太祖王建 あらすじ 第101話~第105話 まとめ

(この記事は約 2 分で読めます)

スポンサーリンク

太祖王建 第101話~第105話

太祖王建 第101話~第105話

第101話 アジテの暴露

太祖王建(テジョワンゴン)は兵役の撤廃や減税など、民主の負担を和らげる処置で、混乱していた情勢を鎮めます。
しかし、民衆の支持がクンイェから王建(ワンゴン)に移り行くなかで、チョンガンはこの政局のパワーバランスに関し不安を察するようになるのです。
そのため、クンイェは政局での力を保つため、様々な努力をしますが、王建(ワンゴン)とヨンファの過去の関係なども知る事になり、憤慨する事になります。


- スポンサードリンク -

arrow_pink太祖王建 第101話~第105話のあらすじ(続き)・・・

第102話 広がる波紋

アジテは太祖王建(テジョワンゴン)によって処刑されてしまし、カンも処分されることになります。
しかし、アジテが死んだ際に、王建(ワンゴン)とヨンファの関係を暴露したことで波紋が広がり、クンイェの心の中に様々な不信が芽生え始めてしまうのです。
その頃、後百済のキョンフォンは、新羅への進撃を検討し始め、以前は戦で大敗を喫しましたが、今回こそは城を征服することを決めるのです。

第103話 唯一の希望

クンイェに同情したチョンガンは、北伐への作戦を再度行ってくれるように太祖王建(テジョワンゴン)にお願いします。
この時に、王建(ワンゴン)は平壌を征服しようとテピョンにも提案することになるのです。
平壌は首都であったため、唐の支配から開放する事ができれば、政情も安定し、この地域も安定すると考えたのです。

第104話 疑いの溝

北伐への作戦が再開することで、クンイェは王建(ワンゴン)にヨンファとの関係性を尋ねる事になります。
王建(ワンゴン)はこの過去の関係性については、親が決めたことであると弁明しますが、クンイェは納得できずヨンファに王建(ワンゴン)との関係を問いただす事になります。
また、クンイェは彼rの関係性に疑念をもち、太子も王建(ワンゴン)とヨンファの子ではないかと疑いだすのです。
この頃、チェ・スンウは、クンイェと王建(ワンゴン)の関係性に不安を覚え、二人の関係性を修復する為に努力します。

第105話 再調査

太祖王建(テジョワンゴン)の身を案じる者が多くなり、クンイェは側近たちに彼らの関係性について調査を行うように命じるようになります。
しかし、王建(ワンゴン)には疑うべき点がなく、クンイェは頭を悩ます事になるのです。
その一方で、チェ・スンウは、クンイェと王建(ワンゴン)の関係性をより悪いものにして国の情勢を揺さぶり、僧侶を送り込みます。
この策略により、彼らの関係性はより不安定なものとなっていくのです。

- スポンサードリンク -

高麗の関連記事