スポンサーリンク
この記事の所要時間: 259

韓国ドラマ『』(トッケビ)あらすじ 5話、ついに恋を知ったトッケビ
トッケビ・死神・ウンタクと三人で住む事になりました。
そんなある日、トッケビウンタクに剣を抜いて欲しいと頼みますが、保留すると言われます。
その理由とは・・・。

前回のあらすじ・・・

ウンタクに最初から剣が見えていたと言われ、死期が近いと分かったトッケビは動揺します。しかしトッケビは自分の最後のために準備を始めました。そしてついにウンタクトッケビの剣を抜こうとしたら・・・。

ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

ウンタクに恋したトッケビ

愛の物理学を読み、ウンタクに恋の感情を抱くようになったトッケビ
ウンタクがラジオを聴きながら帰っていると、幽霊に遭遇します。

眼鏡の女性の幽霊で死んで間もないのですが、家の冷蔵庫を満たしてほしいというお願いをしに来たのでした。

ウンタクは部屋の冷蔵庫を満たすと、幽霊の母親がやって来ます。

娘の痕跡を確認し、涙を流す母親。

それに満足した幽霊は直符使者の導きであの世に向かいました。

剣抜きは保留に

死神は初めて会った場所でついにソニと再会することができました。
2人はカフェに向かいますが、一向に話をしない死神にソニはしびれを切らして挨拶と名前を尋ねます。

死神は自分の名前すら知りませんでした。

ドクファはホテルの高額な請求に驚いています。

それはウンタクが幽霊のためにホテルの冷蔵庫の中身を持ち出していたためでした。

恋を知ったトッケビウンタクを自宅に招き入れることにします。

ウンタクも一緒に住むこととなり、死神は驚いていますが、ウンタクのしようとしている行動(剣を抜くこと)を応援すると話しました。

3人で住むことになったものの、ウンタク用のベッドはまだ用意されていません。

仕方なくウンタクトッケビの部屋で寝て、トッケビと死神は部屋のソファーで寝ることにします。

ある日、ウンタクトッケビと死神に何かあったら電話をするように告げました。

トッケビと死神はドクファに携帯電話を用意させましたが、使い方に苦戦しています。

剣を抜いてほしいと話すトッケビに、ウンタクは当分保留にすることを告げました。

彼女曰く、利用価値がなくなって追い出されたら勉強に集中できないからだそうです。

その後、無視するようになったウンタクに怒りがこみ上げるトッケビ

共同生活が始まったものの、ぎくしゃくした雰囲気となってしまいます。

トッケビが死を選択した理由

ある日、2人はカナダのレストランへ食事に行くことにしました。
そこでトッケビは10年後のウンタクの姿を見ることになります。

29歳になったウンタクは素敵なある男性とレストランにいると話し、幸せそうな雰囲気であることを悟りました。

それを見たトッケビは、結果的に自分がウンタクのために死を選択したことを理解します。

韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) 第5話の感想

愛の物理学を読み、急に恋に積極的になるトッケビ

今まで抜いてほしいと願っていた剣も抜かれると困る展開になってしまいます。

その様子がコミカルに描かれていてとても面白かったです。

また、5話では10年後のウンタクの姿が描かれています。

そこにいる男性は果たしてトッケビ本人であるのか。

今後の展開を読み解くキーになるかもしれません。

これを見てトッケビの心の内がどのように変化するのか注目したいところです。

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ14話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 14話、トッケビは天上へ行くよう言われますが、地上に残りたいと神に頼みます。そのせいでトッケビは彷徨い続けていたのでした。それから9年の歳月が流れ・・・。ウンタクがケーキのロウソクを消すとそこにトッケビが現れたのでした・・・。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ10話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 10話、ソニの本名が妹と同じ事を気にしているトッケビ。死神はソニの指輪を返してもらい調べる事にしました。そして大晦日に死神とソニは会いますが、何も言えない死神にソニは別れを告げたのです。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ4話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 4話、ウンタクに最初から剣が見えていたと言われ、死期が近いと分かったトッケビは動揺します。しかしトッケビは自分の最後のために準備を始めました。そしてついにウンタクがトッケビの剣を抜こうとしたら・・・。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ 2話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 2話、ウンタクは、トッケビが何故自分がトッケビではないと嘘をついたのか真実を知ります。それに加え自分の母親がトッケビに助けてもらったことも知ったのです。そんな時、ウンタクは誘拐され・・・。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ8話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 8話、ついにトッケビは、ウンタクが本当に自分の花嫁だと言う事を知ります。そしてこれまでのウンタクの危機がこのことと関係した事を知ったのでした。 ウンタクもまたトッケビの秘密を知ってしまったのです。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 11話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 11話、ついにソニは自分がトッケビの妹の生まれ変わりだという事を知ります。一方、トッケビはウンタクに自分の死が近い事や、今までの事故が全て自分の運命の結果だという事を話しました。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 16(最終)話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 16(最終)話、トッケビのプロポーズを快く承諾したウンタク。そして蕎麦畑の中で結婚式を挙げたのです。月日は流れ・・・。果たして最後の結末は!!...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 12話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 12話、ウンタクの前に再び現れたパク・チュンホン。彼はワンヨが現在トッケビと暮らしている事を告げたのです。一方、死神はソニにキスをし、その事でソニは自分の過去を思い出したのでした。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 1話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 1話 感想 ドラマの始まり......『鬼』(トッケビ)の舞台となるのは高麗時代と現代です。900年生きた≪鬼≫と少女をテーマとしていて、甘くも切ないラブロマンス。『鬼』(トッケビ)1話、時は高麗時代。キム・シン(コン・ユ)はある陰謀により命を落とし、トッケビと...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)のキャスト... 韓国ドラマ『鬼(トッケビ)』のキャストと登場人物についてのまとめです。簡単な人物相関も説明しています。コン・ユが高麗最強の武士(トッケビ、キム・シン)役に、トッケビの花嫁チ・ウンタク役にキム・ゴウン、イ・ドンウクが死神役に扮します。この他、ユ・インナ等も登場。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ9話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 9話、ウンタクがトッケビの剣を抜くとトッケビが死んでしまうことを知り、家を出る決意をします。トッケビは必死に探しウンタクと再会する事が出来ました。しかしトッケビはウンタクを連れ戻すことが出来ず・・・。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ7話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 7話、ウンタクは童話の話と剣を掴む方法を重ね合わせて考え、トッケビにキスをしました。驚くトッケビ。ある日、トッケビがウンタクを優しく抱きしめると、ウンタクは剣に触る事が出来たのでした・・・。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ6話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 6話、死を決意したトッケビでしたがウンタクは剣を抜く事を頑なに拒否します。しかし母親を助けた理由を聞いたウンタクはついに剣を抜く決意をしますが、今度はトッケビが延期を要求しました。そしてついにその日が・・・。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ13話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 13話、自分がワンヨであると気がついた死神でしたが、ワンヨの記憶はありません。しかし、規則違反をした死神は罰として過去の記憶を思い出す事になりました。一方、旅行をすることにしたトッケビとウンタク。そこにパク・チュンホンが現れ・・・。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)の概要・あらすじ... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)は、不滅の魂を終わらせるために必要とされる人間の新婦と出逢ったトッケビ(コン・ユ)が、新婦と奇妙な生活を送るラブファンタジーです。主人公のトッケビ(キム・シン)役を演じるのはコン・ユ。脚本家のキム・ウンスクによる5年越しのラブコールに答え、本作に出演しています。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ) あらすじ3話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 3話、トッケビのことを考えていると、イカに火がつき動揺するウンタクの前にトッケビが現れました。トッケビはウンタクが本当に自分の胸に刺さる剣が見えるのか気になっていたのです。そしてついに事実が・・・。...
韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 15話 感想... 韓国ドラマ『鬼』(トッケビ)あらすじ 15話、9年ぶりに再会したソニと死神。そしてトッケビとウンタクも再会したのでした。暫くトッケビとウンタクは幸せに過ごし、ついにトッケビが・・・。...
[スポンサーリンク]