スポンサーリンク
この記事の所要時間: 40

Queen-for-7-days

韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第11話&第12話です。

密旨の在処を知るソノの父親が都承旨の罠に嵌まり捕まってしまいます。

息子の事で脅かされた挙句、「女子の体に刻まれている」と白状してしまった父親は殺害されてしまう事に!

そんな頃、チェギョンは晋城大君の謀反の証拠を見つけてしまうのですが!!

poster photo by KBS2

韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第11話

燕山君(イ・ドンゴン)は、チェギョン(パク・ミニョン)に間者になれと言います。

晋城大君(ヨン・ウジン)を殺さなくてはならない瞬間がくるかもしれないと、燕山君はチェギョンに短刀を渡しますが、チェギョンは受け取りません。

チェギョンは晋城大君を信じています。

一方、晋城大君はチェギョンを守るため、チェギョンをとことん騙すことを心に誓います。

燕山君は、婚姻のお祝いとして、監視役だらけの邸宅を二人に贈り、チェギョンにも毎日晋城大君について報告しろと言うのでした。

婚姻当日、婚礼が終わったらソノに贈り物があると晋城大君は言いますが、それはソノの父親を匿っていることでした。

人物相関図

都承旨の罠

queen-for-seven-days-ep09

photo by imdb.com

そうとは知らないミョンヘは、都承旨の罠に掛かり、ソノの父親を匿いに行ってしまいます。

典堂包へ入った情報により、ミョンヘが罠に掛かかった事を知った晋城大君は、すぐさま助けに向かいます。

そこで晋城大君、燕山君がお互いに矢で傷を受けますが、婚礼へと急ぎます。

燕山君から短刀が届き、遅れてきた晋城大君をチェギョンは不安に思うのでした。

信じたいのに、晋城大君の腕からは血が流れているのです。

韓国ドラマ『七日の王妃』あらすじ 第12話

燕山君も矢の傷を堪え婚礼の席にいました。

ソノは父親と再会しますが、父親はまた手紙を置いて去ります。

途中、父親は都承旨(トスンジ)の手下の捕らえられてしまうことに。

晋城大君は、ソノと父親が心配で、婚礼を済ませると、またすぐに出掛けてしまいます。

ソノの無事を確認し帰宅しますが、チェギョンはもちろん怒っています。

それでも燕山君が持ってきた薬で、晋城大君の傷の手当てをしてあげるのでした。

大妃に体が整うまで床入りを止められていますが、晋城大君は何もしないからと二人は初夜を一緒の部屋で過ごします。

朝鮮王朝の官職豆知識

都承旨(トスンジ)とは、王の勅命を伝達をしたり王への報告等を行う承旨(スンジ、正三品)と呼ばれる官職のトップです。
「これより王命を伝える。謹んで王命に従え!」とドラマの中で伝達を行う官吏ですネ。
承旨の所属は承政院(スジョンウォン)で、都承旨(トスンジ)、左承旨(チャスンジ)、右承旨(ウスンジ)、左副承旨(チャブスンジ)、右副承旨(ウブスンジ)、同副承旨(トンブスンジ)の6つの官職がありました。
ちなみにドラマ『イ・サン』でサンの右腕だった ホン・グギョン(洪国栄)も都承旨を拝命した事で知られています。(イ・サン

父親の死

queen-for-seven-days-ep12

photo by imdb.com

一方捕らえられたソノの父は、燕山君に拷問されています。

息子のことで脅されると密旨について口を開き『女子の体に刻まれている』と白状します。

そして燕山君にとどめを刺され殺されてしまうのでした。

その頃、燕山君から典堂包を調べるよう命じられたチェギョンは、みんなを酔わせ詮索します。

信じているのに何をやっているのかと悲しんでいたところを晋城大君は見ており、チェギョンを抱きしめました。

その日は一緒に寝ようと思いましたが、ソノの父親の遺体が届き、晋城大君はまた出掛けてしまいます。

朝になっても帰らない晋城大君を心配し、典堂包へ向かったチェギョンは、そこで謀反の証拠を見つけてしまうのでした!

韓国ドラマ『七日の王妃』感想 11話・12話

チェギョンの心情と同じように、なんだかすっきりした気持ちでは見れません。

チェギョンと晋城大君は、本当にお互いを愛し合っていて、恋愛シーンはとっても楽しく見ているのに。

ちょっとラブコメ風で笑ってしまうとこも多々あります。

ヨン・ウジンは、かっこよくて、良い身体してるだけではないのですね。

お茶目な一面もかわいいです。

密旨の場所がチェギョンの体に刻まれているなんて!

やっぱり関わってはいけない子だったようです。

ますます複雑に絡まってきてしまい、この先が気になります。

 

韓国ドラマ 7日の王妃 人物相関図

qf7-relation

photo by knda.tv

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第5話&第6話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第5話&第6話です。死んだと言われた晋城大君は、親友のソノと行動を共にしていました。そして密かに都へ戻った晋城大君は自分の法事の場所へ現れるのです。その後、偶然彼に出会ったチェギョンは…...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第7話&第8話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第7話&第8話です。晋城大君をチェギョンが問い詰めていた頃、追手に見つかりチェギョンだけが捕まってしまいます。一人で罪を被ろうとするチェギョンですが燕山君は何もできません。そんな時突然晋城大君が姿を現わします!...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第9話&第10話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第9話&第10話です。晋城大君の頼みで燕山君がチェギョンを赦免します。燕山君は晋城大君の無事を喜びますが、その後チェギョンとの婚姻を巡ってそれぞれの思いが交錯して行くことに。ついにチェギョンを巡るバトルが始まるのでした!...
韓国歴史ドラマ「7日の王妃」チマ岩の伝説~中宗と端敬王后の悲恋~... 韓国歴史ドラマ 7日の王妃、端敬王后(タンギョンワンフ)にまつわる「チマ岩の伝説」は、お互いに愛し合っていたにもかかわらず、派閥抗争に巻き込まれ無理やり別れさせられてしまった悲運の夫婦、中宗(チュンジョン)と端敬王后の悲恋を物語る伝説です。...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第19話&第20話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第19話&第20話(最終回)です。実権を握った晋城大君(中宗)はすれ違いを乗り越えてチェギョンを王妃(中殿)にします。しかし、陰謀に巻き込まれたチェギョンは廃妃となり宮殿を出て行くことに。それから38年の月日が流れます。...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第3話&第4話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第3話&第4話。晋城大君とチェギョンの間に恋心が芽生えてきていました。晋城大君がチェギョンにプロポーズした頃、ある事件がもとで二人は別れ別れに。そしてチェギョンは晋城大君が命を落としたとの噂を聞くのですが…...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第13話&第14話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第13話&第14話です。密旨の手がかりがチェギョンの入れ墨にあると気が付いた燕山君は、それを確かめようとします。チェギョンの危機を知った晋城大君が密旨を持って現れ、その内容が明らかに!...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第17話&第18話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第17話&第18話です。燕山君の暴君ぶりは止まらず晋城大君とチェギョンは捕まり、晋城大君は断筋刑を言い渡されてしまいます。こうして反乱の兆しが出てきますが、いよいよ晋城大君が王座を狙いクーデターに動くのでした。...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第15話&第16話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第15話&第16話です。晋城大君とチェギョンがようやく結ばれたころ、燕山君は常軌を外れた行動を取るようになっていました。重臣達はおろか民衆まで次々と処刑してしまいます!そんな中、友であるソノはある行動を起こすのですが...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第1話&第2話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第1話&第2話。1506年、廃妃シン氏の刑が執行されます。たった7日間だけ王妃の座につき、そのあと廃妃され処刑された悲運の女性「シン・チェギョン」は、二人の王「燕山君」と「中宗」に愛されながら熾烈な王権争いに巻き込まれて行きます。...
[スポンサーリンク]