韓国現代ドラマ『憎くても愛してる』 概要とキャスト

この記事の所要時間: 457

韓国現代ドラマ『憎くても愛してる』は、2017年11月13日~2018年5月4日に全120話で放送されたドラマ。私たちを支える最も大きな価値は血でも法律もなく、まさに人間の間で満たされる人間同士の絆と愛という話を描いたヒューマン家族ドラマです。

この記事の所要時間: 457

憎くても愛してるは、2017年11月13日~2018年5月4日に全120話で放送されたドラマ。
私たちを支える最も大きな価値は血でも法律もなく、まさに人間の間で満たされる人間同士の絆と愛という話を描いたヒューマン家族ドラマです。

憎くても愛してる

photo by KBS

出演:ピョ・イェジン

製作:2017年韓国KBSドラマ制作局

放送:2017年11月13日~2018年5月4日

話数:全120話

最高視聴率:「22.0% AGBニールセン調査」

演出:パク・キホ「アンダンテ」

脚本:キム・ホンジュ「止められない」

[スポンサーリンク]

 

『憎くても愛してる』主なキャスト

主演はピョ・イェジン(ギル・ウンゾ役)
その他にも主人公であるイ・ソンヨル(ホン・ソクピョ役)、本作品のブレーンとして登場するイ・ドンハ(ビョン・ブシク役)、そしてドラマの中で最高の悪女としてハン・ヘリン(チョン・インウ役)が登場します。

『憎くても愛してる』の概要

幼い頃から波乱万丈な人生を生きてきた果てに、結局すべてを失って新たに始める時期、皮肉にも人生の花を咲かせる1人の女性の人生を追います。

私たちを支える最も大きな価値は血でも法律もなく、まさに人間の間で満たされる人間同士の絆と愛という話を描いたヒューマン家族ドラマです。

『憎くても愛してる』のあらすじ

即興的で感受性が豊かなウンゾ(ピョ・イェジン)は、つらくて貧しい10代を後にして華やかな贅沢女になって20代を過ごしました。

しかし、その癖を捨てず30代になってもクラブに通いながら、とうとう父親の命日まで忘れてしまいます。

金持ちの継母を得てお金の心配なしで生きてきたウンゾですが、継母のヘンザと仲の悪いウンゾはいつも彼女に反抗します…。

一方、いつも働いて忙しい親の下で家族の愛を感じてみたこともなく育ったソクピョ(イ・ソンヨル)は、自分の会社を成長させますが、背任横領罪の濡れ衣を着せられて懲役1年執・行猶予2年を言い渡されました。

その後、自分の会社であるジーニアスビューティーセンターに訪れますが、そこで運命の女であるウンゾに出会うことになります。

『憎くても愛してる』の見どころ

この作品には、様々な種類の母親が登場します。

その中でも子供のために自分を捨てる献身的な母、子よりは自分が何より優先である利己的な母、母の義務は見過ごしたまま子に道理だけを強要するずうずうしい母、そして実の子ではないけどどんな母よりも献身して愛して犠牲する偉大な母親まで!

このドラマを通じてさまざまな母親の物語とその重さを感じられるのはもちろん、「再婚」という隙間から生れる問題とそれを利用する人々のエゴ。

そしてそれによって、予想していなかった人生の重さを耐えなければならなかった人たちと、その子供達の物語に注目してください。

『憎くても愛してる』の主なキャスト

イ・ソンヨル:ホン・ソクピョ役

イ・ソンヨル

ジーニアス化粧品の大株主であり、現在ジーニアスビューティーセンターの末端職員。

創立者である母親のおかげで、ジーニアス化粧品のCEOになって会社を成長させる。

しかし恐慌障害の症状が始まり、ソクピョの未来に暗雲が立ち込めている。

弱り目に崇り目で、背任横領罪の濡れ衣を着せられ懲役1年、執行猶予2年を言い渡される。

その後判事に約束した通り「乙」のための体験、つまり「アンダーカバーボス」になって自分の会社であるジーニアスビューティーセントを訪れる。

ピョ・イェジン:ギル・ウンゾ役

ピョ・イェジン

生まれつきのブランド品の鑑別士であり、即興的で感受性豊かな女。

しかし、思ったより攻略が難しい意地っ張りでもある。

継母であるヘンザのお金で怖いもの知らずに生きながらも、相変わらず彼女を受け入れないウンゾ。

だが、突然の父の死と継母の不在を経験して初めて家族の愛を悟り始めている。

イ・ドンハ:ビョン・ブシク役

イ・ドンハ

出世が切実な遅咲きの弁護士。

新しいお父さんが自分を拒否したため、中学校2年生の時から一人暮らしをしていた。

母はそんな彼を大切に育むふりをしたが、5年後に新しい父の借金だけを抱えて再び彼のそばに戻ってきた。

ブシクはそんな世の中に向かって何があってもずる賢く生きていくと約束し、遅い年にロースクールを卒業して弁護士となった。

徹底した実利主義者で名分や道理よりは利益を追うブシク。

相手の気分に合わせる能力を持って生まれた。

ハン・ヘリン:チョンインウ役

ハン・ヘリン

ジーニアスビューティーセンターのインターン社員。

離婚して家を出ていた父のせいで苦労をしながら暮らしたが、それでも諦めずにまっすぐな性格のおかげで険しい世の中を持ちこたえながら生きてきた。

高校生の時に取得した、皮膚管理士の資格証でジーニアスビューティーセンターに、インターンとして就職した。

ところで事あるごとに文句をつけるビューティーセンター室長のク・ジョンヒと、みっともないお客様ギル・ウンゾのせいでストレスが並大抵ではない。

そんなある日、恨んでいた父が莫大な資金を持って家に帰ってきて、急に生活が興味深いことになり始めている。

ソン・オクスク:キム・ヘンジャ役

ソン・オクスク

ウンジョの義母、質屋社長

キム・ボムレ:ク・チュンソ役

キム・ボムレ

ジーニアス化粧品本部長、ソクピョの遠戚

ユン・ジユ:チョン・インジョン役

ユン・ジユ

イヌの妹、ジーニアス化粧品本部長秘書

コ・ビョンワン:キム・ミョンジョ役

コ・ビョンワン

ウンジョの弟、医大生キム・ボムレ

photos by AsianWiki

[スポンサーリンク]


サブコンテンツ

このページの先頭へ