『客主』~商売の神~の概要・あらすじ

この記事の所要時間: 218

客主~商売の神~の原作は、韓国でも名高い小説家キム・ジュヨンの歴史小説で、1983年にドラマ化。そのリメイク版がこの作品です。時は19世紀末の朝鮮王朝時代。波乱万丈の人生を送ってきた主人公チョン・ボンサムが、家族との別れ・対立・ロマンスを経験しながら、商売の神へと昇りつめていくドラマです。

この記事の所要時間: 218

主演:チャン・ヒョク

原題:客主~商売の神~

制作:2015-2016年 韓国KBS

放送:2015年9月23日~

日本放送:2016年12月29日~ チャンネル銀河

日本放送:2017年4月4日~ テレビ東京

[スポンサーリンク]

 

話数:全41話

視聴率

「最高視聴率13.0%(第19話)via AGBニールセン調査」

平均視聴率10.59%を記録。

演出:キム・ジョンソン

脚本は、チョン・ソンヒ、イ・ハンホ

主なキャスト

チャン・ヒョク(チョン・ボンサム役)、ユ・オソン(キル・ソゲ役)、キム・ミンジョン(ケトン(メウォル)役)、ハン・チェア(チョ・ソリン役)、パク・ウネ(チョン・ソレ(ソホン)役)等。

客主~商売の神~の概要

s_korean_chogoriこのドラマの原作は、韓国でも名高い小説家キム・ジュヨンの歴史小説で、1983年にドラマ化。そのリメイク版がこの作品です。

時は19世紀末の朝鮮王朝時代。
波乱万丈の人生を送ってきた主人公チョン・ボンサムが、家族との別れ・対立・ロマンスを経験しながら、商売の神へと昇りつめていくドラマです。


客主~商売の神~のあらすじ

チョン・ボンサムの父、チョン・オス率いる行商団(チョン家客主)は、漢陽・清と取引をするくらい大規模商団でした。
しかし、両替客主のキム・ハクチュンの陰謀に巻き込まれ、命を落とします。
ボンサムは姉ソレとも生き別れとなったのでした。

天涯孤独となったボンサムでしたが、師ソンジュンに商売を教わり商売人として歩きだします。

一方、ボンサムと幼馴染みだったキル・ソゲも商人を目指していましたが、突然ボンサムの前に立ちはだかりました。
その訳とは・・・。

数年後に現れたソレとの再会、出会った二人の女性(ソリンメウォル)、3人の甘く切ないロマンスも見逃せません。

見どころ

歴史ドラマ『推奴(チュノ)』で賞を総なめし、今では「時代劇ドラマといえばチャン・ヒョク」と言われるまで昇りつめた俳優チャン・ヒョクの演技が見どころです。

ボンサムは、波乱万丈の人生を歩みますが、どんな時でも芯がしっかりしている男性です。
そんな彼の内面まで見事に演じ切りました。

また共演するのは韓国を代表する実力派俳優たち、名演技にくぎ付け間違いなしです。

この作品は2015年KBS演技大賞3冠を獲得しました。

『推奴(チュノ)』のあらすじ

ドラマを盛り上げる名脇役たち

この他、『輝いたり狂ったり』でワン・シンニョムを演じたイ・ドクファ、『悲しみよ、さようなら』に出演のキム・イル、『広開土太王』出演のイ・ウォンバル、『武神』のイ・ダリョンら多彩な俳優が登場し、ドラマを盛り上げてくれます。

『輝いたり狂ったり』のあらすじ

『悲しみよ、さようなら』のあらすじ

『広開土太王』のあらすじ

『武神』のあらすじ

[スポンサーリンク]

関連記事

花郎-ファラン-あらすじ第5話&第6話と感想... 韓国ドラマ『花郎』第5話&第6話のポイントは、花郎の任命式が無事終わったものの前途多難な共同生活の始まりが語られることです。 また、ソヌが心配で花郎の医者となったアロと、ジディの関係がどうなるのかも気になります。...
花郎-ファラン-あらすじ第9話&第10話と感想... 韓国ドラマ『花郎』第9話&第10話のポイントを紹介。ソヌがアロの兄ではない事がわかってしまいます。ソヌから真実を聞いたアロは走ってその場を立ち去るのでした。いっぽう花郎達の公演への準備が進む中、何者かによって楽器が無茶苦茶に壊される事件が起こります!...
女人天下の第36話~第40話まとめ... 韓国時代劇ドラマ『女人天下』第36~40話のあらすじです。 ナンジョンの先見の明に助けられた王妃でしたが、敬嬪との同盟は聞き入れません。 そんな中、王命がくだり、チョ・グァンジョを捕らわれます。王妃が生き残るための策を提案するも、王妃は頑なに拒否するのです...
『客主』~商売の神~あらすじ 22.23話 感想... 『客主』~商売の神~22.23話、ボンサムはプンドゥリョンを越えて、物を運送する仕事を請け負い見事やり遂げました。その事で商人たちから支援されるようになり、ボンサムを次の都接長選挙に出馬させようとしたのです。初めは出馬する気ではなかったボンサムでしたが、自分を指示してくれる人達に答えようと出馬を決意...
『客主』~商売の神~あらすじ 40.41(最終)話 感想... 『客主』~商売の神~40.41(最終)話、ついに最終回。はたしてボンサムの波乱万丈の人生は続くのでしょうか?また、ボンサムとメウォルの関係はどうなるのでしょうか?...
『客主』~商売の神~あらすじ 28.29話 感想... 『客主』~商売の神~28.29話、やっと再会できたボンサムとソリンは幸せに暮らしていましたが、嫉妬するメウォルがいました。ある日、ボンサムの職場を訪れたメウォルは、ボンサムとソリンの子どもを抱きあげ、自分とボンサムの子どもであってほしかったと言い、ソリンを怒らせたのです。...
チャン・ヨンシル第5話と第6話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第5話と第6話のあらすじを紹介しています。漢陽(ハニャン)では天文石刻に関する怪文書が出回ったことで混乱していました。そんな中、書雲観の官員が謎の死を遂げます。...
「アラン使道伝」のあらすじ~16話から20話~... 韓国時代劇ドラマ『アラン使道伝』第16話~第20話のあらすじです。 記憶が蘇っていくアランは、玉皇上帝の意思によるもんだと告げるのです。 そして、ウノの母の体を取り返す方法は、自らの体を差し出すものだと知る事に。紅蓮の元へ向かうアランを救おうと、ジュワルがかけつけます。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第19話・第20話... 「懲毖録」第19話・第20話のあらすじです。ついに朝鮮軍は日本軍の策に嵌り、大敗します。そこで、柳成龍は明の武将イム・セロクに援軍を要請しますが・・・。今回は手に汗を握る戦いの様子が見事に描かれています。日本軍と朝鮮軍の知恵比べが見どころの一つ。...
チャン・ヨンシル第23話と第24話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第23話と第24話のあらすじを紹介しています。第23話、第24話では天才的な才能を発揮し続けるヨンシルに脅威を感じた官僚たちが考えられない行動を起こします。セジョンを始めヨンシルを救おうとする人々の行動にも胸を打たれるエピソードです。...
『客主』~商売の神~あらすじ 18.19話 感想... 『客主』~商売の神~18.19話、ソンジュンからソレが姉だと聞かされたボンサムは、複雑な想いでした。しかし、実際ソレと会ったボンサムは喜びで号泣したのです。やっと再会を果たした二人でしたが、危機が迫ろうとしていました。それは二人を抹殺しようとソゲが官軍に知られたからです。...
花郎-ファラン-あらすじ第19話&第20(最終)話と感想... 韓国ドラマ『花郎』第19話&第20(最終)話のポイントを紹介。花郎たちの間でジディが真興王であるという噂が広がります。一方、ソヌはフィギョンから自分が聖骨であると聞き仙門を去ったウィファの元へ。果たして王の座は誰がてにするのか?...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第17話・第18話... 「懲毖録」第17話・第18話のあらすじです。ついに李舜臣が勝利した事によって日本軍の勢いが弱まり、激怒した秀吉は「李舜臣の首をとれ」と部下に命令します。その頃逃げ回っていた宣祖もまたとんでもない命令を下したのでした。...
根の深い木あらすじ第8話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第8話のあらすじです。 仮面の男と、チェユンが対決します。ムヒュルが兵士を率いてやって来ると、仮面の男は姿を消すのでした。チャン・ソンスの遺体と一緒に文書が見つかります。その文章は、ョン・ドジョンが残した言葉だったのです。...
『客主』~商売の神~あらすじ 36.37話 感想... 『客主』~商売の神~36.37話、ソゲらの行き過ぎた取引のせいで、兵士達は生活が苦しくなっていました。その事が原因で壬午事変が発生します。そうした中、問題の根本原因を作ったソゲは兵士に捕まりました。しかしソゲはボンサムを前にして、謝るどころか暴言を吐いたのです。...
チャン・ヨンシル第19話と第20話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第19話と第20話のあらすじを紹介しています。第19話、第20話では天体観測の新しい方法を探していたチャン・ヨンシルが日本式の観測法を取り入れることにチャレンジ。しかし、ヒジェの妨害工作に遭い新しい試みが失敗してしまうエピソードが語られます。...
チャン・ヨンシル第13話と第14話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第13話と第14話のあらすじを紹介しています。13話と14話では、着実に実績を積み上げていくチャン・ヨンシルのひたむきな姿と、彼の成功を妬み妨害工作をたくらむ者たちとの相克が対照的に描かれます。...
根の深い木あらすじ第23話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第23話のあらすじです。 殺害された浮浪者に生き残った者がいました。その浮浪者から、ソイの行先を聞き森の中を捜すチェユン。一方、イ・ドは文字の公布を行うための計画を実行するのでした。...
女人天下の第16話~第20話まとめ... 韓国時代劇ドラマ『女人天下』第16~20話のあらすじです。 宮廷では権力闘争が続く中、ナンジョンの母親が記憶喪失に。 チョン・ユンギョムが都に戻ると、ナンジョンが再びキーセンになりたいと聞き激怒します。 しかし、ナイジョンの意志が固く絶縁状態になるのでした。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第21話・第22話... 「懲毖録」第21話・第22話のあらすじです。相変わらず臣下達と意見の合わない宣祖。宣祖は明の皇帝に宣祖の明行きを願い出ましたが、明から与えられたのは女性貴族が用いるクァンジョンボの空の官衙でした。つまり皇帝は、宣祖に来るなと暗に言っているのです。。...
インス大妃第1話のあらすじと感想 『インス大妃』第1話あらすじ。時は・・・文宗1年(1450年)。第5代文宗が病弱に加え、世子も幼い為に、実権を握っていた文宗の弟スヤン大君とキム・ジョンソ。そして王妃の椅子に座って、密かに王妃になると誓った女性がいたのでした…。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第13話・第14話... 「懲毖録」第13話・第14話のあらすじです。柳成龍が備えるべきだと警鐘を鳴らし続けていた豊臣秀吉による壬辰倭乱(朝鮮出兵)が始まります。快進撃を続け漢陽へ迫る倭軍の脅威にどう立ち向かうのでしょうか?...
チャン・ヨンシルのあらすじ第3話と第4話の感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第3話&4話のあらすじと感想を紹介しています。チャン・ヨンシルは明国へ向かう船に乗るため、観測装置ホンサンの製作に没頭します。父ソンフィから水で動く水運儀象台の話を聞き興味を持つヨンシルでした。...
チャン・ヨンシル第15話と第16話のあらすじと感想... 韓国歴史ドラマ「チャン・ヨンシル」の第15話と第16話のあらすじを紹介しています。第15話、16話ではヒジェとハクチュ達に観測所を破壊され貴重な技術と多くの仲間の命を失ったヨンシルが田舎の村で傷心の日々を送るなか「村時計」という発明を実現させ復活の兆しを見せるエピソードが語られます。...
根の深い木あらすじ第10話 韓国時代劇ドラマ『根の深い木』第10話のあらすじです。 連続殺人事件の犯人が分かるのでした。チェユンは、カリオンの家の近くで怪しい人物を目撃した事を聞きました。この人物は、チョ・マルセンだったのです。チェユンは事件を洗い直すのでした。...
花郎-ファラン-あらすじ第13話&第14話と感想... 韓国ドラマ『花郎』第13話&第14話のポイントを紹介。百済から挑発する手紙が届き、戦争するかスンミョン王女を送って和睦するか迫られた只召。只召は百済行きを選び、スンミョン王女一行は百済へ行く事になったのです!百済についた一行は百済太子に会い、太子は王を名乗りでなければ、民を順番に殺めると・・・。...
『客主』~商売の神~あらすじ 20.21話 感想... 『客主』~商売の神~20.21話、自分がボンサムに相応しくないと悩んでいたソリンは、ついにボンサムをメウォムに頼みます。しかしすぐに気持ちに変化があり、諦められなかったのでした。もちろん納得のいかないメウォルは、ボンサムに再び気持ちを伝えますが、ボンサムはきっぱり断ります。...
「懲毖録」(チンビロク)あらすじと感想 第5話・第6話... 「懲毖録」あらすじ第5話・第6話をご紹介しています。内容はネタバレを含みますので、読まれる方はご注意ください。今回は、宣祖の世子(王位継承者)冊立を巡る党派の駆け引きと、日本から戻った通信使(外交使節)の報告が語られます。...
『客主』~商売の神~あらすじ 38.39話 感想... 『客主』~商売の神~38.39話、ボンサムはメウォルが自分と同じ様な経験をしているので、複雑な気持ちになっていました。そしてついにボンサムはメウォルを抱きしめたのです。それだけではなく、一緒に暮らし始めたのでした。しかしそんなある日、ボンサムがソリンの墓参りへ行ったときに・・・。...


サブコンテンツ

このページの先頭へ