新韓国時代劇ドラマ『大君』とは、キャストやあらすじに迫る

この記事の所要時間: 413

『大君』は、チニャン大君を主人公とした韓国時代劇。…2018年に放送されるとの事なので、ドラマのキャストやあらすじなどを追ってみました。チュ・サンウクとがユン・シユンがダブル主演、チン・セヨンがヒロイン役を演じ放送は3月3日から開始されましたが、日本での放送は7月から始まるとの事です。

この記事の所要時間: 413

『大君-愛を描く-』は、ウンソン大君(イ・フィ、演ユン・シユン)、チニャン大君(イ・ガン、演チュ・サンウク)、ヒロインのソン・ジャヒョン(演チン・セヨン)を主人公とした韓国時代劇。…2018年3月3日から放送されるとの事なので、ドラマのキャストやあらすじなどを追ってみました。
放送は3月3日から開始(毎週土日)、全部で20話の構成となっています。日本での初放送は2018年7月からとなっています。

韓国歴史ドラマ『大君-愛を描く』日本初放送決定!!

チニャン大君は、後に第7代国王の世祖(セジョ)となるスヤン大君(首陽大君)のことです。

キャストは、ユン・シユンチュ・サンウクがダブル主演、チン・セヨンがヒロイン役を演じる事になっています。

チュ・サンウクは世宗の次男チニャン大君(後のスヤン大君、イ・ガン)を演じます。

ユン・シユンは三男のウンソン大君(悲劇の王子イ・フィ)役に…

一方チン・セヨンは、名門の令嬢で朝鮮一の美人と呼び声も高い娘ソン・ジャヒョン役に、チニャン大君とその弟の二人の王子から同時に愛される女性を演じることに。

大君 あらすじ各話の一覧はこちら

photo by TV朝鮮

[スポンサーリンク]

 

韓国時代劇『大君』とはどんなドラマ?

チュ・サンウク演じるチニャン大君は、王世子(ワンセジャ=皇太子)のイ・ヒャン、八方美人で何でもこなしてしまう弟のウンソン大君(安平大君がモデル?)の間に挟まれ微妙な立場にいる若者。

チニャンは偉大な祖父イ・バンウォン(李成桂の5男で第3代国王の太宗)に憧れ、次期国王を狙う野心家。

皆が認める王に相応しい人物として、徹底的なイメージ作りに努力しています。

特に、自分が愛するソン・ジャヒョンと言う美しい娘を巡って、弟のウンソン大君に激しいライバル心を抱いていました。

そんな中、恋の三角関係は残酷な事件に発展していくという物語のようです。

史実から見たチニャン大君(スヤン大君)

スヤン大君は、兄の文宗(イ・ヒャン)が幼くして王世子となったため日陰の存在でした。

努力家で野心家、また王としての資質にも恵まれていた彼には苦難の日々であったでしょう。

文宗が崩御した後、文宗の息子端宗(タンジョン)が王に即位すると政敵キム・ジョンソや安平大君と激しく対立、韓国史に名高い「癸酉靖難」(ケユジョンナン)で政敵を排除します。

この後、端宗を廃したスヤン大君は、自ら王位へと上り詰めるのです。

ドラマに登場するウンソン大君(イ・フィ、世宗の3男)は、恐らく史実の安平大君(アンピョンテグン)がモデルかと考えられます。

世祖(セジョ、スヤンテグン)は、崇拝する祖父の太宗(テジョン、イ・バンウォン)が作り上げた朝鮮の強力な王権を維持するため、官制の改革、法制や軍制の充実に努め、朝鮮王朝の根幹となる法典「経国大典」の編纂を行った人物として知られています。

首陽大君(スヤンテグン=のちの世祖)は、ドラマ「王女の男」の中では、血も涙もない冷酷な人物として描かれていますが、実際は英邁な王だったようで父の太宗(イ・バンウォン)の後を継ぎ朝鮮の基盤を固めた賢君としても語り継がれています。

主なキャスト

チニャン大君(後のスヤン大君、イ・ガン)役にはチュ・サンウク(『グッド・ドクター』)がキャスティング、ヒロインのソン・ジャヒョン役にはチン・セヨン(『オクニョ~運命の女~』、原題:獄中花)が、また女優リュ・ヒョヨンがソン・ジャヒョンの恋のライバル、ユン・ナギョム役に採用されています。

ユン(伊)という名字から、首陽大君の正室・貞熹王后 尹氏(チョンヒワンフ・ユンシ)のことでしょうか?

チン・セヨン演じるソン・ジャヒョンは名家の令嬢、朝鮮一の美女と評判の娘です。たおやかな外見とは違い、曲がったことが大嫌いで正義感が強く、炎のような情熱を内に秘めた女性。

この他、ユン・シユンは三男のイ・フィ(ウンソン大君)にキャスティングされています。

キャストの詳細はこちらの記事でまとめています。

脚本・演出

韓国時代劇「大君」の脚本は「イニョプの道」のチョ・ヒョンジョン、演出は「王女の男」「朝鮮ガンマン」のキム・ジョンミンプロデューサー。

韓国で2018年3月に放送される予定だという事ですが、ストーリーは別途記事でご紹介したいと思います。

どんな時代劇になるのでしょうか?

楽しみです!

大君 あらすじ、キャスト、概要記事の一覧はこちら

チニャン大君(スヤン大君)が登場するドラマ

[スポンサーリンク]

関連記事

大君-愛を描く-あらすじ第15話&第16話と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第15話、第16話のあらすじと感想を紹介しています。死んだはずのフィと再会したジャヒョン。これからは強く生きようと決意するのです。一方、ガンを倒そうとするフィはヤンアン大君を標的にする事に!...
大君-愛を描く-あらすじ第3話&第4話と感想... 「大君-愛を描く-」第3話、第4話のあらすじと感想を紹介しています。自分の控室に隠れていたジャヒョンを見つけたイ・フィは彼女が下女の姿をしているのに気が付き自分の部屋に侵入した間者かと訝るのでした。身分証明を見せろといわれたジャヒョンですが......
大君-愛を描く-あらすじ第5話&第6話と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第5話、第6話のあらすじと感想を紹介しています。やっと恋人同士になれたフィとジャヒョンに波乱の結末が待っていました!なんとフィが国境に侵入した女真族の討伐軍の総大将として出陣する事になってしまうのです!!...
大君-愛を描く-あらすじ第11話&第12話と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第11話、第12話のあらすじと感想を紹介しています。チンヤン大君(イ・ガン)の謀略で謀反人の濡れ衣を着せられたウンソン大君(イ・フィ)が絶体絶命の危機に!再び離れ離れとなったフィとジャヒョンの運命はどうなるのでしょうか?...
『大君』(テグン)愛を描く-視聴率、概要・あらすじ... 韓国時代劇『大君(テグン)-愛を描く-』の概要やあらすじ、キャスト、みどころを紹介しています。李氏朝鮮時代に起こった実際の事件をもとに王権を巡る二人の王子の争いと美しい両班の娘との恋の三角関係を描いた作品です。...
大君-愛を描く-あらすじ第13話&第14話と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第13話、第14話のあらすじと感想を紹介しています。矢も楯もたまらず流刑先のフィに会いに行ったジャヒョンはフィの死を知り絶望する事に!尼寺へ送られることになったジャヒョンに驚くべき事が起こるのですが、それは一体!!...
大君-愛を描く-あらすじ第19話&第20話(最終回)と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第19話、第20話(最終回)のあらすじと感想を紹介しています。ついにドラマのフィナーレを迎える今回は意外な展開が待っていました。ルシケの死、そして意外な人物が命を落とすことになります!ドラマの最後に待っていたどんでん返しとは!?...
大君-愛を描く-あらすじ第1話&第2話と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第1話、第2話のあらすじと感想を紹介しています。イ・フィ(ユン・シユン)とイ・ガン(チュ・サンウク)の二人の王子が争う事になる序章的なエピソード及びフィとジャヒョン(チン・セヨン)の運命の出会いが語られます。...
大君-愛を描く-あらすじ第7話&第8話と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第7話、第8話のあらすじと感想を紹介しています。世子に任命されたイ・フィ(ウンソン大君)は女真族討伐のため北方の戦場へ出陣しますが、ヤンアン大君の陰謀で女真族に捕えられてしまいます!...
大君-愛を描く-あらすじ第9話&第10話と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第9話、第10話のあらすじと感想を紹介しています。女真族の捕虜から脱出し都へ戻って来たイ・フィが大妃やジャヒョンとの再会を喜んでいたころ、兄のイ・ガンが王座奪回の野望を張り巡らせます。そしてついに決行の日がやって来ることに!...
大君-愛を描く-あらすじ第17話&第18話と感想... 韓国時代劇「大君-愛を描く-」第17話、第18話のあらすじと感想を紹介しています。尼寺へジャヒョンを訪ねてきた母竹山安氏と兄のドゥクシクは久々の再会を喜び、死んだはずのイ・フィの姿に驚愕します。一方ヤンアン大君に死が与えられ孤立を深めるイ・ガンの姿が。...
『大君』~テグン~主な登場人物/キャスト/人物相関図... 韓国時代劇ドラマ『大君-愛を描く-』の登場人物とキャストを紹介しています。『大君-愛を描く-』は朝鮮王朝初期を時代背景に王権を巡る二人の王子の争いと美しい両班の娘との恋の三角関係を描いた作品です。主演ユン・シユン、チュ・サンウク、チン・セヨン。...


サブコンテンツ

このページの先頭へ