「客主」の記事一覧

『客主』~商売の神~のキャスト

この記事の所要時間: 228

ドラマ『客主~商売の神~』のキャストと登場人物についてのまとめです。簡単な人物相関も説明しています。チャン・ヒョクが商人チョン・ボンサム役に、ボンサムの幼馴染みキル・ソゲ役にユ・オソン、キム・ミンジョンがケトン(メウォル)役に扮します。この他、ハン・チェア等も登場。

『客主』~商売の神~の概要・あらすじ

この記事の所要時間: 218

客主~商売の神~の原作は、韓国でも名高い小説家キム・ジュヨンの歴史小説で、1983年にドラマ化。そのリメイク版がこの作品です。時は19世紀末の朝鮮王朝時代。波乱万丈の人生を送ってきた主人公チョン・ボンサムが、家族との別れ・対立・ロマンスを経験しながら、商売の神へと昇りつめていくドラマです。

『客主』~商売の神~あらすじ 40.41(最終)話 感想

この記事の所要時間: 37

『客主』~商売の神~40.41(最終)話、ついに最終回。はたしてボンサムの波乱万丈の人生は続くのでしょうか?また、ボンサムとメウォルの関係はどうなるのでしょうか?

『客主』~商売の神~あらすじ 38.39話 感想

この記事の所要時間: 36

『客主』~商売の神~38.39話、ボンサムはメウォルが自分と同じ様な経験をしているので、複雑な気持ちになっていました。そしてついにボンサムはメウォルを抱きしめたのです。それだけではなく、一緒に暮らし始めたのでした。しかしそんなある日、ボンサムがソリンの墓参りへ行ったときに・・・。

『客主』~商売の神~あらすじ 36.37話 感想

この記事の所要時間: 39

『客主』~商売の神~36.37話、ソゲらの行き過ぎた取引のせいで、兵士達は生活が苦しくなっていました。その事が原因で壬午事変が発生します。そうした中、問題の根本原因を作ったソゲは兵士に捕まりました。しかしソゲはボンサムを前にして、謝るどころか暴言を吐いたのです。

『客主』~商売の神~あらすじ 34.35話 感想

この記事の所要時間: 38

『客主』~商売の神~34.35話、今まで商売人として真面目に生きてきたボンサム。多くの人から指示を受けますが、正論しか言わないボンサムを邪魔だと思っている人もいました。そんな人々が手形を燃やしてしまい、ボンサムは手形を受け取れなくなったのです。それに加えボンサムの財産だけでなく、地位を狙う人物が現れ・・・。

『客主』~商売の神~あらすじ 32.33話 感想

この記事の所要時間: 38

『客主』~商売の神~32.33話、急に亡くなったソリン、あまりのショックにボンサムは抜け殻のようになっています。しかもソリンが亡くなる前に行ったとされる悪行、そして誰が命を奪ったのか謎だらけでした。そんな弱ったボンサムの傍に、あのメウォルの姿があります。まさか彼女が犯人だとは思っていないボンサムでした。

『客主』~商売の神~あらすじ 30.31話 感想

この記事の所要時間: 255

『客主』~商売の神~30.31話、ついに結婚したボンサムとソリン、しかし今でもボンサムを愛していたメウォル。恐ろしい事にユス(ボンサムとソリンの子ども)を誘拐したのです。その事をボンサムに非難されたメウォルは、ついにソリンを殺めようと決意するのでした。

『客主』~商売の神~あらすじ 28.29話 感想

この記事の所要時間: 34

『客主』~商売の神~28.29話、やっと再会できたボンサムとソリンは幸せに暮らしていましたが、嫉妬するメウォルがいました。ある日、ボンサムの職場を訪れたメウォルは、ボンサムとソリンの子どもを抱きあげ、自分とボンサムの子どもであってほしかったと言い、ソリンを怒らせたのです。

『客主』~商売の神~あらすじ 26.27話 感想

この記事の所要時間: 38

『客主』~商売の神~26.27話、ソリンの命を狙うために、しぶしぶソクチュに手を貸すメウォル。ソクチュがソリンの命を狙った時ウォリが助けに入り、ソリンは何とか助かったのです。そして無事に子どもを出産し、ボンサムと再会出来たソリンでしたが、まだソリンの命を狙うメウォルの姿がありました。


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ