太祖王建 あらすじ 第26話~第30話 まとめ

(この記事は約 2 分で読めます)

スポンサーリンク

太祖王建 第26話~第30話

太祖王建 第26話~第30話

第26話 別れ

父が危篤という連絡を受けて、王建(ワンゴン)は急いで金城へと向かいましたが、間に合わず、ワン・リュンは息を引き取りました。
父の死を看取ることができなかったことで、王建(ワンゴン)は涙しました。
そして、母は仏門に入ることを決心しました。
家臣たちが何度も訴えたことで、クンイェはヨンファとの結婚を承諾しました。その後、結婚の話を聞いたヨンファが王建(ワンゴン)のもとを訪れますが、君主への忠誠が大切だと語る王建(ワンゴン)に失望しました。


- スポンサードリンク -

arrow_pink太祖王建 第26話~第30話のあらすじ(続き)・・・

第27話 遷都と国婚

クンイェが官職を発表することによって、本格的な国家体制の基盤を築き始めました。
将軍に相当する職に任命された王建(ワンゴン)は、クンイェとヨンファとの国婚に携わる執事としても選ばれました。
ヨンファのことを思って涙を流す王建(ワンゴン)でしたが、将来のことを考えると、ヨンファを憐れむ気持ちを持っていても、どうすることもできませんでした。

第28話 大勝利

王建(ワンゴン)が執事としての役に就いたことで、ヨンファは自らの運命を悟ることになりました。
クンイェとの結婚を受け入れるしかなくなったのです。
ちょうどその頃、ヤンギルが挙兵したという知らせが、クンイェのところに入ってきました。
クンイェは、王建(ワンゴン)を総司令官として任命し、ヤンギルを討伐するために向かわせました。
王建(ワンゴン)にとっては、これが初めての戦闘でしたが、見事にヤンギル軍を撃退することに成功しました。

第29話 最後の密会

クンイェは王建(ワンゴン)が勝利を収めたことを知って気分を良くしていました。
王建(ワンゴン)が最大の功労者であるため、クンイェは王建(ワンゴン)を別室に呼び、兄と呼ぶようにと言いました。
これによって、義兄弟の契りを結んだのです。
クンイェの王建(ワンゴン)に対する信頼は、ますます厚いものへと変わっていきました。
ただ、チョンガンとウンブは王建(ワンゴン)に対する警戒心を強めていくことになりました。

第30話 八関会

クンイェがヨンファに対して、菩薩の苦行を強いました。
これは、ミヒャンと同じです。
ヨンファは絶望してしまい、ミヒャンを訪ねます。
互いに他意によって、大きく運命を変えられてしまったことを語り、ヨンファとミヒャンは苦しみを分かち合おうと誓いました。
この頃、八関会という会が開かれ、チョンガンはこの会を利用することにしました。

- スポンサードリンク -

高麗の関連記事