「応答せよ1988」のあらすじ、キャスト、記事一覧

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 13

応答せよ1988

photo by 応答せよ1988/bs11

韓国ドラマ『応答せよ1988』は、2015年11月6日に放送開始となりました。

『応答せよ1997』と『応答せよ1994』から続いた「応答シリーズ」の第3作目。

ケーブルチャンネル史上最高の視聴率21.6%を記録したドラマです。

今日本でも大人気の俳優パク・ボゴム、リュ・ジュンヨルらが出演したハートフルラブコメディ。

ソウルオリンピックが開催された1988年を舞台に、ソウル道峰区双門洞に住む5組の家族の物語。

アジア主要アワードで22冠を達成し、社会現象を巻き起こした話題作です。

「応答せよ1988」とは

1988年のソウルを舞台に、切なく輝かしい初恋、そして思わず涙する温かい家族愛を、コミカルかつ感動的に描いた作品です。

「応答せよ1988」あらすじ

韓国で初めてのオリンピックが開催された1988年、勉強よりもオシャレに夢中な高校2年生のドクソンは、姉とは犬猿の仲で、すぐに喧嘩をしていました。

兄弟のように育った、双門洞の幼馴染はサッカー大好きジョンファン、優等生ソヌ、天才将棋棋士テク

ある日、ドクソンは友人の一言でソヌを意識し始めますが、ソヌには思いを寄せる人がいたのでした。

[スポンサーリンク]

韓国ドラマ「応答せよ1988」キャストと登場人物

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」キャストと登場人物。主演の1人イ・ヘリは4人組アイドルグループGirls’Dayのメンバーとして活躍中。また若手俳優を多く出演させた事で若さ溢れる作品となっています。一方、また前2作(『応答せよ1994』・『応答せよ1977』)に出演したソン・ドンイルとイ・イルファがヒロインの親として登場。全作品との違いにも注目です。

韓国ドラマ「応答せよ1988」の概要とあらすじ

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」の概要とあらすじ。『応答せよ1988』は、『応答せよ1997』と『応答せよ1994』から続く「応答せよシリーズ」の第3作目です。365日双門洞の路地の物語が幕を開けます。幼馴染み5人の家族のどこか懐かしいホームドラマに加え、幼馴染み達の恋愛にも注目です。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第20(最終)話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第20(最終)話。トクソンとテクが付き合いだしましたが喧嘩が絶えません。そんなある日、テクとトクソンの写真が新聞の一面に載ってしまいました。周囲の反応は・・・。そしてついに両親の承諾を得て、ボラとソヌは結婚する事になります。一方、トクソンとテクは・・・。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第19話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第19話。テクはジョンファンの勤務地へやってきました。テクにジョンファンは「早くトクソンを捕まえろ!」と言ったのです。そして中国の囲碁大会に体調を崩していたけど参加したテク。何とトクソンも仕事でテクと同じホテルに泊っていました。そして二人は・・・。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第18話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第18話。時は1994年10月。幼馴染み達はすっかり大人になっています。トクソンは客室乗務員になっていて、会社の先輩に紹介してもらった男性とお付き合いしていました。テクも何度かお見合いしていて、みんなそれぞれ新しい道を進んでいます。そんなトクソンに悲劇が訪れました。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第17話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第17話。トクソンは勉強が終了し、読書室から家に帰る途中バイクに脚を轢かれてしまいました。そんなトクソンは夢が無いと悩んでいます。父親も驚きますが、あせらずゆっくり探していけばいいのではないかとアドバイスしました。実は父親の夢も銀行員ではなく、生きる為に選んだ道だと話します。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第16話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第16話。テクは、トクソンを映画に誘います。中国の大会が終わった次の日に会いたいと誘うと、トクソンは遊ぶ時間がないと言いました。大会が終わりデートに誘ったテクでしたが、大事な約束があり、トクソンに会えなくなったと電話しました。しかし、実際は、大事な約束などなかったのです。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第15話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第15話。高校3年生になったトクソンは、保護者面談を受けました。イルファは、4年制大学であればどこでもいいと先生に言いますが、トクソンの成績では4年制大学も難しいと言われてしまいます。一方、ソン・ボラは、司法試験を受けることを決意し、トクソンにもノウルにも言わないように口止めしました。

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第14話

現代ドラマ ホームドラマ 応答せよ1988

韓国ドラマ「応答せよ1988」あらすじ 第14話。新学期が始まり、担任が誰になるか心配するトンリョンですが、父親が担任になってしまい、ショックを受けました。一方、ジョンファンの誕生日に、トクソンはピンクのシャツのプレゼントを渡します。しかし数日後、それをジョンボンが着ているのをみてしまい・・・。

ページの先頭へ