「太祖王建」のあらすじ、キャスト、記事一覧

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 448

太祖王建

photo by 「太祖王建| BS朝日

今では、時代劇役者としてその名を知られるチェ・スジョンが、初挑戦した韓国ドラマ『太祖王建は、2016年1月2日から放送されました。

太祖王建』は、2000年4月1日に放送開始。

チェ・スジョンにとって最高傑作と言われたこの作品は、最高視聴率60.2%と言う数字を叩き出しました。

韓国歴代時代劇史上第2位という記録を持ち、男性視聴者からの圧倒的な支持を受けました。

スポンサーリンク

三国統一後230年、新羅は政権争いを繰り返していました。

後三国(新羅、後百済、後高句麗)の武勇たちが激しい政権争いの後、高麗の三韓統一までの道のりを描いた物語です。

「太祖王建」とは

9世紀末、新羅の勢力が衰え後高旬麗、後百済・新羅による後三国時代の幕開けから高麗による、三国統一までのストーリー。

これまで描かれなかった高麗時代を、本格的に描き韓国ドラマの歴史を変えた作品です。

「太祖王建」あらすじ

新羅が三国統一して230年…新羅国内は王位争奪戦が繰り広げられ、豪族や民が反乱を起こし国は衰退していきます。

後高旬麗であった地では、僧侶クンイエが勢力を強め、そのクンイエに認められたワンゴンは持ち前の知性と人徳で足跡を残しました。

しかし、クンイエが暴政を行うようになり、ワンゴンはクンイエと決別し新国家建国を決意します。

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ 太祖王建 あらすじ 第196話~第200話 まとめ

歴史ドラマ 太祖王建

韓国ドラマ『太祖王建』第196~第200話のあらすじです。 後百済の王としてシンゴムが即位します。即位式の最中に脱出したキョンフォンは、テジョワンゴンの元に向かうのでした。 その後、高麗と後百済の最後の戦いが始まるも、キョンフォンの命がけの戦いに高麗軍は圧勝する事に。

韓国ドラマ 太祖王建 あらすじ 第176話~第180話 まとめ

歴史ドラマ 太祖王建

韓国ドラマ『太祖王建』第176~180話のあらすじです。 入城に成功したシンゴムでしたが、ワンゴンは居ませんでした。軍の壊滅を受けたワンゴンは、帰還します。 一方、病を患うチェ・スンウ元を、チェ・ウンが訪れるのです。 キョンフォンも、病をおして運州へと出陣するのでした。

韓国ドラマ 太祖王建 あらすじ 第156話~第160話 まとめ

歴史ドラマ 太祖王建

韓国ドラマ『太祖王建』第156~160話のあらすじです。 キョンフォンは、王を侮辱し自害させ、新たな新羅王としてその力を誇示しながら王として君臨します。 一方、新羅に進軍するワンゴン軍は、奇襲攻撃受け大敗します。 度重なる敗戦に、追い詰められるワンゴン軍なのでした。

ページの先頭へ