スポンサーリンク
この記事の所要時間: 341

Queen-for-7-days

韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第15話&第16話です。

晋城大君とチェギョンがようやく結ばれたころ、燕山君は常軌を外れた行動を取るようになっていました。

重臣達はおろか民衆まで次々と処刑してしまいます!

そんな中、友であるソノはある行動を起こすのですが…

poster photo by KBS2

韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第15話

監視役だらけの家には帰りたくないと、晋城大君(ヨン・ウジン)は、大人になってから初めて会った酒幕へとチェギョン(パク・ミニョン)を連れて行きます。

晋城大君の胸元には、以前用意していたチェギョンへの贈り物がありました。

それをチェギョンに見つかり渡します。

中には思い出の小豆と指輪が入っていました。

小豆を投げようとしたチェギョンを晋城大君は押し倒し、ようやく二人は心身ともに結ばれるのでした。

燕山君の狂気

queen-for-seven-days-ep15

photo by imdb.com

一方、燕山君(イ・ドンゴン)は、先王の密旨や、チェギョンを失ったことから、お酒に溺れ、常軌を逸しています。

都を離れる前に、整理することもあり、晋城大君は典堂包へ行きますが、タニシ団の仲間たちは怒っています。

晋城大君はこんな状況になったが、自分は幸せで申し訳ないと詫びるのでした。

チェギョンは燕山君に呼ばれ、落郷教書を貰うと同時に、父である左議政がタニシ団討伐に行ったことを聞かされます。

※ 落郷教書とは、都から離れて田舎に居を移すことを認める王の許しの事です。

都承旨に情報を流した副総監は、晋城大君はだけ逃がすようミョンヘに命じますが、晋城大君は気付くことに。

晋城大君は仲間を逃がし、左議政は晋城大君を逃がし、自分が捕まります。

韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第16話

左議政は捕まりますが、晋城大君の機転で、とりあえずその場は切り抜けます。

燕山君は、どんどんおかしくなっており、廃妃にされ殺された母ユン氏の復権へと動くのでした。

ちょっと脱線してしまいますが、燕山君の母ユン氏とは「斉献王后」(チェホン・ワンフ)の事で、燕山君の生母にあたります。

嫉妬深い性格だったと伝えられ、王(成宗)の顔をひっかいてしまうという事件を起こして王の逆鱗に触れた王妃は廃妃され、やがて毒死する事になるのです。

このあたりのエピソードは、韓国時代劇『宮廷女官チャングムの誓い』の第1話でも紹介されています。(チャングムの誓い、第1話 「二人目の女」

晋城大君とはチェギョンは、仲睦まじくコチャンへと二人は向かいますが、途中、晋城大君は、都の様子を聞いてしまいます。

頭が出てくるまで、タニシ団からお米を貰った民たちを次々に殺すというものでした。

ソノの死

queen-for-seven-days-ep16

photo by imdb.com

そんな時、晋城大君は荷物の中から、友であるソノ、チョ、ペクからの婚姻祝いと手紙を見つけます。

気になって仕方ない様子をチェギョンは悟り、都へ戻らぬよう説得しますが結局は折れてしまいます。

チェギョンは様子だけ見て帰ってこようと自分も行くことにしました。

その頃、民が次々と処刑されることに耐えられないソノは、自分が頭だと出頭します。

燕山君を殺すことにも失敗し、翌日処刑されてしまうのでした。

それを目にした晋城大君は、怒りが収まらず燕山君の元へ行きます。

燕山君は、「玉座などくれてやる」と晋城大君の持っていた刀を自分に刺してしまうのでした!

韓国ドラマ『七日の王妃』感想 15話・16話

燕山君の、もう玉座よりチェギョンが欲しくてたまらないといった気持ちがよく伝わってきます。

父親が、弟を王にしたいというのも、やはり傷つきますよね。

燕山君が可愛そうな気もきもしますが、晋城大君とチェギョンがやっと結ばれて嬉しい気持ちになりました。

なんとかうまくいきそうな気配になってきたのに…やっぱり晋城大君は堪えきれませんでしたね。

自分だけ良ければいいと思う人なわけがありません。

当然の行動だと思います。

燕山君の行動も不審だし、どうなってしまうのでしょう…。

 

韓国ドラマ 7日の王妃 人物相関図

qf7-relation

photo by knda.tv

スポンサーリンク

関連記事

韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第5話&第6話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第5話&第6話です。死んだと言われた晋城大君は、親友のソノと行動を共にしていました。そして密かに都へ戻った晋城大君は自分の法事の場所へ現れるのです。その後、偶然彼に出会ったチェギョンは…...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第1話&第2話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第1話&第2話。1506年、廃妃シン氏の刑が執行されます。たった7日間だけ王妃の座につき、そのあと廃妃され処刑された悲運の女性「シン・チェギョン」は、二人の王「燕山君」と「中宗」に愛されながら熾烈な王権争いに巻き込まれて行きます。...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第9話&第10話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第9話&第10話です。晋城大君の頼みで燕山君がチェギョンを赦免します。燕山君は晋城大君の無事を喜びますが、その後チェギョンとの婚姻を巡ってそれぞれの思いが交錯して行くことに。ついにチェギョンを巡るバトルが始まるのでした!...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第7話&第8話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第7話&第8話です。晋城大君をチェギョンが問い詰めていた頃、追手に見つかりチェギョンだけが捕まってしまいます。一人で罪を被ろうとするチェギョンですが燕山君は何もできません。そんな時突然晋城大君が姿を現わします!...
韓国歴史ドラマ「7日の王妃」チマ岩の伝説~中宗と端敬王后の悲恋~... 韓国歴史ドラマ 7日の王妃、端敬王后(タンギョンワンフ)にまつわる「チマ岩の伝説」は、お互いに愛し合っていたにもかかわらず、派閥抗争に巻き込まれ無理やり別れさせられてしまった悲運の夫婦、中宗(チュンジョン)と端敬王后の悲恋を物語る伝説です。...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第13話&第14話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第13話&第14話です。密旨の手がかりがチェギョンの入れ墨にあると気が付いた燕山君は、それを確かめようとします。チェギョンの危機を知った晋城大君が密旨を持って現れ、その内容が明らかに!...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第17話&第18話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第17話&第18話です。燕山君の暴君ぶりは止まらず晋城大君とチェギョンは捕まり、晋城大君は断筋刑を言い渡されてしまいます。こうして反乱の兆しが出てきますが、いよいよ晋城大君が王座を狙いクーデターに動くのでした。...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第19話&第20話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第19話&第20話(最終回)です。実権を握った晋城大君(中宗)はすれ違いを乗り越えてチェギョンを王妃(中殿)にします。しかし、陰謀に巻き込まれたチェギョンは廃妃となり宮殿を出て行くことに。それから38年の月日が流れます。...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第3話&第4話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第3話&第4話。晋城大君とチェギョンの間に恋心が芽生えてきていました。晋城大君がチェギョンにプロポーズした頃、ある事件がもとで二人は別れ別れに。そしてチェギョンは晋城大君が命を落としたとの噂を聞くのですが…...
韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第11話&第12話とみどころ、感想... 韓国ドラマ『七日の王妃』のあらすじ第11話&第12話です。密旨の在処を知るソノの父親が都承旨の罠に嵌まり捕まってしまいます。息子の事で脅かされた挙句、「女子の体に刻まれている」と白状してしまった父親は殺害されてしまう事に!...
[スポンサーリンク]