「アラン使道伝」のあらすじ、キャスト、記事一覧

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 258

アラン使道伝

photo by 「アラン使道伝| twellv

『アラン使道伝』は、韓国に伝わる阿娘(アラン)伝説をモチーフに描かれたファンタジー時代劇で、幽霊と人間の間に生まれた恋を描いた作品。

次元が違うふたりが出会い、お互いの利益の為に協力するうちに、探し求めていた真実にたどり着きます。

イ・ジュンギの除隊後復帰第1弾の主演ドラマ

2012年8月15日から放送開始され最高視聴率17.0%を記録しました。

スポンサーリンク

イ・ジュンギが美貌のみではなく、ワイヤーアクションもこなしトップ俳優として新たな魅力を見せてくれます。

シン・ミナの時代劇初出演も話題となりました。

「アラン使道伝」とは

16世紀末朝鮮時代の慶尚道密陽に伝わる幽霊伝説に基づき、幼い頃から幽霊が見える両班の子と、生前の記憶がない幽霊が自分の死と母親の失踪の真相を求めるストーリーです。

「アラン使道伝」あらすじ

ウノは母を探す為訪れた密陽で、記憶喪失となって彷徨い続ける幽霊アランと出会います。

ウノに幽霊が見える事に気がついたアランは、自分の死の真相を探る為に協力を頼みました。

面倒な事に巻き込まれたくないウノは、無理難題を押し付けますが、アランは様々な手を使って成功していきます。

そんな中ウノは、アランが持つかんざしが、アランと母の間の関係を疑い始めるのでした。

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ 「アラン使道伝」のあらすじ~16話から20話~

歴史ドラマ アラン使道伝

韓国ドラマ『アラン使道伝』あらすじ 第16話~第20話です。 記憶が蘇っていくアランは、玉皇上帝の意思によるもんだと告げるのです。 そして、ウノの母の体を取り返す方法は、自らの体を差し出すものだと知る事に。紅蓮の元へ向かうアランを救おうと、ジュワルがかけつけます。

韓国ドラマ 「アラン使道伝」のあらすじ~11話から15話~

歴史ドラマ アラン使道伝

韓国ドラマ『アラン使道伝』あらすじ 第11話~第15話です。 紅蓮の霊廟の前で一歩も譲らず敵意をむき出しにするウノとジュワル。一方、アランは、ジュワルの婚約者イ・ソリムのことが気にかかります。 チェ大監は、アランの正体がイ・ソリムではないかと疑い監視するのでした。

韓国ドラマ 「アラン使道伝」のあらすじ~6話から10話~

歴史ドラマ アラン使道伝

韓国ドラマ『アラン使道伝』あらすじ 第6話~第10話です。ウノはアランにカンザシが発見された城隍堂に行く事を提案します。山奥で遭難してしまったウノとアランの前に、死神ムヨンが現れるのでした。絶体絶命の危機を脱出したウノは、信じられない光景を見つけます。

ページの先頭へ