韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』 概要とキャスト

この記事の所要時間: 535

韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』は2018年3月17日から放送開始、放送開始から話題となり、最高視聴率記録を更新し続けています。愛とは何か?に悩むすべての人に贈る家族愛・夫婦愛・兄弟愛が詰まった作品となっています。

[スポンサーリンク]

 

この記事の所要時間: 535

一緒に暮らしましょうか?は2018年3月17日から放送開始、放送開始から話題となり最高視聴率記録を更新し続けています。
愛とは何か?に悩むすべての人に贈る家族愛・夫婦愛・兄弟愛が詰まった作品となっています。

一緒に暮らしましょうか?

photo by KBS

原題:一緒に暮らしましょうか?

主演:ユ・ドングン

制作:2018年 韓国KBS

放送:2018年3月17日~

話数:全50話(予定)

最高視聴率:第31話34.2%(ニールセン・コリア)7月2日現在

演出:ユン・チャンボム「ソウル1945」

脚本:パク・ピルジュ「青い鳥の輪舞(ロンド)」

[スポンサーリンク]

 

『一緒に暮らしましょうか?』主なキャスト

主演はユン・ドングン(パク・ヒョソプ役)でその初恋相手にチャン・ミヒ(イ・ミヨン役)、その他ハン・ジヘ(パク・ユハ役)イ・サンウ(チョン・ウンテ役)が出演しています。

『一緒に暮らしましょうか?』の概要

「一緒に暮らしましょうか?」は2018年3月17日から放送開始となった作品です。

放送開始から話題となり、最高視聴率記録を更新し続けています。

卒婚・事実婚・子供を作らない夫婦・パラサイトシングルなど変化し続ける現代の家族の形や20代、30代、60代それぞれの恋の形を描いたヒューマンラブストーリー。

愛とは何か?に悩むすべての人に贈る家族愛・夫婦愛・兄弟愛が詰まった作品となっています。
 

『一緒に暮らしましょうか?』のあらすじ

男手一つで4姉弟を育てて来た靴職人の父パク・ヒョソプ(ユ・ドングン)は、なかなか会う事の出来ない孫チェ・ウンス(ソ・ヨヌ)の為に靴をプレゼントしようと、次女ユハ(ハン・ヘジ)の元を訪れるが会うことが出来ませんでした。

ユハは、父・母代わりの姉ソナ(パク・ソニョン)に孝行したくて女医になったものの、結婚したチェ・ソンウン(クァン・ドンジュ)の家族からは良く思われておらず、冷たくあしらわれており毎日苦しんでいます。

義家族は、娘ウンスが他の男の子供ではないかと、DNA検査までさせていたのでした。

ある日、ヒョソプの店がある商店街が投資家によって、買い上げられそうになっているという話が飛び込んできます。

その投資家イ・ミヨン(チャン・ミヒ)は、昔ヒョソプが駆け落ちしようとまでした初恋の相手でした。

子育てが一段落して、ミヨンと第二の人生を歩もうと考えるヒョソプに対して、成人しても親を頼りに自立しない子供達の反応とは?

『一緒に暮らしましょうか?』の見どころ

様々な恋愛模様が描かれているこの作品の中で、財閥に嫁いだヒョソプの次女ユハと、厄介者の独身貴族チョン・ウンテ(イ・サンウ)の恋愛がメインとなってきます。

その他に、社内恋愛をしている長女ソナと、マザコン年下男子ギョンス(カン・ソンウク)や、就活中の長男パク・ジェヒョン(ヨ・フェヒョン)と、暗い過去を持つお嬢様ヨン・ダヨン(パク・セワン)の恋の行方も描かれています。

更に、ヒョソプが初恋の相手ミヨンに再会した事で、これからの人生を共に過ごしていこうと考え始めた事から、家族全体がそれぞれの恋の行方に一喜一憂する事になります。

また、様々な愛の形についても注目したい作品で家族愛や兄弟愛、夫婦愛などそれぞれの思いが重なり合う温かいストーリーが展開されます。

ベテラン俳優の安定した演技と、新人俳優のフレッシュな演技の融合と、ヒョソプの36年前の恋人役にチェヨン(DIA)が出演した事にも注目です。

『一緒に暮らしましょうか?』の主なキャスト

パク・ヒョソプ役(ユ・ドングン)

ユ・ドングン

靴職人として、4人の子供達を男手一つで育てあげました。

誰にでも優しい性格で、仕事にも熱心です。

成人した子供達が、それぞれの問題を抱える中、若い頃に駆け落ちまで考えた初恋相手に出会った事で、残りの人生をその女性と幸せに過ごそうと考えます。

ユ・ドングンのプロフィールと出演ドラマ

パク・ユハ役(ハン・ジヘ)

ハン・ジヘ

親代わりに育ててくれた姉に孝行する為に、女医になりました。

結婚した相手の家族から、酷い仕打ちを受けており、夫に対しても不満を抱えていました。

我慢の限界を迎えたある日、夫に離婚を宣言し娘と共に実家へ戻ります。

ハン・ジヘのプロフィールと出演ドラマ

チョン・ウンテ役(イ・サンウ)

イ・サンウ

チャハン病院の医師です。

同僚達からは厄介者扱いされていますが、仕事第一に生きてきました。

患者からの評価はとても良いが、いつの間にか父親と同じ生き方をしている自分に気が付き、生涯独身を貫く決心をしています。

イ・サンウのプロフィールと出演ドラマ

イ・ミヨン役(チャン・ミヒ)

チャン・ミヒ

セレブなビルオーナーとして有名です。

自分が買い上げようとしていた商店街の中に、初恋相手ヒョソプの店がある事を知りました。

町で見かけたヒョソプに、最悪な形で再会しないように気を使っていましたが、地主への説明会で顔を合わせる事になります。

パク・ソナ役(パク・ソニョン)

パク・ソニョン

ヒョソプの長女、ファッション会社で課長を務めるキャリアウーマンです。

同じ会社に勤める年下男子と恋愛中でプロポーズされましたが、相手はかなりのマザコンでした。

父親の新しい恋愛を応援する気持ちになれません。

パク・ソニョンのプロフィールと出演ドラマ

パク・ジェヒョン役(ヨ・フェヒョン)

ヨ・フェヒョン

ヒョソプの末子長男で、双子の妹がいます。

ハンサムで、逞しい中にヒョソプに似たやさしさも持ち合わせています。

現在の韓国の青年に多くみられる自分のスペックと、評価の間で悩み、就職活動の失敗を繰り返す青年です。

チョン・ジニ役(キム・ミギョン)

キム・ミギョン

ウンテの姉で、ダヨンの母親です。

結婚しないと宣言する弟ウンテと、娘のダヨンの事が気になっており心配もしています。

ユハに心を寄せるウンハにお見合い話を勝手に進め、同僚にもばらしてしまうようなところもあります。

チェ・ムンシク役(キム・グォン)

キム・グォン

インテリア会社開発チームのチーム長で、ミヨンの息子です。

パワハラを主な仕事としていて、常に上から目線ですぐカッとなります。

自分勝手で単純なうえ、小心者でもあり母親ミヨンの前では、借りて来たネコのようです。

photos by AsianWiki

[スポンサーリンク]

関連記事

韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第13話&第14話のあらすじと感想... 韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第13話、第14話あらすじ。ヒョソプとミヨンの関係が、子供達にばれてしまいます。初めから配慮の無い態度のミヨンに、不満を感じるヒョソプに対し、ソナは母親の事を忘れてしまうのかと怒りました。...
韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第1話&第2話のあらすじと感想... 韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第1話、第2話のあらすじ。現代の変化し続ける家族の形や、20代~60代の恋模様と共に、家族愛・兄弟愛・夫婦愛を通じて、家族や夫婦の在り方を考えさせられるヒューマンラブストーリーの始まりです。...
韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第7話&第8話のあらすじと感想... 韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第7話、第8話のあらすじ。予想外の再会に戸惑うミヨンは、自分が商店街を買収しているとは言い出せないままです。過去の出来事について整理をしたいヒョソプと、悲しい思い出でしかなかったミヨンが打ち解けられる日は…。...
韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第5話&第6話のあらすじと感想... 韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第5話、第6話のあらすじ。ユハが娘の為に義家族からの冷たい仕打ちに耐えていたという事実を知ったヒョソプは、ユハとウンスを引き受ける決心をしました。ミヨンを度々思い出すヒョソプですが、ミヨンとの再会は…。...
韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第9話&第10話のあらすじと感想... 韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第9話、第10話あらすじ。ミヨンの本当の正体を知らないヒョソプですが、二人の過去の出来事が誤解であった事がわかり、お互いにモヤモヤが晴れました。ユハは、新しい生活の為に仕事を始める決心をします。...
韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第3話&第4話のあらすじと感想... 韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第3話、第4話のあらすじ。残りの人生を考えるヒョソプにとって、初恋の思い出はとても輝いていました。突然孫を連れて帰ってきた次女ユハ、離婚すると告げた事でヒョソプはショックを受け、長女ソナは自分の話を切り出せません。...
韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第11話&第12話のあらすじと感想... 韓国現代ドラマ『一緒に暮らしましょうか?』第11話、第12話あらすじ。ミヨンが、ヒョソプの事が好きだとヒョソプの子供達の前で告げた事で、子供達はかなり動揺しています。ソナとヒョナは、全く認める気持ちになれません。一方、ウンスの検査結果が悪く…。...


サブコンテンツ

このページの先頭へ