「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第7話・第8話

この記事の所要時間: 638

「懲毖録」あらすじ第8話、第9話です・・・日本から帰国した通信使達の報告が真逆なため、宮廷は混乱に陥っています。そこで、書状官であるホ・ソンから話を聞いたところ、ホ・ソンは日本国内の状況から、事が起きそうな予感がするということを伝えました。

この記事の所要時間: 638

日本の脅威への異なる意見

jing

「懲毖録」あらすじ第7話・第8話をご紹介しています。内容はネタバレを含みますので、読まれる方はご注意ください。

「懲毖録」あらすじ第8話、第9話です・・・日本から帰国した通信使達の報告が真逆なため、宮廷は混乱に陥っています。
そこで、書状官であるホ・ソンから話を聞くこととなりました。

ホ・ソンは日本国内にいる南蛮人達の存在、そして彼らポルトガル人の軍艦や銃などを見て、事が起きそうな予感がするということも伝えました。

[スポンサーリンク]

 

下三道の混乱

一方でリュ・ソンニョン(柳成龍)は下三道(ハサムド)の混乱による農民の土地離れ問題を解決するように王命を受け、現地を訪れます。

※下三道は、朝鮮八道のうち半島南部にある三道…忠清道、慶尚道、全羅道を指します。政治・経済・軍事の要とされていました。

下三道に赴いたリュ・ソンニョンは、ある農民が「我々農民を捨てることができるのは王だけではなく、農民側も王を捨てることはできるのだ」と話すのを耳にします。

その言葉にショックを受けたリュ・ソンニョンでしたが、この農民の言葉はまさに後の出来事を示唆するような会話でした。

都の官僚達が党派争いにかまけ、民の実情をないがしろにしていた事が農民たちをここまで追い込んでしまったのです

忽然と消えた倭人達

リュ・ソンニョンが、釜山浦の倭館(貿易の為の施設)に到着した時にはすでに倭人達はいなくなっており、最終船が出るという状況です。

宣祖は夷狄が攻撃をしかけてくるという噂を広めたり、郷を離れた者には厳しい懲罰だけではなく、宣祖自らが出向き、征伐するとさえ言います。

これにはさすがに臣下達も言葉を失ってしまいました。

軍制改革の提案

リュ・ソンニョンはこれまでの軍制の短所を指摘し、新しく軍制を設けるべきであると進言します。

これまでの軍制の短所とはずばり、中央軍が現場へ到着するまで時間がかかりすぎるという事でした。

ところが、シン・リブ達はその意見には短所もあると言い、結果的に宣祖はいろんな意見を聞いた上で慎重に決めるという答えを出します。

書き換えられた国書

日本では最初の国書の内容を秀吉に内緒で偽造する小西行長の姿がありました。
明征伐のための道案内をしてほしいという内容から征伐に行くために道をあけろという内容に変えてしまったのです。

しかし、日本から届いた国書は宣祖によって開封されることもなく焼き捨てられますが、リュ・ソンニョンの「外交的な儀礼のためには返答くらいはすべきである」という意見を受けて返事を出すことに。

photo by: asianwiki.com

世子冊封の上申

チョン・チョルは東人(トンイン)や儒生達の意見をまとめて宣祖に世子冊封について上申します。

それを傍観する立場でいてほしいと聞いたイ・サネは快諾する素振りを見せますが、東人は世継ぎ問題について宣祖に訴え、その結果、宣祖によって司憲府のチョン・チョルの監察が開始されようとしていました。

主なキャストと登場人物たち

※左からキャスト、登場人物、人物説明の順です。

  • キム・サンジュン (ソエ リュ・ソンニョン、西厓 柳成龍役)・・・東人派の領袖
  • キム・テウ宣祖、ソンジョ役)・・・李氏朝鮮第14代国王
  • チョン・テウイ・チョンリ役)・・・柳成龍の腹心
  • イ・グヮンフンシン・ミョンチョル役)・・・柳成龍の護衛武官
  • ハン・ジワンハン・ソリ役)・・・居酒の女主人
  • ハン・ガリムトンドン役)・・・ハン・ソリの小間使い

西人派(ソインパ)の人々

李氏朝鮮の党派(派閥)のひとつ西人派の人物達です。

  • イム・ドンジン (オウム ユン・ドゥス、梧陰 尹斗壽役)・・・西人派の実力者
  • ソン・ドンヒョク (ソンガン チョン・チョル、松江 鄭澈役)・・・西人派の領袖
  • チェ・チョロ (ペクサ イ・ファンボク、白沙 李恒福役)・・・西人だが、柳成龍と親しい
  • パク・ジイル (クボン ソン・イクピル、龜峯 宋翼弼役)・・・西人の信頼厚い人物
  • キム・ヒョウォン (ウゲ ソン・ホン、牛溪 成渾役)・・・西人派の実力者
  • キム・ジョンス (ウソンダン ファン・ユンギル、友松堂 黄允吉役)・・・朝鮮通信使の正使、壬申倭乱を予言
  • カン・インキ (ジュンボン チョ・ホン、重峯 趙憲役)・・・壬申倭乱で義兵を起こす

東人派の人々

朝鮮の党派(政治派閥)のひとつ東人派の人々です。

  • イ・ジェヨン (アゲ イ・サネ、鵝溪 李山海役)・・・東人派の実力者
  • ナム・ソンジン (ハヌム イ・ドッキョン、漢陰 李德馨役)・・・柳成龍の友人
  • パク・チョルホ (ハクボン キム・ソンイル、鶴峯 金誠一役)・・・朝鮮通信使の副使、壬申倭乱の可能性を否定
  • パク・チルヨン (ナアム チョン・オンシン、懶庵 鄭彦信役)・・・東人派の重鎮
  • ホ・キホ (ヨンブ チョン・オンジ、淵夫 鄭彦智役)・・・鄭彦信の兄

宮廷の人々達

  • キム・ヘウン仁嬪キム氏役)・・・宣祖の側室、信城君と定遠君の母
  • ノ・ヨンハク光海君、クァンヘグン役)・・・宣祖の庶子で次男、第15代国王
  • ファン・イニョン懿仁王后 朴氏役)・・・宣祖の正室
  • ユン・ホンビン臨海君、イムヘグン役)・・・宣祖の長男(庶子)

日本側の人物達

  • キム・ギュチョル (豊臣 秀吉役)
  • イ・グヮンキ (小西 行長役)
  • イ・ジョンヨン (加藤 清正役)
  • チョ・ジェワン (宗 義智役)

明国の人々

  • チェ・イルファ (ソン・ウンチャン、宋応昌役)・・・将軍
  • イ・ギヨル (シム・ユギョン、沈惟敬役)・・・将軍付き使節
  • チョン・フンチェ (イ・ヨソン、李 如松役)・・・将軍

 

感想と見どころ

下三道(ハサムド)は、前述したとおり政治・経済・軍事の要を握っている重要な地域で、日本に近く、特に全羅道は豊かな農産物に恵まれた土地でした。この豊かな土地の農民達さえ逃げ出したいほど日本の脅威を肌身で感じていたという事です。

官僚達の党派争いと、宣祖の現状認識の甘さと優柔不断ぶりが後の大混乱(王子たちを人質に取られ、宣祖も都落ちをする)を引き起こすことになるのですネ。

殺伐としたシーンが続く中、ハン・ジワン演じるハン・ソリの美しさが印象的です。

いよいよ日本の野心が明らかになり、まさに風雲急を告げる状況となってきました。

リュ・ソンニョンは国家の危機にどう立ち向かうのでしょうか!?

photo by: asianwiki.com

[スポンサーリンク]

関連記事

根の深い木あらすじ第7話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第7話のあらすじです。 チェユンは犯人を突き止めます。また、コ・インソルが毘婆沙論を持っていることも知るのでした。毘婆沙論を調べている時、偶然にソイが書いた模様の腕輪をしていた男と遭遇します。...
韓国ドラマ「ナイン~9回の時間旅行~」第8話のあらすじ... 「ナイン~9回の時間旅行~」第8話のあらすじ。ソヌがお香を使って1992年の院長室へおとずれ、隠しカメラの映像を確認します。そこにはジンチョルがジョンウとミョンヒをそそのかす姿も残されていました。唯一入手した証拠をジンチョルのもとに置き、ヨンフンにも顛末を伝えたソヌのもとにミニョンがやってきます。...
懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第9話・第10話... 韓国時代劇ドラマ「懲毖録」あらすじ第9話、第10話です・・・これらのエピソードでは、国家存亡の危機に瀕してもなお宮廷で党派抗争を繰り返す大臣・官僚たち、特に南北に分裂した東人の姿にフォーカスがあたっています。...
根の深い木あらすじ第4話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第4話のあらすじです。 遂にチョン・ドグァンが亡くなります。この時巾着袋を息子に渡す護衛武官。 一方トルボクは、奴婢全員が殺害された事を知り、逃げるのでした。 長い年月が流れ、トルボクはチェユンと名乗り、イ・ドの前に現れます。...
根の深い木あらすじ第10話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第10話のあらすじです。 連続殺人事件の犯人が分かるのでした。チェユンは、カリオンの家の近くで怪しい人物を目撃した事を聞きました。この人物は、チョ・マルセンだったのです。チェユンは事件を洗い直すのでした。...
根の深い木あらすじ第8話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第8話のあらすじです。 仮面の男と、チェユンが対決します。ムヒュルが兵士を率いてやって来ると、仮面の男は姿を消すのでした。チャン・ソンスの遺体と一緒に文書が見つかります。その文章は、ョン・ドジョンが残した言葉だったのです。...
韓国ドラマ「夜警日誌」第8話のあらすじ... 「夜警日誌」第8話のあらすじ。サダムの命を救った女主人は、その時に約束した朝鮮中の漢方薬草を手に入れる事を再度お願いします。サダムは約束を果たしましょうと、部下に火鬼を街中に呼ばせるのでした。そして街中が火の海に・・・。...
韓国ドラマ「相続者たち」第8話のあらすじ... 「相続者たち」第8話のあらすじ。突然、気持ちを伝えられ、混乱するウンサンです。学校でも家でも干渉するし、プライベートはないとタンは言い切りました。そして学校の屋上でヨンドからの電話に出ようとするウンサンを止めるため、タンはウンサンにキスをしたのです。...
インス大妃第7話のあらすじと感想 『インス大妃』第7話あらすじ。第6代王となった端宗。幼い端宗の代わりに実権を握っていたのはキム・ジョンソだったのです。一方、ユン氏とクオン・ラムの話しを偶然耳にしたジョン。手助けしたジョンはついにトウォン君と一緒に寝る事を許されたのでした。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第13話・第14話... 「懲毖録」第13話・第14話のあらすじです。柳成龍が備えるべきだと警鐘を鳴らし続けていた豊臣秀吉による壬辰倭乱(朝鮮出兵)が始まります。快進撃を続け漢陽へ迫る倭軍の脅威にどう立ち向かうのでしょうか?...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第17話・第18話... 「懲毖録」第17話・第18話のあらすじです。ついに李舜臣が勝利した事によって日本軍の勢いが弱まり、激怒した秀吉は「李舜臣の首をとれ」と部下に命令します。その頃逃げ回っていた宣祖もまたとんでもない命令を下したのでした。...
韓国ドラマ『テバク』第7話、第8話のあらすじと視聴率... 『テバク』第7話・第8話は、視聴率9.1%、8.7%を記録。視聴率第2位に復帰。第7話では、イ・インザに復讐する為、朝鮮一の剣豪に弟子入りするテバクの姿や、イ・インザの強大な力に驚くヨニン君の姿が描かれます。第8話では、テギルの師匠キム・チュゴンの正体が明かされ、粛宗に警護役を命じられたヨニン君の決...
『客主』~商売の神~の概要・あらすじ... 客主~商売の神~の原作は、韓国でも名高い小説家キム・ジュヨンの歴史小説で、1983年にドラマ化。そのリメイク版がこの作品です。時は19世紀末の朝鮮王朝時代。波乱万丈の人生を送ってきた主人公チョン・ボンサムが、家族との別れ・対立・ロマンスを経験しながら、商売の神へと昇りつめていくドラマです。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第23話・第24話... 「懲毖録」第23話・第24話のあらすじです。1592年に海戦が開始され、今回は日本軍の大敗となります。重ねて日本軍に風土病が流行りだし、朝鮮軍は飛撃震天雷が完成しました。新兵器の完成で朝鮮軍は日本軍を駆逐できるのでしょうか?...
「アラン使道伝」のあらすじ~1話から5話~... 韓国時代劇ドラマ『アラン使道伝』第1話~第5話のあらすじです。 記憶が無い女幽霊アランは、自分の正体を知る為に、両班の放蕩息子ウノの出世の手伝いをする事に。アランの生前の事を調べるウノは、母親とアランが関わりがあるのではと知るのでした。...
花郎-ファラン-あらすじ第15話&第16話と感想... 韓国ドラマ『花郎』第15話&第16話のポイントを紹介。百済の太子と決闘し勝利したソヌは捕虜となった民とアロ達と共に百済からの脱出を図ります。しかし、新羅に無事に帰りついた一行を待ち受けていたのは、マンムン村での疫病の発生だったのです!...
チャン・ヨンシルのあらすじ第3話と第4話の感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第3話&4話のあらすじと感想を紹介しています。チャン・ヨンシルは明国へ向かう船に乗るため、観測装置ホンサンの製作に没頭します。父ソンフィから水で動く水運儀象台の話を聞き興味を持つヨンシルでした。...
チャン・ヨンシル第5話と第6話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第5話と第6話のあらすじを紹介しています。漢陽(ハニャン)では天文石刻に関する怪文書が出回ったことで混乱していました。そんな中、書雲観の官員が謎の死を遂げます。...
「アラン使道伝」のあらすじ~16話から20話~... 韓国時代劇ドラマ『アラン使道伝』第16話~第20話のあらすじです。 記憶が蘇っていくアランは、玉皇上帝の意思によるもんだと告げるのです。 そして、ウノの母の体を取り返す方法は、自らの体を差し出すものだと知る事に。紅蓮の元へ向かうアランを救おうと、ジュワルがかけつけます。...
根の深い木あらすじ第3話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第3話のあらすじです。 イ・ドは、太宗に謝罪すると、文治主義で国を治める考えがあり、秘密組織・密本の存在を聞くのでした。 時は9年前、ミルボンの創始者チョン・ドグァンは、官軍に追われ逃亡します。この時の事が忘れられないイ・ドでした。...
韓国ドラマ「キング~Two Hearts」第8話のあらすじ... 「キング~Two Hearts」第8話のあらすじ。兄が亡くなりジェハは王となりました。しかもジェシンは下半身不随となりショックを受けています。そんな中、先王の最後のメールをきっかけにジェハとハンアは結ばれ、一夜をともにするのでした。しかし再びアーサーが現れたのです。...
チャン・ヨンシル第19話と第20話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第19話と第20話のあらすじを紹介しています。第19話、第20話では天体観測の新しい方法を探していたチャン・ヨンシルが日本式の観測法を取り入れることにチャレンジ。しかし、ヒジェの妨害工作に遭い新しい試みが失敗してしまうエピソードが語られます。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第5話・第6話... 「懲毖録」あらすじ第5話・第6話をご紹介しています。内容はネタバレを含みますので、読まれる方はご注意ください。今回は、宣祖の世子(王位継承者)冊立を巡る党派の駆け引きと、日本から戻った通信使(外交使節)の報告が語られます。...
「アラン使道伝」のあらすじ~6話から10話~... 韓国時代劇ドラマ『アラン使道伝』第6話~第10話のあらすじです。ウノはアランにカンザシが発見された城隍堂に行く事を提案します。山奥で遭難してしまったウノとアランの前に、死神ムヨンが現れるのでした。絶体絶命の危機を脱出したウノは、信じられない光景を見つけます。...
根の深い木あらすじ第18話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第18話のあらすじです。 イ・バンジに会いに様々な人たちが現れます。この事でチョン・ギジュンは、イ・バンジに疑念を抱くのでした。そんな中、チェユンを心配するイ・バンジは、今の生活から足を洗うよう勧めます。...


サブコンテンツ

このページの先頭へ