チャン・ヨンシル第13話と第14話のあらすじと感想

この記事の所要時間: 46

韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第13話と第14話のあらすじを紹介しています。13話と14話では、着実に実績を積み上げていくチャン・ヨンシルのひたむきな姿と、彼の成功を妬み妨害工作をたくらむ者たちとの相克が対照的に描かれます。

この記事の所要時間: 46

jang-yeong-sil_icon

韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第13話と第14話のあらすじと感想を紹介しています。

内容にはネタバレを含みますので、ご注意ください。

第13話、14話では着実に実績を積み上げていくチャン・ヨンシルのひたむきな姿と、彼の成功を妬み妨害工作をたくらむ者たちとの相克が対照的に描かれます。

チャンヨンシルのあらすじ第13話

  • ポイント1:チャン・ヨンシルは簡儀の技術で精度の高い観測結果を得る
  • ポイント2:ヨンシルは、次に月食の観測に取り組む
  • ポイント3:しかし、ヨンシルの成功を妬む者たちの正体が明らかとなる

ヨンシル、月食の観測に挑戦

明の国から天体観測の技術を持ち帰ったヨンシル。明の皇族で資産家であるテガンという後ろ盾も得て、これまで以上に天体観測の研究に励みます。

朝鮮国初の「簡義」(天体観測装置)の開発に成功したヨンシルはさらに精度の高い観測記録をとり始めるのでした。

ヨンシルは、さらに月蝕の観測にも挑戦します。しかし、どうしても誤差がでてしまい、試行錯誤を続けるヨンシルのひたむきで諦めない姿が静かに、そして鮮烈に描かれています。

強い意志と信念を持って科学の道を邁進するヨンシル。この場面は第13話の大きなみどころとなっています。

ヨンシル、独自の数式を考案

月蝕観測の誤差をなくすためにヨンシルはついに独自の数式を発案します。この数式を用いることによって誤差が大幅に縮小されます。

「簡義」の開発に続いてヨンシルは、またもや大きな成果を上げ、朝鮮国の科学水準を引き上げていくのでした。

ヨンシルの活躍を喜ぶ朝鮮の皇太子・チュンニョン(後の世宗)。ヨンシルチュンニョンはより強い信頼で結ばれていきます。このあたりは、ヨンシルのこれまでの苦労がようやく形になり始めるところで、ドラマを見ていて非常に嬉しいシーンが続きます。

チュンニョンの好感度も急上昇です!

一方、ヨンシルの成功を妬むものがいました。

なんと、それは野心家でヨンシルの従兄弟、チャン・ヒジェだったのです。

この後、ヒジェはヨンシルへの嫉妬に狂い、ある陰謀を企てることになります。

第13話の感想

ヨンシルは味方の力にも助けられ、着実に成功の道を歩んでいます。

これまでの苦労を考えると当然だと思いますが、やはり見ていて嬉しいですネ。

それにしても、ここでチャン・ヒジェが、事もあろうにヨンシルに対してよからぬ感情を抱いてしまいます。

ヒジェの気持ち、わからなくはないのですが、とにかく短絡的ですね。従兄弟なのだからヨンシルとともに頑張って欲しいと、個人的には思うのですが・・・

チャン・ヨンシルのあらすじ第14話

  • ポイント1:チャン・ヨンシルを嫉む者の正体は従兄弟のチャン・ヒジェと、その友キム・ハクチュだった!
  • ポイント2:ヒジェハクチュは、天文観測所を襲撃する
  • ポイント3:この襲撃で多くの罪なき人たちが犠牲になるのだが・・・

ヨンシルを嫉む者の正体

ヨンシルが開発した天体観測装置「簡義」や月蝕の観測結果を補完するために編み出した数式は、のちに朝鮮が世界最高水準の科学力を誇るまでに至る、大きな一歩となります。

しかし成功者には常にそれを嫉む者の影が付きまとうものです。それが従兄弟チャン・ヒジェの嫉妬で、とんでもない暴挙に出てしまうのです!

チャン・ヒジェの嫉妬と暴挙

ヨンシルの華々しい活躍を苦い思いで見つめるヒジェがこの第14話のキーパーソンとなります。優しげな二枚目の風貌とは裏腹に、非常に野心家なヒジェ。そんな彼にキム・ハクチュが近づきます。

貴族の息子でヒジェとは親しい間柄のハクチュ身分至上主義者。逃げ出した奴婢を執拗に追い詰めて殺してしまうなど残忍な性格なんです。

そんなハクチュが奴婢出身のヨンシルが皇太子・チュンニョン(世宗)からの信頼を得てイキイキと活躍する姿を黙って見ていられるはずはありません。

ヒジェハクチュは天文観測所を襲撃。

すべてを焼き払ったうえ、この計画に関わった身分が低い者たちの命まで奪うのです!

第14話の感想

とうとうヒジェの嫉妬が爆発してしまいました。

あまりの非道な行いに怒りを覚えますが、このあとヨンシルがどうなるのか、とても気になりますね。

次回も見逃せません。

[スポンサーリンク]

関連記事

チャン・ヨンシル第5話と第6話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第5話と第6話のあらすじを紹介しています。漢陽(ハニャン)では天文石刻に関する怪文書が出回ったことで混乱していました。そんな中、書雲観の官員が謎の死を遂げます。...
根の深い木あらすじ第6話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第6話のあらすじです。 焼死したユン・ピルの現場にいた、ソイが取り調べを受けます。ソイは目撃した男の腕輪の模様を描くのでした。一方で、ムヒュルはチェユンの正体を見破り、危機一髪の所で、イ・ドを助けます。...
韓国ドラマ「チャン・ヨンシル」の概要、視聴率とみどころ... 韓国ドラマ「チャン・ヨンシル」の概要、視聴率とみどころ…韓国の激動の時代を描き、豪華なキャスト陣が話題を集めたドラマ紹介をわかりやすくまとめてみました。すでにご覧になった方も、まだチェックしていなかった方にもドラマ「チャン・ヨンシル」の魅力をたっぷりとお届けしたいと思います。...
チャン・ヨンシル第17話と第18話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第17話と第18話のあらすじを紹介しています。第17話、18話では都へ戻ったチャン・ヨンシルが画期的な新時計を完成させ、セジョン始め周囲の絶賛を浴びます。しかし、再びヒジェを始めヨンシルの妨害を企む人々が現れ…...
根の深い木あらすじ第8話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第8話のあらすじです。 仮面の男と、チェユンが対決します。ムヒュルが兵士を率いてやって来ると、仮面の男は姿を消すのでした。チャン・ソンスの遺体と一緒に文書が見つかります。その文章は、ョン・ドジョンが残した言葉だったのです。...
根の深い木あらすじ第17話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第17話のあらすじです。 ある者の策略で、科挙試験で奴婢が首席で合格します。両班達は大慌でした。一方、新たな文字が公布出来ず、イ・ドは落胆します。そんな中チェユンは、ある人物を捜しに行くのです。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第21話・第22話... 「懲毖録」第21話・第22話のあらすじです。相変わらず臣下達と意見の合わない宣祖。宣祖は明の皇帝に宣祖の明行きを願い出ましたが、明から与えられたのは女性貴族が用いるクァンジョンボの空の官衙でした。つまり皇帝は、宣祖に来るなと暗に言っているのです。。...
チャン・ヨンシル第23話と第24話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第23話と第24話のあらすじを紹介しています。第23話、第24話では天才的な才能を発揮し続けるヨンシルに脅威を感じた官僚たちが考えられない行動を起こします。セジョンを始めヨンシルを救おうとする人々の行動にも胸を打たれるエピソードです。...
根の深い木あらすじ第5話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第5話のあらすじです。 チェユンはホ・ダムの死因が、師匠(イ・バンジ)の殺害方法だと気付きます。 一方で、イ・ドもカリオンにホ・ダムの死因を調べさせます。真実を知ったイ・ドは慎重に事を進めるのでした。...
チャン・ヨンシル第19話と第20話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第19話と第20話のあらすじを紹介しています。第19話、第20話では天体観測の新しい方法を探していたチャン・ヨンシルが日本式の観測法を取り入れることにチャレンジ。しかし、ヒジェの妨害工作に遭い新しい試みが失敗してしまうエピソードが語られます。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第19話・第20話... 「懲毖録」第19話・第20話のあらすじです。ついに朝鮮軍は日本軍の策に嵌り、大敗します。そこで、柳成龍は明の武将イム・セロクに援軍を要請しますが・・・。今回は手に汗を握る戦いの様子が見事に描かれています。日本軍と朝鮮軍の知恵比べが見どころの一つ。...
インス大妃第1話のあらすじと感想 『インス大妃』第1話あらすじ。時は・・・文宗1年(1450年)。第5代文宗が病弱に加え、世子も幼い為に、実権を握っていた文宗の弟スヤン大君とキム・ジョンソ。そして王妃の椅子に座って、密かに王妃になると誓った女性がいたのでした…。...
「アラン使道伝」のあらすじ~16話から20話~... 韓国時代劇ドラマ『アラン使道伝』第16話~第20話のあらすじです。 記憶が蘇っていくアランは、玉皇上帝の意思によるもんだと告げるのです。 そして、ウノの母の体を取り返す方法は、自らの体を差し出すものだと知る事に。紅蓮の元へ向かうアランを救おうと、ジュワルがかけつけます。...
根の深い木あらすじ第2話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第2話のあらすじです。 イ・ドは父から、トルボク暗殺を命じられます。しかし、父の命令に背き王位を退く決意をするのでした。 そんな中、イ・ドの元に、太宗から空っぽの重箱が届きます。この箱の意図に気付くイ・ドは・・・。...
「アラン使道伝」のあらすじ~6話から10話~... 韓国時代劇ドラマ『アラン使道伝』第6話~第10話のあらすじです。ウノはアランにカンザシが発見された城隍堂に行く事を提案します。山奥で遭難してしまったウノとアランの前に、死神ムヨンが現れるのでした。絶体絶命の危機を脱出したウノは、信じられない光景を見つけます。...
根の深い木あらすじ第4話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第4話のあらすじです。 遂にチョン・ドグァンが亡くなります。この時巾着袋を息子に渡す護衛武官。 一方トルボクは、奴婢全員が殺害された事を知り、逃げるのでした。 長い年月が流れ、トルボクはチェユンと名乗り、イ・ドの前に現れます。...
女人天下の第21話~第25話まとめ... 韓国時代劇ドラマ『女人天下』第21~25話のあらすじです。 ユン・ウォンヒョンに自身を正妻にするよう迫るナンジョン。この事が、ユン・ウォンヒョンの怒りを買う事に。しかしウォンヒョンの野心を逆手にとり、策を講じるナンジョンに次第に、心を開き始めます。...
根の深い木あらすじ第9話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第9話のあらすじです。 ムヒュルから、連続殺人事件の黒幕がミルボンである事を教えられたチェユン。昔、密本之書を隠した事を思い出すのでした。 一方、イ・ドは、チェユンの過去を聞き、ミルボン捜査を任せます。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第7話・第8話... 「懲毖録」あらすじ第8話、第9話です・・・日本から帰国した通信使達の報告が真逆なため、宮廷は混乱に陥っています。そこで、書状官であるホ・ソンから話を聞いたところ、ホ・ソンは日本国内の状況から、事が起きそうな予感がするということを伝えました。...
根の深い木あらすじ第10話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第10話のあらすじです。 連続殺人事件の犯人が分かるのでした。チェユンは、カリオンの家の近くで怪しい人物を目撃した事を聞きました。この人物は、チョ・マルセンだったのです。チェユンは事件を洗い直すのでした。...
ホジュン~伝説の心医~概要、あらすじ、キャスト... 韓国ドラマ『ホジュン伝説の心医』は、韓国MBCで2013年に放送。時は朝鮮王朝時代、庶子だということを常に心に秘めていたホジュンが、困難に立ち向かいながらも、最高の医者と言われるまでにのぼりつめた物語です。...
チャン・ヨンシル第9話と第10話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第9話と第10話のあらすじを紹介しています。9話と10話では、ヨンシルの実力を認めたチュンニョンに明国行きを命ぜられ、明国に到着したヨンシルは歓迎を受けるが、何者かに命を狙われると言うエピソードが語られます。...
根の深い木あらすじ第12話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第12話のあらすじです。 チェユンをおびき寄せるため、シム・オン家の奴婢だったコクセが現れます。この現場をチェユンやミルボン、またムヒュルまでもが目撃するのでした。それぞれの思惑が交差する中、ソイとコクセは逃亡します。...
根の深い木あらすじ第3話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第3話のあらすじです。 イ・ドは、太宗に謝罪すると、文治主義で国を治める考えがあり、秘密組織・密本の存在を聞くのでした。 時は9年前、ミルボンの創始者チョン・ドグァンは、官軍に追われ逃亡します。この時の事が忘れられないイ・ドでした。...


サブコンテンツ

このページの先頭へ