族のことを何よりも大事にしていたからです。

ついに兄弟の再会へ!!

その後、ソレソンジュンの言葉を心に受け入れます。

ソンジュンと話した後、レは家族のことについて、真剣に考えます。

そして、考えた結果、自分が今まで頑張って生きてきた理由は、弟と再会するためであったと思います。

それで、再会するまで あきらめるわけにはいかないと反省します。

ところが、ソレボンサムが自分の弟であることをソンジュンに明言しませんでしたが、実はソンジュンはもうすでに二人の関係を分かっていたのです。

それで、ソンジュンボンサムにお前の姉が現れたと伝えることになります。

第16.17話の感想

確かにソクチュの気持ちも分かりますが始末まで考える何て恐ろしいですね。

これも愛なのかもですが、いきすぎです。

いつもボンサムに商売のアドバイスをしてくれるソンジュン、今回はソレに人生の先輩としてのアドバイスでしたね。

ボンサムソレにとって、父親的な存在のようです。

[スポンサーリンク]

関連記事

このカテゴリーのあらすじ一覧と関連記事です!


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ