「客主」の記事一覧

『客主』~商売の神~のキャスト

この記事の所要時間: 228

ドラマ『客主~商売の神~』のキャストと登場人物についてのまとめです。簡単な人物相関も説明しています。チャン・ヒョクが商人チョン・ボンサム役に、ボンサムの幼馴染みキル・ソゲ役にユ・オソン、キム・ミンジョンがケトン(メウォル)役に扮します。この他、ハン・チェア等も登場。

『客主』~商売の神~の概要・あらすじ

この記事の所要時間: 218

客主~商売の神~の原作は、韓国でも名高い小説家キム・ジュヨンの歴史小説で、1983年にドラマ化。そのリメイク版がこの作品です。時は19世紀末の朝鮮王朝時代。波乱万丈の人生を送ってきた主人公チョン・ボンサムが、家族との別れ・対立・ロマンスを経験しながら、商売の神へと昇りつめていくドラマです。

『客主』~商売の神~あらすじ 40.41(最終)話 感想

この記事の所要時間: 37

『客主』~商売の神~40.41(最終)話、ついに最終回。はたしてボンサムの波乱万丈の人生は続くのでしょうか?また、ボンサムとメウォルの関係はどうなるのでしょうか?

『客主』~商売の神~あらすじ 38.39話 感想

この記事の所要時間: 36

『客主』~商売の神~38.39話、ボンサムはメウォルが自分と同じ様な経験をしているので、複雑な気持ちになっていました。そしてついにボンサムはメウォルを抱きしめたのです。それだけではなく、一緒に暮らし始めたのでした。しかしそんなある日、ボンサムがソリンの墓参りへ行ったときに・・・。

『客主』~商売の神~あらすじ 36.37話 感想

この記事の所要時間: 39

『客主』~商売の神~36.37話、ソゲらの行き過ぎた取引のせいで、兵士達は生活が苦しくなっていました。その事が原因で壬午事変が発生します。そうした中、問題の根本原因を作ったソゲは兵士に捕まりました。しかしソゲはボンサムを前にして、謝るどころか暴言を吐いたのです。


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ