『客主』~商売の神~あらすじ 26.27話 感想

(この記事は約 3 分で読めます)

スポンサーリンク

客主』~商売の神~26.27話ソリンの命を狙うために、しぶしぶソクチュに手を貸すメウォル。ソクチュがソリンの命を狙った時ウォリが助けに入り、ソリンは何とか助かったのです。そして無事に子どもを出産し、ボンサムと再会出来たソリンでしたが、まだソリンの命を狙うメウォルの姿がありました。

前回、第24.25話のあらすじ・・・

ソリンのお腹にはボンサムの子どもがいましたが、ボンサムは濡れ衣を着せられ身柄を拘束されていました。その頃ソクチェはメウォルに恐ろしい任務を言い渡します。その事でメウォルは悩んでいたのでした。そんな時、ボンサムの元に一通の手紙が届き、そこには驚くべき内容が書かれていたのです。

今回、ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

- スポンサードリンク -

ボンサムとソリンの再会

メウォルは心苦しいと思いながら、ソクチュに手を貸してしまいました。
その理由はソリンの命を奪うためです。

それを気付いていた人がいました。

それは、ソクチュの動きを見ていたウォリでした。

そして、彼女は見事にソリンの命を救います。

彼女の助けがあり、ソリンはソクチュからの攻撃を防いで、命をつなぐことができました。

こんな危険な状況の中、彼女はまだ乗り越えなければならないことがありました。

それは、お腹にいるボンサムの子供を無事に産むことです。

不安な環境でしたが、彼女はこの試練も乗り越え、無事にボンサムの赤ちゃんを産むことに成功します。

その後、ソリンボンサムは再会しました。

彼の子供を産んだ彼女は涙を流すことしかできません。

ソリンが涙を流し続ける中、ボンサムは自分の子供を見て、とても感動しました。

未だ命を狙われるソリン

その頃、メウォルソリンの暗殺作戦を失敗してしまい、悔しがっていました。

そこで、今度は違う手段でソリンを暗殺しようとします。

それは、ボンサムも経験したことがある薬を利用する方法でした。

それで、メウォルソリンに体に良い薬だと言いながら、ある薬を渡します。

もちろん、それは飲めば死に至る可能性がある危険な薬でした。

スケトウダラの商売成功

季節が変わり、冬になりましたが、この時期は、ボンサムにとってはとても重要な時期でした。
なぜなら、彼が力を入れて商売しているスケトウダラを干さなければいけないからです。

しかし、冬になったにも関わらず、気温はずっと暖かく、彼は悩み続けます。

気温が下がらないと、スケトウダラが腐ってしまうので、彼は雪が降ることを期待していました。

彼が雪が降ることを祈っていた時期、ちょうど雪が降り始めました。

それで、ボンサムはその雪に助けられながら、無事にスケトウダラの商売を成功させます。

スケトウダラを干せるかどうかは、ボンサムの商売の成功を左右するほど重要なことだったのでした。

再び再会したボンサムとソリン

その後、彼は大切な人を迎えに行きます。

その大切な人は、もちろんソリンのことです。

ソリンは隠れて生活しながら、彼のことを待っていました。

穴蔵でボンサムを待っていたソリンは、彼の前で嬉しい表情を隠すことができません。

ボンサムと会うことを待ちながら、辛い生活も耐えてきたからです。

それをよく知っていたボンサムは、その後、彼女を自分の家に連れて行きます

二人はこれからずっと一緒にいることを祈ります。

第26.27話の感想

相変わらず命を狙われているソリン、ウォリが助けてくれた時はホットしました。

そして無事に出産し、ボンサムとも再会できたソリン、最高に幸せだった事でしょう。

しかしまだ命を狙っているメウォル、早く改心してほしいです。

スケトウダラの商売を成功したボンサム、今度はどんな商売をするのか楽しみですネ。

- スポンサードリンク -

客主の関連記事