Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

パク・サンミン(韓国俳優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 2

パク・サンミン-韓流スターのドラマとプロフィール

パク・サンミン(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


パク・サンミンのパーソナルデータ

パク・サンミンは、1990年林権沢監督の『将軍の息子』新人俳優オーディションで金斗漢役にキャスチングされて映画界でデビューしました。
この『将軍の息子』シリーズの2、3まで出演するようになり、多くの賞を受賞したのでした。
この映画出演以後、2001年ドラマ『女人天下』に出演し、ナンジョンの初恋の相手、大道芸人キルサン役として出演し、さらに成熟した演技活動をドラマや映画で継続するのでした。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: パク・サンミン(PARK Sang-min)
  • 生年月日: 1970年10月19日(47歳)
  • 身長: 177cm
  • 趣味/特技 : スキー、ビリヤード
  • 学歴:ソウル芸術大学映画科
  • デビュー:1990年 映画『将軍の息子』

パク・サンミンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2012年 MBC 『武神』
高麗武臣政権時代を背景にして、最下層の奴隷から最高権力者の座まで上り詰めた金俊を描いた作品です。
奴隷の身分だったが、崔に見いだされて、家臣から側近に取り上げられ、ついには政権を奪取してトップに立った、金俊をキム・ジュヒョクが演じ、話題になりました。
パク・サンミンはキム・ジュンのライバル、奴隷出身のチェ・ヤンベク役として出演しております。
武神
2010年 SBS 『ジャイアント』
韓国が激動の時代を迎えていた 70年代から現代までの、韓国現代史を背景にした骨太の復讐劇です。
ビル開発で、成功した男の愛と復讐をリアルに描いた、ラブストーリーのドラマとなっています。
最高視聴率は、40.1%の大ヒットドラマとなり、当初の予定から10回分延長しました。
ジャイアント
2008年 KBS 『大王世宗』
朝鮮時代最高のリーダーと称され、韓民族最高の文化遺産“ハングル”を創り出した名君 の激動の生涯を描いた韓国歴史超大作ドラマです。
大王世宗を演じたキム・サンギョンは韓国グラミー賞ドラマ部門最優秀演技者賞を受賞しました。
大王世宗
2001年 SBS 『女人天下』
最高視聴率50.4%を獲得した超大型の宮廷歴史ドラマです。
陰謀が駆け巡る闘争と野望、そして禁断のロマンスであり、この世を手に入れた絶世の悪女チョン・ナンジョン役をカン・スヨンが演じ話題になりました。
パク・サンミンはナンジョンの初恋の相手、大道芸人のキルサン役を演じました。
韓国ドラマ「女人天下」のあらすじと無料動画
映画
  • 2009年 『残念な都市』
  • 2003年 『TUBE チューブ』
  • 2002年 『特殊工作員-ヒドゥン・プリンセス- 北朝鮮+韓国 VS CIA』
  • 1998年 『男の物語』
最近の受賞歴
  • 1995年 第31回百想芸術大賞人気賞
  • 1991年 青竜映画祭新人賞
  • 1990年 大鐘賞新人賞
参考サイト
パク・サンミンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る