大君-愛を描く-あらすじ第15話&第16話と感想

この記事の所要時間: 39

韓国時代劇「大君-愛を描く-」第15話、第16話のあらすじと感想を紹介しています。死んだはずのフィと再会したジャヒョン。これからは強く生きようと決意するのです。一方、ガンを倒そうとするフィはヤンアン大君を標的にする事に!

この記事の所要時間: 39

テグン・ポスター

photo by tvchosun.com

韓国時代劇「大君-愛を描く-」第15話第16話のあらすじと感想を紹介しています。
死んだはずのフィと再会したジャヒョン…これからは強く生きようと決意するのです。
一方、ガンを倒そうとするフィはヤンアン大君を標的にする事に!

[スポンサーリンク]

 

大君-愛を描く-あらすじ第15話

尼寺での再会を果たしたフィとジャヒョンは固く抱き合います。

フィの死体は替え玉だった事、どうしてもジャヒョンに会うために都へ戻りたかったことなどをフィは語るのでした。

余りにも多くの事が起きすぎて混乱するジャヒョンは愛しいフィに会えたことも複雑な気持ちで捉えていました。

そんな二人の様子をじっと見つめるルシケ…

眠れぬ夜を過ごした後、ジャヒョンは尼寺の生活を始める事にし、その事をルシケに打ち明けるのでした。

陰謀の影

ルシケがジャヒョンに護身術を教える代わりに、ジャヒョンがルシケに文字を教える事になります。

慣れない作業に苦労するジャヒョンを気遣うフィですが、ジャヒョンは「これからは自分の道を歩きます」と答えます。

王宮では、イ・ガン(世祖)を朝鮮の正式な王として認めてもらうため明への嘆願書を提出しようとしていました。

朝鮮一の名文家であるジャヒョンの父ソン・オクにこの仕事をさせようとするヤンアン大君ですが、抵抗するソン・オクを娘ジャヒョンと息子ドゥクシクをネタに半ば脅して書状を書き上げさせるのでした。

一方でヤンアン大君は、先王の端宗を何とかしなければと画策します。

そんな頃、イ・ガンが毒を盛られるという事件が発生し、端宗が居所から追い出されてしまうのですが!

大君-愛を描く-あらすじ第16話

町の至る所に「簒位」と書かれた紙が貼りだされます。

現在の王、イ・ガンは先王で幼君だった端宗を追い出し、謀反的なやり方で王位を奪ったと書いてありました。

そうこうする内、食事中のガンに発疹が出ます!

またしても毒薬か!?と御医を呼びますが、食事の中の蟹漬けにアレルギー反応が出たのだろうという診察。

いままで一度も蟹にアレルギーが出た事はないと御医を叱りつけるガンは全ての事に疑心暗鬼となっていました。

連れ去られた端宗の小屋に刺客が迫る頃、イ・フィ、チェギョン、ルシケ、ギドゥクは密かに先王を救い出すために行動を開始していました。

見張りの兵を眠り薬入りのご馳走で眠らせた後、端宗を連れて逃げようとしますが、刺客たちと鉢合わせに!

ルシケとギドゥクが盾となり、フィたちは先王と共に逃走しますがジャヒョンはその場に残るのでした。

分断策

その後、仲間たちが追い付き幼い先王をジャヒョンと寝かせつけながら、フィは兄の文宗から「家族を守れ」と頼まれた事を思い出します。

フィたちはガンとヤンアン大君の仲を裂くことを計画。

ヤンアン大君が端宗を取り除くため、ガンの毒殺をでっち上げた事を突き止め、反逆罪で訴える事に!

そんな頃、イ・ガンの朝鮮国王就任祝いと称して女真族の使節が到着。

「昔の約束を守れ」と迫るのでした。

大君-愛を描く-第15話&第16話の感想

イ・フィは死んでしまったと思っているイ・ガンですが、何者かが自分の地位を脅かしている事に恐怖を覚えています。

疑心暗鬼となったガンは、一番の理解者だったヤンアン大君を斬り捨て増々孤独になって行くのでした。

自らが招いた結果ですが、子供のころから誰も信じられなかったガンの事が哀れにも思えます。

一方、ガンを倒そうとするフィたちの次の作戦は何なのでしょうか?

[スポンサーリンク]

関連記事


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ