太祖王建 あらすじ 第91話~第95話 まとめ

(この記事は約 2 分で読めます)

スポンサーリンク

太祖王建 第91話~第95話

太祖王建 第91話~第95話

第91話 大手柄

太祖王建(テジョワンゴン)が海での戦で大勝利を果たし、キョンフォンの軍を壊滅させる事に成功します。
その後、キョンフォンの軍隊をヌンサンの軍が攻撃し、このたび重なる戦で軍隊は壊滅状態に陥ってしまうのです。
キョンフォンは撤退しますが、将軍は罠にはまってしまいます。
王建(ワンゴン)は古文書を参考に変化を読み取って作戦を立てたテピョンを優れた英雄として大いに称賛するのです。


- スポンサードリンク -

arrow_pink太祖王建 第91話~第95話のあらすじ(続き)・・・

第92話 侍中

王建(ワンゴン)はスダルを味方にしようとしますが、キョンフォンへの忠義を尽くすスダルはこれに応じようとはしません。
それに対し、キョンフォンは武将を呼び寄せ、スダルの救出と軍の整備を命じます。
その頃、クンイェは王建(ワンゴン)を最高位のポジションに任命し、ポク・チギョムを派遣して軍備を強化します。
その頃、カン長者との対立によりアジテとの関係性が悪くなり、シンバンらはこの関係性を見直すようになるのです。

第93話 さらなる野望

太祖王建(テジョワンゴン)はポク・チジョムと一緒にスダル将軍を捕らえ、帰還することになります。
その頃、アジテはクンイェに軍事の指導権を託し、イム・チュンギルを将軍に任命し、軍部の再編に勤め、自身の勢力の拡大を策略するのです。
そして、ヨンファはアジテとの対立を繰り返し、カン長者は側近の忠告を受け入れず、関係性は悪化します。
その中で、王建(ワンゴン)が羅州から帰還し、スダルがクンイェの前に差し出されるのです。

第94話 男の義理

クンイェの前にスダルが差し出されますが、クンイェはスダルの資質の高さにほれ込み、部下になる事を強要します。
しかし、スダルはキョンフォンとの友情を守り通すのです。
王建(ワンゴン)はスダルの勇敢な行動に胸を打たれますが、クンイェはスダルを殺害します。
しかし、クンイェは王建(ワンゴン)から忠誠心を得るために、夢を語りあい、酒を酌み交わします。
しかし、スダルの死を知って驚愕したキョンフォンは、錦城の奪還を試み、軍を再編成するのです。

第95話 キョンフォンの反撃

クンイェの病状はさらに悪くなります。
その頃、羅州ではキョンフォンの軍が錦城山城へ向けて攻めこみますが、仲間の負傷により撤退を余儀なくされるのです。
この後百済の軍からの攻撃を防ぐには、太祖王建(テジョワンゴン)の力が不可欠だと悟った将軍は、彼の軍の再編成をクンイェに要請します。

- スポンサードリンク -

高麗の関連記事