『客主』~商売の神~あらすじ 12.13話 感想

(この記事は約 3 分で読めます)

スポンサーリンク

客主』~商売の神~12.13話、久しぶりにボンサムの前に姿を見せたケトン。しかも女性の姿で現れたのです。そこで始めてボンサムケトンが女性だと言う事に気がつきました。しかもそのケトンがいきなりプロポーズしたのです。ソリンのプロポーズを受け入れていたボンサムは断りますが、その事が原因で・・・。

前回、第10.11話のあらすじ・・・

ソクチュに利益が向くような法令に不満を抱いていたボンサム。そんなボンサムに、いきなりソリンがプロポーズします。驚いたボンサムでしたが、受け入れる事にしたのでした。一方、ソレのハクチュンへの復讐劇は続いており、ついに追い込んだのですが・・・。

今回、ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

- スポンサードリンク -

女性だったケトン

久しぶりにボンサムの前に姿を見せたケトンは、以前と違う雰囲気を出していました。
ボンサムはどこが変わったのか考えていましたが、やがてそれが明らかになります。

なんとケトンは実は女性だったのです。

ケトンの外見や服装を見て、ボンサムはこれまでずっと、ケトンのことを男性だと思っていました。

ところが、ケトンが急に女性の姿で現れた姿を見て、自分が勘違いさせられていたことに気付いてしまいます。

ボンサムはケトンが男性ではなく実は女性だったことにかなりショックを受けます。

まさかのプロポーズ

一方、ボンサムケトンの商売について尋ねます。
それに対してケトンは、今は塩辛を売っていると答えました。

その後、しばらく二人は旧交を温めていましたが、やがてケトンボンサム大胆なお願いをします。

それは自分と結婚してほしいということです。

ほんの少し前に、ボンサムソリンにプロポーズされたばかりです。

しかし、ケトンはそんなことは構わないという勢いで攻めていきます。

当たり前ですが、ボンサムはまだケトンのことを女性として見ることができません。

男性だと思っていたときのイメージが強く残っているからです。

プロポーズを断ったボンサムの身に!!

ボンサムは人生の重大な局面に立たされていました。
ほぼ同じ時期に、二人の女性からプロポーズされてしまったからです。

一人はソリン、もう一人はケトンです。

先に告白してきた人は、ソリンのほうですが、ケトンもそのあとすぐ告白しました。

順番からいえばソリンを選ぶべきですが、ボンサムケトンの言葉を思い出していました。

ケトンは実は10年もボンサムのことを探していたのです。

彼女はボンサムは二度と現れない運命の人だと信じていました。

それで、強く結婚してほしいと言ったのです。

このケトンの言葉はボンサムにとって強烈に伝わります。

彼女の自分に対する強い気持ちが現れており、ボンサムも心を揺さぶられます。

しかし、それでもボンサムは心を鬼にして、ケトンにとっては残念な決断をします。

それはケトンの結婚のお願いを断るということです。

ケトンは納得できませんが、ボンサムは大切な人がケトン以外にいると答えます。

これでようやくケトンも納得するかと思われましたが、ケトンはまだ諦めませんでした。

彼女は、刃物でボンサムを脅迫するまで結婚を受け入れさせようとします。

しかし、ボンサムは慌てず、彼女の前に自分の体を差し出し、彼らしく対処します。

第12.13話の感想

ケトンが女性だと気がついた時のボンサムの表情見逃せません。

もし初めから女性だと分かっていたら、二人の関係はどうなっていたのでしょうか?

しかしながらボンサムに好意を抱く女性はみんな積極的ですネ。

男らしいボンサムだからでしょうか。

- スポンサードリンク -

客主の関連記事