韓国ドラマ「夜警日誌」第8話のあらすじ

この記事の所要時間: 26

キサンの前にもう一人のキサン?

rp_6flying_dragonx400x263.jpg

(photo by: KNTV

第8話、女主人との約束を果たすために、サダムが部下を使い街中に火鬼を・・・。

大妃に剣を振りかざした事で、気が気でならないキサンは意を決し謝罪に行きました。

大妃はキサンの重圧を理解してくれており優しく接してくれましたが、それが逆に怪しいとにらむキサンだったのです。

剣を振りかざした事がばれるのを恐れているキサンの前に、もう一人のキサンが現れサダムのせいにしろと囁きました。

そこにサダムが現れ、このままでは火事が起こるので陰の気で満たすようアドバイスしますが、キサンは怒りサダムを殴ったのです。

イ・リン:朝鮮王朝正統派のプリンス
カン・ムソク:イ・リンの護衛兼監視
トハ:白頭山の娘
パク・スリョン:朝廷の実力者の娘
『夜警日誌』のキャストと登場人物
『夜警日誌』の概要

全ての薬草を手に入れる為に

怒りを燃やしたサダムは梅蘭房の女主人の元を訪れ、愚痴をこぼしました。

以前サダムの命を救った女主人は、その時に約束した朝鮮中の漢方薬草を手に入れる事を再度お願いします。

サダムは約束を果たしましょうと、部下に火鬼を街中に呼ばせるのでした。

街中を襲った火事

一方、リンの逃亡を助けた罪でムソクも指名手配されます。

しかしムソクは、キサンから自分はリンの味方であるよう思わせるよう指示を受けていたので不思議だったのです。

リンはというと、自分が幽閉されていた時に襲ってきた刺客の事を考えていました。

あの時の香りが、軍器寺でも使われている香りだと気が付いたリンだったのです。

トハがサンホンに自分の生い立ちを話しているのを偶然聞いたリンは、自分の生い立ちと重ねながら聞いていました。

泣きながら自分を責めるトハを見て、どうしても我慢できなくなったリンは思わず話に割り込みます。

その様子を見ていたムソクが、リン相手の弱点を攻めるので味方がいないのだと言ったのでした。

ちょうどその時、火事だの声がして表にでるとトハとサンホンは火鬼の気配を感じます。

火事の報告を受けたキサンは、サダムの言った通りになったので驚きを隠しきれませんでした・・・。

感想

diary

少しずつリントハの距離が縮まってきましたネ。

しかしリンに想いを寄せるスリョン、お金でどうにかしようとしているようで今後が心配です。

それにしてもサダムは上手くキサンを利用していますネ。

 

次回あらすじ


[スポンサーリンク]

関連記事

このカテゴリーのあらすじ一覧と関連記事です!

楽天市場総合ランキング
1位
8049円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】【早期購入特典付き】
レビュー平均:4.74
レビュー件数:68
楽天ブックス
2位
1599円(送料込)
クリスタルガイザー / クリスタルガイザー(Crystal Geyser) / ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース☆送料無料☆
レビュー平均:4.63
レビュー件数:14297
爽快ドリンク専門店
3位
1512円(送料込)
3秒に1本売れてるシャンプーBOTANISTシリーズ累計2,500万本突破!≪植物由来成分配合≫選べる3タイプ モイスト スムース スカルプ
レビュー平均:4.32
レビュー件数:30525
ショップオブザイヤー受賞
SALONIAオフィシャルサイト

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ