韓国ドラマ『ムグンファの花が咲きました』第36話・第37話・第38話・第39話・第40話のあらすじと感想

この記事の所要時間: 227

韓国現代ドラマ『ムグンファの花が咲きました』第36話&第37話&第38話&第39話&第40話のあらすじ。テジンはグンファへ告白をします。一方ソンヒはヒジンに会いに行きました。デガプもソンヒの過去について知ってきます。そんな中、スヒョクとボラの関係が悪くなります…。

この記事の所要時間: 227

ムグンファの花が咲きました

photo by ©KBS2 poster

[スポンサーリンク]

 

『ムグンファの花が咲きました』 第36話あらすじ

テジンは、グンファへ自分の気持ちを伝えます。

グンファは驚きますが、嬉しい気持ちになります。

しかし、パートナーとしては好きだと言うのでした。

一方ギョンアの秘密がヨンシルの耳にも入り、ギョンアを責めます。

ヒジンも、サンチョルとの過去の関係を知り怒りました。

そんな中、ヒジンのお店に不審な電話が掛かってきます。

『ムグンファの花が咲きました』 第37話あらすじ

一向に良くならないソンヒに違和感があるデガプは陰で調べ始めます。

一方グンファは、テジンとの関係をさらに少しずつ深めていっていますが、ドヒョンからも引き続き猛プッシュされていました。

グンファは、ドヒョンにやめてほしいとはっきり言い、さすがのドヒョンも言葉を失います。

『ムグンファの花が咲きました』 第38話あらすじ

サンチョルは、ギョンアが出て行ったことをヨンシルへ抗議しますが、聞き入れてもらえません。

ギョンアも落ち込みますが、ジュヨンが支えています。

ヒジンは、先日の不審な電話が母親からだったと気付き悲しみました。

ソンヒも子供たちを思い涙します。

一方、テジンとグンファは着実にお互いの気持ちを確かめ合っていました。

『ムグンファの花が咲きました』 第39話あらすじ

グンファとテジンが一緒にいるところへドヒョンが来ますが、テジンはグンファの手を掴み連れ去ります。

そしてテジンは一生懸命自分の気持ちをグンファへ伝えていました。

一方ギョンアは、過去の自分の過ちについてソノクへ謝りに行きますが、またケンカになってしまいます。

そして騒ぎを耳にしたサンチョルが駆けつけるのでした。

そんな中、スヒョクはボラを避けるようになります…。

『ムグンファの花が咲きました』 第40話あらすじ

ソンヒはサンチョルを見掛け隠れました。

デガプもヒジンのことまで分かりますが、知らないふりを通しています。

テジンはウリとも遊ぶ時間を持ち、関係は良好ですが…。

一方、スヒョクとボラの関係はどんどん悪くなっており、友達でもいられないという状況です。

そんな様子をグンファは見掛けます。

『ムグンファの花が咲きました』 第36話&第37話&第38話&第39話&第40話の感想

ソンヒがテジン姉弟の実母だったのですね。

サンチョルまで近くにいるなんて…世間は狭すぎます。

そして、今回はいわゆる胸キュンポイントというところがあって楽しめました。
そっとグンファを抱きしめて告白しちゃうテジンが素敵すぎる!

手を掴んでドヒョンの前からグンファを連れ去るところも良かったですね。

[スポンサーリンク]

関連記事


サブコンテンツ

このページの先頭へ