ネタバレ 韓国ドラマ 秘密の扉のあらすじ、感想、キャスト、相関図

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 326

photo by: 秘密の扉|dTV公式

韓国ドラマ “秘密の扉“の各話あらすじ(全24話)、キャスト、登場人物や相関図の記事をまとめたページです。

あらすじにはネタバレが含まれますので読まれる方はご注意ください。

秘密の扉“は2014年に韓国SBSで放送された時代劇。イ・ジェフンキム・ユジョンハン・ソッキュのキャスティングで話題を呼びました。

?

韓国時代劇 秘密の扉とは

韓国ドラマ「秘密の扉」は、朝鮮王朝の悲劇のひとつとして知られる思悼世子(サドセジャ)の米櫃餓死事件を題材にした作品です。
ドラマ「イ・サン」の第1話にも米櫃に閉じ込められた思悼世子のシーンが登場します。(イ・サンは思悼世子の息子)

思悼世子はなぜ実の父・英祖(ヨンジョ)によって命を奪われることになってしまったのか?

決して開けてはならない「秘密の扉」とは何だったのか?

英祖即位にまつわる因縁と思悼世子の息子イ・サン(正祖)へ繋がって行くサスペンス仕立ての時代劇ドラマです。

※ 関連ドラマ:イ・サン

スポンサーリンク

韓国ドラマ「秘密の扉」のあらすじ

ドラマの舞台は18世紀の朝鮮王朝。
し烈さを極める朝鮮王朝の派閥抗争の中で生き残りを賭けた王たちの戦いが繰り広げられていました。

朝鮮王朝第21代王である英祖(ヨンジョ)は、父粛宗とトンイの間に生まれた王子で、チャン・ヒビンが産んだ王・景宗(キョンジョン)の異母弟という立場にいました。

景宗を支持するのは少論派(ソロンパ)、いっぽう英祖を推すのは老論派(ノロンパ)。

この二つの派閥もまた熾烈な派閥抗争を繰り広げていたのです。

幼い頃から常に命の危険に晒されてきた英祖にとって、すがれる存在は老論派だけ。

こうして英祖は生き残るため老論派に従い王となる道しか残されていませんでした。

そんな中、英祖は老論派(ノロンパ)の領袖キム・テクと「ある秘密」を共有し、お互いに牽制しあっていたのです。

韓国ドラマ「秘密の扉」の感想(ドラマを見終えて)

ドラマを見終えてまず感じた印象は、『イ・サン』の冒頭で登場する思悼世子(サドセジャ)ことイ・ソンの悲劇的な死(米びつ事件)に至る理由と背景が詳しく語られていて興味深かったことです。

韓国時代劇が好きな韓ドラファンは興味を持てる内容(どちらかと言うと男性向き?)ですが、ラブロマンス的な要素はあまり語られず、女性ファンには物足りない部分があるかも知れません。

王になった人物ではないので、ドラマや映画で余り脚光を浴びる事がない「思悼世子」ですが、彼を主人公として、理想と現実の狭間に悩む若きプリンスの葛藤と、父英祖への想いが丁寧に語られています。

ドラマで登場する“連判状”は、英祖(トンイの息子 当時はヨニン君)が兄の景宗(異母兄、チャン・ヒビンの子)を暗殺するという恐るべき企てに署名していたという内容で、犯人は最初から視聴者にはわかっているというネタバレの状態でドラマが始まります。

主人公のイ・ソンの親友で頼れる臣下であるフンボク(図画署=トファソの画員)が連判状を見つけた事で殺害されるという事件が発生し、その死の真相を追う内にソンが父親の英祖の存在に辿り着くのですが、視聴者にとってはじれったい展開に感じるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマを盛り上げたキャストたち

英祖役のハン・ソッキュは時代劇『根の深い木』にも登場しているお馴染みの俳優ですが、自分が目指した万民に平等な社会を作る夢を息子のソンに託しながらも老論派・少論派の党争のかじ取りの過程の中でソンを斬り捨てざるを得なかった苦悩する王を上手く演じていました。

一方のソンも父の真意を痛いほど理解していたため自ら罪に甘んじる決断(米びつ事件)をする訳ですが何とも切ない印象を受けました。

イ・ソンを演じたイ・ジェフンは若手実力派俳優として期待されていますが、時代劇は初めての経験だとか。

周りを固める時代劇経験も多い脇役陣や若手俳優に支えられ悲劇のプリンスを演じ切りました。

英祖は最期に自分の後継者としてソンの息子ヨニン君(イ・サン)を後継者(王世孫)に指名するのですが、ソンの妻である恵慶宮ホン氏(パク・ウンビン)も夫ではなく息子のサンを選ぶというのが意外な感じでした。

いわく “国母となる夢は諦めますが、王の母になる夢だけは奪わないで下さい” …これも切ないですネ。

もう一人の重要人物としてジダム(貸本業の娘)をキム・ユジョン(成人期はユン・ソヒ)が演じていますが、トンイの子役を演じていたことを懐かしく思い出しました。

英祖の母の少女期を演じたキム・ユジョンの起用はファンにとって心憎い感じですが、思ったより早くシーンから姿を消し大人役のユン・ソヒと選手交代したのがちょっと残念でした。

(現実世界ではもう大人になった彼女ですが、このドラマではまだ子役だったのですネ)

[PR] 韓国ドラマも充実

「秘密の扉」のあらすじ全話リスト

▲ 目次の先頭へ戻る

[スポンサーリンク]

秘密の扉で思悼世子を米櫃事件で餓死させたキム・テクは架空の人物?

歴史ドラマ 秘密の扉

韓国ドラマ『秘密の扉』で英祖(ヨンジョ)を第21代朝鮮国王にした老論派(ノロンパ)のボス、キム・テク。キム・テクは歴史上実在した人物なのでしょうか?答えはNo…。架空の人物なのです。しかし、キム・テクにはモデルとなった実在の人物がいるようなのです。

韓国歴史ドラマ「7日の王妃」チマ岩の伝説~中宗と端敬王后の悲恋~

歴史ドラマ レビュー 7日の王妃 秘密の扉

韓国歴史ドラマ 7日の王妃、端敬王后(タンギョンワンフ)にまつわる「チマ岩の伝説」は、お互いに愛し合っていたにもかかわらず、派閥抗争に巻き込まれ無理やり別れさせられてしまった悲運の夫婦、中宗(チュンジョン)と端敬王后の悲恋を物語る伝説です。

仮面の王 世子のモデルは秘密の扉の思悼世子(イ・ソン)だった!?

歴史ドラマ 秘密の扉

韓国ドラマ『秘密の扉』(主演イ・ジェフン、ハン・ソッキュ、キム・ユジョン)、主人公の思悼世子の名前がイ・ソンであり、このドラマの前の『仮面の王イ・ソン』(主演ユ・スンホ、キム・ソヒョン、キム・ミョンス)と名前が一緒だったので気になって調べてみました。

韓国ドラマ『秘密の扉』 あらすじ 第24話 最終回 夢を託して

歴史ドラマ 秘密の扉

韓国ドラマ「秘密の扉」あらすじ 第24話(最終回)。英祖は苦渋の決断で孫のイ・サンだけは守ることを決意。蜂起も考えた世子イ・ソンでしたが、英祖から掛けられた言葉で自らが覚悟することに。英祖亡きあと即位したサンはソンの遺言通り身分の差がない人材を集め育成する書斎を設置します…。

韓国ドラマ『秘密の扉』 あらすじ 第22話 世孫冊封

歴史ドラマ 秘密の扉

韓国ドラマ「秘密の扉」あらすじ 第22話。書斎の存在を知ったイ・ソンの義父であるホン・ボンハンは、ソンが湯治へ行っている間に処分してしまうことを計画します。そのことは老論派のホン・ゲヒにも知られてしまいます。また、ソンが湯治には行かず書斎へと向かわなければならない状況となり…。

韓国ドラマ『秘密の扉』 あらすじ 第21話 暗殺計画

歴史ドラマ 秘密の扉

韓国ドラマ「秘密の扉」あらすじ 第21話。鳴砂団の英祖暗殺計画はイ・ソンの説得により阻まれます。しかし英祖は首謀者がソンではないかと思います。そしてソンを牽制するため孫のサンを冊封することを考えるのでした。一方ソンはミン・ベクサンを訪ね書斎の指導者なってもらうよう頼みます。

韓国ドラマ『秘密の扉』 あらすじ 第20話 王妃選びの儀

歴史ドラマ 秘密の扉

韓国ドラマ「秘密の扉」あらすじ 第20話。世子イ・ソンを見捨てることができない英祖は、政治に関わらない外部の娘を王妃として迎えることにします。そんな英祖の自分に対する気持ちが分かっていながらも民との約束を守りたいソンは"書斎"という施設を内密に建設することを試みます。

ページの先頭へ