『客主』~商売の神~あらすじ 36.37話 感想

この記事の所要時間: 39

『客主』~商売の神~36.37話、ソゲらの行き過ぎた取引のせいで、兵士達は生活が苦しくなっていました。その事が原因で壬午事変が発生します。そうした中、問題の根本原因を作ったソゲは兵士に捕まりました。しかしソゲはボンサムを前にして、謝るどころか暴言を吐いたのです。

[スポンサーリンク]

 

この記事の所要時間: 39

客主』~商売の神~36.37話、ソゲらの行き過ぎた取引のせいで、兵士達は生活が苦しくなっていました。その事が原因で壬午事変が発生します。そうした中、問題の根本原因を作ったソゲは兵士に捕まりました。しかしソゲはボンサムを前にして、謝るどころか暴言を吐いたのです。

前回、第34.35話のあらすじ・・・

今まで商売人として真面目に生きてきたボンサム。多くの人から指示を受けますが、正論しか言わないボンサムを邪魔だと思っている人もいました。そんな人々が手形を燃やしてしまい、ボンサムは手形を受け取れなくなったのです。それに加えボンサムの財産だけでなく、地位を狙う人物が現れ・・・。

今回、ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

[スポンサーリンク]

 

壬午事変勃発

ソゲをはじめとする商人たちは、行き過ぎた取引を行っています。
その結果、最も被害を受けていたのは、兵士たちでした。

兵士にとって必要なものは、兵糧と給料でしたが、その二つが行き過ぎた取引をする商人たちのせいでもらえなくなったのです。

もらってもほんのわずかとなり、生活ができなくなります。

さらに、兵士の兵糧が滞ることによって、朝廷の軍隊も機能しなくなりました。

こうした中で、ついに壬午事変が発生してしまいます。

壬午事変は、商人たちと怒りを抱く兵士たちによる激しい暴動でした。

兵士たちは追いつめられた状況でついに立ち上がり、商人たちに報復することを決心したのです。

彼らの目は一様に皆血走り、争って報復に出かけていきました。

兵士たちの怒りは朝廷にも向けられるようになり、宮殿にいたメウォルもピンチに陥ります。

そのとき、彼女は明成皇后の近くにいましたが、皇后からの逃げろと言われ、それに付き添って宮殿を出ました。

そうした中、問題の根本原因を作ったソゲは反乱兵士に捕まります。

ソゲは大人しく観念しますが、兵士には殺されたくないと思い、ボンサムを呼んでくれと兵士に求めました。

プライドが高いソゲ

一方、メウォルはソゲに脅されて、彼の命を救うために動きました。
彼を助けなければ、ソリンの件を暴露すると言われたからです。

ソゲはボンサムに対して、謝罪すべきことがたくさんありました。

チョン・オスを抹殺したこと、ソレを殺害したこと、そして壬午事変の張本人になったことです。

これはボンサム一人だけではなく、国家に悪影響を与えたことでもありました。

しかし、彼にはまだプライドが残っており、なかなか謝罪することができません。

その彼のプライドはボンサムの前に立つと高くなってしまいます。

どうしても意地を張ってしまうのです。

やがて、ボンサムとソゲが久しぶりに正面から向かい合いました。

ソゲは罪人として兵士に逮捕された状態ですが、ボンサムはそれを厳粛な表情で見つめます。

ソゲはこの状態になっても、まだ意地を見せ、お前は何様だとボンサムに言い放ちました。

かれは都接長にでもなったつもりなのか、お前は都接長ではないと言います。

ボンサムが大事にしている事

一方、ボンサムはソゲに何を話すかを考えておきました。

それは、ボンサムが普段から大切にしていることです。

商人の道に生きるものは、商人の掟に固く従わなければならない、そして、商人として何か過ちを犯した場合、商人の掟によって自らを裁かなければならないと言いました。

その後、ソゲは税金強奪の罪を問われ、法によって厳粛に裁かれます。

第36.37話の感想

何をしでかすか分からなかったソゲ、壬午事変の張本人になるなんてがっかりですネ。

しかも兵士に逮捕されても、謝罪できないソゲ、よほど悔しかったのでしょう。

そんなソゲに正論を言うボンサム、商売人の鏡です。

最終回まであとわずか、結末が楽しみです。

[スポンサーリンク]

関連記事

『客主』~商売の神~あらすじ 4.5話 感想... 『客主』~商売の神~4.5話、天然痘にかかったボンサムの人生は悲惨でした。医院に保護されたもののそこでひどいイジメを受けます。あまりの辛さについに家を出る決心をしたボンサムは、商売の道に進むのでした。それから10年の時が流れ、立派な商売人になったボンサムの姿があります。...
『客主』~商売の神~のキャスト ドラマ『客主~商売の神~』のキャストと登場人物についてのまとめです。簡単な人物相関も説明しています。チャン・ヒョクが商人チョン・ボンサム役に、ボンサムの幼馴染みキル・ソゲ役にユ・オソン、キム・ミンジョンがケトン(メウォル)役に扮します。この他、ハン・チェア等も登場。...
『客主』~商売の神~あらすじ 2.3話 感想... 『客主』~商売の神~2.3話、ボンサムはソレから見捨てられたと思い恨んでいました。しかしソレにはどうしても見捨てなければならない理由があったのです。オスが無実の罪で命を落とした時、オスの後を継いだのがソゲだったのですが、突然客主を去ってしまったのです。しかもちょうどその時、ボンサムが天然痘にかかり・...
『客主』~商売の神~あらすじ 1話 感想... 『客主』』~商売の神~1話、客主を運営しているチョン・オス(キム・スンス)には、思春期の娘チョン・ソレと腕白の息子チョン・ボンサムという二人の子どもがいました。ある時オスは陰謀に嵌められ、何も悪くないのに命を奪われます。そこから二人の子供の人生は大きく変わるのでした。...
『客主』~商売の神~あらすじ 38.39話 感想... 『客主』~商売の神~38.39話、ボンサムはメウォルが自分と同じ様な経験をしているので、複雑な気持ちになっていました。そしてついにボンサムはメウォルを抱きしめたのです。それだけではなく、一緒に暮らし始めたのでした。しかしそんなある日、ボンサムがソリンの墓参りへ行ったときに・・・。...
『客主』~商売の神~あらすじ 18.19話 感想... 『客主』~商売の神~18.19話、ソンジュンからソレが姉だと聞かされたボンサムは、複雑な想いでした。しかし、実際ソレと会ったボンサムは喜びで号泣したのです。やっと再会を果たした二人でしたが、危機が迫ろうとしていました。それは二人を抹殺しようとソゲが官軍に知られたからです。...
『客主』~商売の神~あらすじ 30.31話 感想... 『客主』~商売の神~30.31話、ついに結婚したボンサムとソリン、しかし今でもボンサムを愛していたメウォル。恐ろしい事にユス(ボンサムとソリンの子ども)を誘拐したのです。その事をボンサムに非難されたメウォルは、ついにソリンを殺めようと決意するのでした。...
『客主』~商売の神~あらすじ 32.33話 感想... 『客主』~商売の神~32.33話、急に亡くなったソリン、あまりのショックにボンサムは抜け殻のようになっています。しかもソリンが亡くなる前に行ったとされる悪行、そして誰が命を奪ったのか謎だらけでした。そんな弱ったボンサムの傍に、あのメウォルの姿があります。まさか彼女が犯人だとは思っていないボンサムでし...
『客主』~商売の神~あらすじ 40.41(最終)話 感想... 『客主』~商売の神~40.41(最終)話、ついに最終回。はたしてボンサムの波乱万丈の人生は続くのでしょうか?また、ボンサムとメウォルの関係はどうなるのでしょうか?...
『客主』~商売の神~あらすじ 12.13話 感想... 『客主』~商売の神~12.13話、久しぶりにボンサムの前に姿を見せたケトン。しかも女性の姿で現れたのです。そこで始めてボンサムはケトンが女性だと言う事に気がつきました。しかもそのケトンがいきなりプロポーズしたのです。ソリンのプロポーズを受け入れていたボンサムは断りますが、その事が原因で・・・。...
『客主』~商売の神~あらすじ 16.17話 感想... 『客主』~商売の神~16.17話、ボンサムとソリンの関係に気がついたソクチュは、二人を恨むようになってきました。そしてついに二人同時に殺害しようと考えたのです。同じ部屋へ閉じ込められた二人は死を覚悟し・・・。一方、ソレはボンサムの事をソンジュンに相談していたのでした。...
『客主』~商売の神~あらすじ 22.23話 感想... 『客主』~商売の神~22.23話、ボンサムはプンドゥリョンを越えて、物を運送する仕事を請け負い見事やり遂げました。その事で商人たちから支援されるようになり、ボンサムを次の都接長選挙に出馬させようとしたのです。初めは出馬する気ではなかったボンサムでしたが、自分を指示してくれる人達に答えようと出馬を決意...
『客主』~商売の神~あらすじ 10.11話 感想... 『客主』~商売の神~10.11話、ソクチュに利益が向くような法令に不満を抱いていたボンサム。そんなボンサムに、いきなりソリンがプロポーズします。驚いたボンサムでしたが、受け入れる事にしたのでした。一方、ソレのハクチュンへの復讐劇は続いており、ついに追い込んだのですが・・・。...
『客主』~商売の神~あらすじ 34.35話 感想... 『客主』~商売の神~34.35話、今まで商売人として真面目に生きてきたボンサム。多くの人から指示を受けますが、正論しか言わないボンサムを邪魔だと思っている人もいました。そんな人々が手形を燃やしてしまい、ボンサムは手形を受け取れなくなったのです。それに加えボンサムの財産だけでなく、地位を狙う人物が現れ...
『客主』~商売の神~あらすじ 20.21話 感想... 『客主』~商売の神~20.21話、自分がボンサムに相応しくないと悩んでいたソリンは、ついにボンサムをメウォムに頼みます。しかしすぐに気持ちに変化があり、諦められなかったのでした。もちろん納得のいかないメウォルは、ボンサムに再び気持ちを伝えますが、ボンサムはきっぱり断ります。...
『客主』~商売の神~あらすじ 24.25話 感想... 『客主』~商売の神~24.25話、ソリンのお腹にはボンサムの子どもがいましたが、ボンサムは濡れ衣を着せられ身柄を拘束されていました。その頃ソクチェはメウォルに恐ろしい任務を言い渡します。その事でメウォルは悩んでいたのでした。そんな時、ボンサムの元に一通の手紙が届き、そこには驚くべき内容が書かれていた...
『客主』~商売の神~あらすじ 28.29話 感想... 『客主』~商売の神~28.29話、やっと再会できたボンサムとソリンは幸せに暮らしていましたが、嫉妬するメウォルがいました。ある日、ボンサムの職場を訪れたメウォルは、ボンサムとソリンの子どもを抱きあげ、自分とボンサムの子どもであってほしかったと言い、ソリンを怒らせたのです。...
『客主』~商売の神~あらすじ 26.27話 感想... 『客主』~商売の神~26.27話、ソリンの命を狙うために、しぶしぶソクチュに手を貸すメウォル。ソクチュがソリンの命を狙った時ウォリが助けに入り、ソリンは何とか助かったのです。そして無事に子どもを出産し、ボンサムと再会出来たソリンでしたが、まだソリンの命を狙うメウォルの姿がありました。...
『客主』~商売の神~あらすじ 6.7話 感想... 『客主』~商売の神~6.7話、ソクチュの元で働いていたソゲでしたが、暴力を受け追い出されてしまいます。一方ボンサムは、大きなミスをおかしますがソンジュンのアドバイスも聞かず、無理やり強行しました。その頃、シン家大客主では重要な話し合いが行われ・・・。...
『客主』~商売の神~あらすじ 8.9話 感想... 『客主』~商売の神~8.9話、ボンサムに憧れているソリンは、商売についてボンサムに相談します。ボンサムはソリンに会うたびにソレを想い出すので不思議に思っていました。その頃ソリは相変わらずハクチュンへの復讐の機会を狙っています。そしてようやく結果が見えるようになってきたのでした。...
『客主』~商売の神~の概要・あらすじ... 客主~商売の神~の原作は、韓国でも名高い小説家キム・ジュヨンの歴史小説で、1983年にドラマ化。そのリメイク版がこの作品です。時は19世紀末の朝鮮王朝時代。波乱万丈の人生を送ってきた主人公チョン・ボンサムが、家族との別れ・対立・ロマンスを経験しながら、商売の神へと昇りつめていくドラマです。...


サブコンテンツ

このページの先頭へ