テバク

没落した両班の家系に生まれながら、賭博師となったペク・マングムの息子ペク・テギルの物語です。
『テバク』は、チャン・グンソクの代表作とも言われている有名なドラマ。
チャン・グンソク8年ぶりの時代劇出演ということもあり、俳優としての新境地を開拓できた作品になりました。
自由奔放な詐欺師という新たなイメージの役柄を熱演!

韓国ドラマ「テバク」キャストと登場人物

この記事の所要時間: 238

韓国ドラマ「テバク」キャストと登場人物を紹介しています。日本で絶大な人気を誇るチャン・グンソクと『太陽を抱く月』で天才子役として名を馳せたヨ・ジングの豪華共演が見逃せません。実在した朝鮮王朝第21代王英祖の出生の秘密とフィクションが絡み合う歴史エンターテイメント大作!

韓国ドラマ「テバク」の概要とあらすじ

この記事の所要時間: 145

「テバク」は賭博師テギル(チャン・グンソク)が父の仇と自らの隠された出生の真実を知るために国を賭けた世紀の賭けに挑むファクション時代劇です。

韓国ドラマ『テバク』第23話、第24話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 41

『テバク』第23話では、英祖(ヨニン君)に立ち向かうテギルの姿が、第24話では、見応えあるラストを迎えることができたと思います。
『テバク』第23話・第24話(2016年6月13・14日放送)は、それぞれ視聴率9.2%、10.0%を記録。

韓国ドラマ『テバク』第21話、第22話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 345

『テバク』第21話では、弟であるヨニン君の命を救う為に、危険な状況の中でも立ち向かっていくテギルの姿が、第22話では、景宗を毒殺で死に至らせたヨニン君の姿が描かれています。
『テバク』第21話・第22話(2016年6月6・7日放送)は、それぞれ視聴率10.3%、9.9%を記録。

韓国ドラマ『テバク』第19話、第20話のあらすじと視聴率

この記事の所要時間: 333

『テバク』第19話では、愛する人を失ったヨニン君が酒を飲みながら悲しみに浸る姿が、第20話では、テギルに今まで不信感を抱いていたヨニン君が心を変えた姿が描かれています。
『テバク』第19話・第20話(2016年5月30・31日放送)は、それぞれ視聴率7.7%、8.1%を記録。


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ