「テバク」のあらすじ、キャスト、記事一覧

テバク

photo by 「テバク| SBS

韓国歴史ドラマ『テバクは、没落した両班の家系に生まれながら、賭博師となったペク・マングムの息子ペク・テギルの物語です。

このドラマは、チャン・グンソクの代表作とも言われている有名なドラマ。

チャン・グンソク8年ぶりの時代劇出演ということもあり、俳優としての新境地を開拓できた作品になりました。

自由奔放な詐欺師という新たなイメージの役柄を熱演!

チャン・グンソクが30歳を超えてこれまでの演技で良かったのか?

これからは、どのような世界観を作るべきかに、悩んでいた時に出会った作品でした。

2016年3月28日に放送開始となり、最高視聴率12.2%を獲得した壮大な歴史エンターテイメント作品です。

「テバク」とは

朝鮮史上最大の反乱「戌申政変」をベースに、運命に翻弄された2人の男が王位、そして愛をかけた勝負に挑みます。

第21代王英祖誕生の裏に隠れたもう一つの物語として、フィクションを交えて制作されています。

「テバク」あらすじ

王子という身分でありながら、この世に無いものとされ、ギャンブル好きな父の下に預けられたペク・デギルは、博徒(詐欺師)となっていました。

突然父が亡くなった本当の理由を知ったデギルは、復讐を誓います。

一方、ヨニン君(後の21代王英祖)は、酒や賭博に溺れる毎日を送っていました。

そんな二人の王子が出会い、国と命と愛を掛けた戦いが始まるのでした。

韓国ドラマ「テバク」キャストと登場人物

この記事の所要時間: 238

韓国ドラマ「テバク」キャストと登場人物を紹介しています。日本で絶大な人気を誇るチャン・グンソクと『太陽を抱く月』で天才子役として名を馳せたヨ・ジングの豪華共演が見逃せません。実在した朝鮮王朝第21代王英祖の出生の秘密とフィクションが絡み合う歴史エンターテイメント大作!

韓国ドラマ「テバク」の概要とあらすじ

この記事の所要時間: 145

「テバク」は賭博師テギル(チャン・グンソク)が父の仇と自らの隠された出生の真実を知るために国を賭けた世紀の賭けに挑むファクション時代劇です。

韓国ドラマ『テバク』第23話、第24話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 41

『テバク』第23話では、英祖(ヨニン君)に立ち向かうテギルの姿が、第24話では、見応えあるラストを迎えることができたと思います。
『テバク』第23話・第24話(2016年6月13・14日放送)は、それぞれ視聴率9.2%、10.0%を記録。

韓国ドラマ『テバク』第21話、第22話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 345

『テバク』第21話では、弟であるヨニン君の命を救う為に、危険な状況の中でも立ち向かっていくテギルの姿が、第22話では、景宗を毒殺で死に至らせたヨニン君の姿が描かれています。
『テバク』第21話・第22話(2016年6月6・7日放送)は、それぞれ視聴率10.3%、9.9%を記録。

韓国ドラマ『テバク』第19話、第20話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 333

『テバク』第19話では、愛する人を失ったヨニン君が酒を飲みながら悲しみに浸る姿が、第20話では、テギルに今まで不信感を抱いていたヨニン君が心を変えた姿が描かれています。
『テバク』第19話・第20話(2016年5月30・31日放送)は、それぞれ視聴率7.7%、8.1%を記録。

韓国ドラマ『テバク』第17話、第18話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 326

『テバク』第17話では、マングムの空の墓を見て、マングムが生きていることを知ったテギルの姿が、第18話では、ダムソとテギルのおかげで運良く命を救われたイ・インザの姿が描かれます。第17話・第18話(2016年5月23・24日放送)は、それぞれ視聴率9.5%、8.5%を記録。死を目前にしたイ・インザが自身の命を伸ばす為にした衝撃的な発言によりテギルを刺激する姿が描かれています。

韓国ドラマ『テバク』第15話、第16話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 324

『テバク』第15話では、手のひらの上で転がされる兄弟テギルとヨニン君が憎きケジャクドゥと戦う姿が、第16話では、イ・インザから出生の真実を知ったテギルの姿が描かれています。『テバク』第15話・第16話(2016年5月16・17日放送)は、それぞれ視聴率8.4%、9.6%を記録。イ・インザがテギルが王の隠された息子だということを暴露し衝撃を受けます。

韓国ドラマ『テバク』第13話、第14話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 345

『テバク』第13話では、テギルとヨニン君がイ・インザをつかまえる過程の一つとしてコルサを先に破ることで意気投合する姿が、第14話では、タムソがコルサに刀を向ける姿を目撃したテギルの様子が描かれます。『テバク』第13話・第14話(2016年5月9・10日放送)は、それぞれ視聴率8.7%、8.4%を記録。遂に出生の秘密を公開し、本格的なストーリー展開に出ました。

韓国ドラマ『テバク』第11話、第12話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 342

『テバク』第11話では、イ・イニムへの復讐の手始めとして賭場へ乗り込んだテギルとヨニン君の姿が、第12話では、賭場で繰り広げられるテギルとイ・インザ一味の命を懸けた大勝負が描かれます。『テバク』第11話・第12話(2016年5月2・3日放送)は、それぞれ視聴率8.9%、9.2%を記録。月火ドラマ枠の第2位をキープしています。

韓国ドラマ『テバク』第9話、第10話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 356

『テバク』第9話では、王宮で繰り広げられるテギル、ヨニン君、ダムソ、それぞれの戦いが語られ、第10話ではイ・インザに立ち向かうため立ち上がる三人の姿が描かれます。『テバク』第9話・第10話は、それぞれ視聴率8.0%、8.9%を記録。『モンスター』との2位争いは予断を許しません。


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ