『客主』~商売の神~あらすじ 18.19話 感想

この記事の所要時間: 31

客主』~商売の神~18.19話ソンジュンからソレが姉だと聞かされたボンサムは、複雑な想いでした。しかし、実際ソレと会ったボンサムは喜びで号泣したのです。やっと再会を果たした二人でしたが、危機が迫ろうとしていました。それは二人を抹殺しようとソゲが官軍に知られたからです。

前回、第16.17話のあらすじ・・・

ボンサムソリンの関係に気がついたソクチュは、二人を恨むようになってきました。そしてついに二人同時に殺害しようと考えたのです。同じ部屋へ閉じ込められた二人は死を覚悟し・・・。一方、ソレボンサムの事をソンジュンに相談していたのでした。

今回、ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

[スポンサーリンク]

 

姉弟涙の再会

ソンジュンからソレが姉であることを聞いたボンサムはとても戸惑います。
そして、その事実をいきなり言われても困るというのがボンサムの率直な気持ちでした。

彼は自分が姉から捨てられたことを知っており、そのことでわだかまりもあったからです。

しかし、ソレを前にしたとき、ボンサムは感情を抑えることができませんでした。

生きてくれてよかったと涙を流します。

ボンサムは捨てられたことも忘れて、姉のソレと涙を流しながら抱き合います。

一方、ソレも万感の思いで弟のことを抱き締めます。

自分もボンサムのことを諦めず、ずっと探し続けてよかったと思います。

そして、どうか自分のことを許してくれないかと言います。

早すぎるソレとの別れ

ところが、再会した二人のもとに、いきなり危機が迫ろうとしていました。
危機を持ち込もうとした人はソゲでした。
ソゲは二人を抹殺するため、官軍に知らせたのです。

この状況を知らないボンサムソレでしたが、すぐそこへ官軍が現れ、無防備な二人に向けて発砲します。

官軍の銃砲は明らかにボンサムを狙っていましたが、ソレボンサムの盾になろうとしました。

その瞬間、官軍の銃弾がソレに命中し、ソレはそこで命を失います。

悲劇的に姉のソレを失ったボンサムでしたが、彼はさらに強くなりました。

もちろん、彼女が死んだ後は落ち込んでいましたが、逆に彼女の分まで強く生きていこうと考え始めたのです。

ボンサムの大いなる宣言

そうした中で、ボンサムは馬房の仲間たちにある誓いを立てます。

それは仲間たちの支持を受けるのに十分すぎるものでした。

ボンサムは自分の一生と自分の命を馬房のために使うと言ったのです。

その後、ボンサムの求心力は高まっていきます。

ボンサムがここまでの決心した背景には、プンドゥンリョンのこともありました。

その地域は盗賊が潜むといわれる危険な場所ですが、ここを通過しなければいけない運送の仕事があったのです。

ボンサムはこの危険な仕事に立ち向かうには、本人も命を張らなければならないと考えていました。

それで、これまでのような甘い考えを断ち切るために、大いなる宣言をしたのです。

ソゲの罠

一方、ソゲは自分の取引を有利にするため、ボンサムを失脚させたいと思っていました。

しかし、 ボンサムの信頼は高まっていました。

それで、ソゲボンサムに関する嘘の噂を流すことにしました。

それは、ボンサムが盗賊たちに荷物を奪われたという嘘でした。

ところが、このソゲの陰謀は失敗し、ボンサムに気づかれてしまいます。

第18.19話の感想

ボンサムソレの再会、涙なしでは見られませんでした。

しかし弟を庇ってすぐに亡くなったソレ、あまりにも可哀そうすぎます。

姉の死を無駄にしないボンサム、感心しました。

今後成長したボンサムが楽しみです。

[スポンサーリンク]

関連記事

このカテゴリーのあらすじ一覧と関連記事です!


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ