『鬼』(トッケビ) あらすじ9話 感想

(この記事は約 3 分で読めます)

スポンサーリンク

』(トッケビ)9話ウンタクトッケビの剣を抜くとトッケビが死んでしまうことを知り、家を出る決意をします。
トッケビは必死に探しウンタクと再会する事が出来ました。
しかしトッケビウンタクを連れ戻すことが出来ず・・・。

前回のあらすじ・・・

ついにトッケビウンタクが本当に自分の花嫁だと言う事を知ります。

そしてこれまでのウンタクの危機がこのことと関係した事を知ったのでした。ウンタクもまたトッケビの秘密を知ってしまったのです。

ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

- スポンサードリンク -

ウンタクの決断

ウンタクトッケビの剣を抜くとトッケビが死んでしまうことを知り、ひどく悲しました。

そして、ウンタクトッケビの家を出ることを決意します。

家に帰ったトッケビウンタクが家出をしたと知り、あたふたしていました。

どこを探してもウンタクは見つかりません。

トッケビウンタクのアルバイト先を死神に聞き出し、急いで向かいました。

再会したトッケビとウンタク

そこでソニとすれ違いざまに、ソニと死神が話している未来を見ます。

チキン屋を覗くトッケビが気になったソニは話しかけますが、ウンタクを泣かせた男だと知ると、怒り出しました。

トッケビは死神にウンタクを名簿に挙げるようお願いをします。

ウンタクの名前がリストに載ればウンタクの居場所が分かると考えたためでした。

その後、トッケビドクファの力を借りて、ウンタクがスキー場でアルバイトしていることを知ります。

ようやく再会することができたウンタクトッケビ

トッケビは自分の気持ちを正直にウンタクに伝えました。

ウンタクと会うことができたトッケビでしたが、ウンタクを連れ戻すことはできません。

一方でウンタクは倉庫のスキー用具が倒れ、気を失ってしまいました。

トッケビは1時間後に凍死してしまうウンタクを必死で探します。

そして間一髪のところでウンタクを救うことに成功しました。

はめられていた王妃の指輪

ウンタクの大学合格発表の日。......
恐る恐る画面を見てみると、志望大学に見事合格していたのです。

学費についてはトッケビがすでに支払を済ませていました。

トッケビウンタクに「5208ウォンずつ80年をかけて返せ」と伝えます。

トッケビと死神は亡者の喫茶店にいました。

そこは人間が入ることのできない空間であるはずでしたが、ある男がトイレを借りに入ってきます。

それを見た2人はたいそう驚いていました。

その時、トッケビは人間には開けられないドアはないということを悟ります。

それは、神が示した運命をも変えることができると考え、トッケビはその扉を探すことを決意しました。

チキン屋へウンタクを送るトッケビ

そこでソニは死神とトッケビが知り合いであることを初めて知ります。

4人で食事をすることになったのですが、その時死神はソニのことを「キム・ソンさん」と口にしてしまいました。

記憶のないソニはどうして自分の本名を知っているのか驚いています。

逃げようとする死神を捕まえるソニ

なんと!ソニの指には王妃の指輪がはめられていました。

第9話の感想

トッケビの剣を抜くことで死んでしまうことを知るウンタク

今までやってきたことが全てトッケビとの別れにつながっていることを知って、本当に切なくなりました。

しかし、どんなに離れていてもウンタクの死はすぐそこまで迫っているようです。

今回も間一髪でウンタクを救うことができましたが、今後もこのような展開が続いてしまうのでしょうか。

どうにかしてウンタクが助かる結末を迎えてほしいものです。

- スポンサードリンク -

高麗の関連記事