『名不虚伝』(ミョンブルホジョン)第15話&第16話(最終回)のあらすじと感想

この記事の所要時間: 458

韓国時代劇『名不虚伝』(ミョンブルホジョン)第15話&第16話(最終回)のあらすじです。朝鮮へ戻るためヨンギョンに別れを告げるイム。二人にはつらい選択でした。時代を超えてそれぞれの道を歩む二人ですが、あるとき奇跡が起こるのです!その奇跡とは!?

この記事の所要時間: 458

Live Up to Your Name

韓国時代劇『名不虚伝』(ミョンブルホジョン)第15話&第16話(最終回)のあらすじです。

朝鮮へ戻るためヨンギョンに別れを告げるイム。二人にはつらい選択でした。

時代を超えてそれぞれの道を歩む二人ですが、あるとき奇跡が起こるのです!

その奇跡とは!?

※『名不虚伝』(ミョンブルホジョン)の意味は「名前にふさわしい、名に恥じない」

poster photo by tvN

[スポンサーリンク]

 

「名不虚伝」第15話のあらすじ

朝鮮へ戻ったイムは漢陽にあるホ・ジュンの家に向かいます。

そこでヨンギョンのカバンを見つけ、ホ・ジュンの居場所を知ることができました。

ホ・ジュンと再会するイムですが、そこに倭軍が現れます。ピンチでしたが、ホ・ジュンの忍びが手助けに入り、事なきを得ます。

一方現代では、チョンスルを病院へ運んだヨンギョンは、チョンスルの病気を知り、手術を行うことを決意します。

しかし、チョンスルは治療を拒否し、患者の意思を尊重すべきだと話します。

チョンスルは息子がバイクで事故を起こした日、息子と口論していました。

それによって息子を死に追いやったと自身を非難し、手術を拒否しているのでした。

そんな祖父の態度に涙を流すヨンギョン。

そこにジェハが現れ、マ・ソンテの悪行を謝罪しました。

チョンスルとヨンギョンは父の墓へ向かいました。

そして2人は手術を行うことを決意したのでした。

しかし、その直後チョンスルは発作で再び倒れてしまうのでした。

ヨンギョンはチョンスルの手術を行います。

また、朝鮮時代ではイムがヨニの治療を行うところです。

どちらの手術も難しいものでしたが、無事に成功します。

一方マ・ソンテは患者への不正医療によって窮地に立たされていました。

そんなマ・ソンテはイムを恨んでいます。

別れの言葉

deserving-of-name-ep15

photo by © tvN

翌朝、ヨンギョンは台所へ行くとそこにはイムが弁当を作っていました。

約束通りイムは無事に帰ってきました。

ヨンギョンはイムの後ろから抱きつきます。

イムはチョンスルとも再会し、無事に帰ったことを報告しました。

チョンスルとイムの2人になった時、イムはこれから自分がどうするべきか話していました。

その様子をこっそり聞いていたヨンギョンは、イムが朝鮮時代に帰るのではないかと心配になります。

ヨンギョンはイムをデートに誘いました。

そこでイムがヨンギョンに別れを告げることを待ちました。

イムが話を持ち出した時、ヨンギョンも静かにそれを承諾したのです。

「名不虚伝」第16話(最終回)のあらすじ

いよいよ最終回です。

朝鮮時代に帰ることを決めたイム。

3日の猶予をもらったヨンギョンは、イムと様々な計画を実行し、思い出を作っていきました。

ひと時も離れたくないヨンギョンは一晩中イムの傍にいました。

3日という時間はあっという間に過ぎ去っていきました。

それまで気丈にふるまっていたヨンギョンですが、ついに涙を流してしまいます。

チョンスルに自分も朝鮮時代へ行きたいと懇願するほどです。

それをドアの外で聞いていたイムは涙を流します。

最後にイムはヨンギョンにキスをして、自分の事を忘れないでいてほしいと話しました。

その後、イムは静かに恵民署韓医院を後にしました。

朝鮮時代の服に着替えたイムは皆に別れの挨拶をします。

チョンスルは涙をこらえ、ヨンギョンは大粒の涙を流しています。

イムは自分の胸に針を刺し、その手をヨンギョンが優しく覆います。

それぞれの道、そして

deserving-of-name-ep16

photo by © tvN

朝鮮時代に戻ったイムは戦乱の中、負傷した人々の治療に奔走しています。

その中でもヨンギョンの事をたびたび思い出しています。

イムは戦乱が終わった後も恵民署の医員として働き、その名を全国に広めることになります。

一方ヨンギョンは念願だった博士号を取得します。

イムはホ・ジュンの推薦で王の治療を行うことになりましたが、その道中牛の角に刺された息子を助けてほしいと言われます。

イムは今度は彼を見捨てることなく、子供の命を救うことに成功したのです。

王宮では以前治療に失敗したイムを信じられない人も多くいました。

しかし、難しい王の病気をついに完治させることに成功したのです。

王はイムの姿に感服し、イムを内科院に任命する王令を出しました。

イムはマクゲに対して医学書を渡し、医員の試験を受けるように促しました。

そんな時、マクゲの前に書棚が倒れてきます。

イムは体を使って彼女を救いました。

現代のヨンギョンはホームレスの治療を行っていると、目の前に見慣れない人影を見ます。

それは恋しいイムの姿だったのです!

2人は何も言わないまま、ずっと見つめ合っています。

『名不虚伝』 15話・16話の感想

違う時代を生きる2人にとって、同じ時代を生きるのは難しいのでしょう。

イムが朝鮮時代に帰るといった時のヨンギョンの気持ちを考えると、涙腺が崩壊してしまいました。

それぞれの時代で暮らすことになった2人ですが、心は通じ合っているようで、お互いのことを想いながらそれぞれが良い方向に進んでよかったです。

そして最後にはイムが現代に登場するというサプライズも。

最後はハッピーエンドで終わって本当に良かったと思います。

短い間でしたが、まだまだ続いてほしいと少し寂しい気持ちにもなりました。

それだけ良い作品であったことに間違いはありません。

[スポンサーリンク]

関連記事


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ