Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

パク・シフ(韓国俳優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 2

パク・シフ(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


パク・シフのパーソナルデータ

モデルとCM作品で、芸能界に入り、整った顔の中に、どこか寂しげな表情があり、ドラマ『王女の男』で見せた悲恋の主人公など、その役柄にぴったりはまっていました。 映画のデビュー作品は、『殺人の告白』で、時効となった連続殺人犯を演じ、また違う一面を見せるなど、演じる役は多岐にわたっています。 photo by: kstyle
-スポンサーリンク -
  • 名 前: パク・シフ(Park Si Hoo)
  • 生年月日: 1978年 4月 3日
  • 身長: 182cm
  • 趣味/特技 : スキー、スキューバー、スポーツ、スノーボード、合気道、ボクシング
  • 学歴:漢陽大学演劇映画科
  • デビュー: 2005年 KBS『快傑春香』

パク・シフのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2008年 SBS 『イルジメ(一枝梅)』
心の傷を負った義賊ヒーローの活躍を描いたドラマです。
韓国版鼠小僧的な、古典的キャラクター、一枝梅を大胆にアレンジ、痛快ドラマとして制作しています。
パク・シフはチャドル役を好演、時代劇へと役柄を広げています。
韓国ドラマ イルジメ の「あらすじと動画」
2011年 KBS 『王女の男』
歴史上の事件をモチーフに、加害者と被害者の子供たちの悲恋を描いた、歴史ラブロマンス、朝鮮版『ロミオとジュリエット』です。
パク・シフは、主人公スンユを演じ、時代の貴公子が復讐の化身となり、そこに愛と苦悩が混じる姿を見事に演じています。
これまでのアイドルから一転悲恋の男を演じ、また別な魅力を見せています。
(韓国ドラマ「王女の男」のあらすじと動画)
2008年 SBS 『家門の栄光』
宗教と成り金、恋の対決をコミカルに描いたホームコメディです。
パク・シフは主人公ガンソク役で、攻撃的で冷たい男を演じており、その冷たさが、ヒロインのダナと出会ってからは、暖かな心を取り戻していくというストーリーです。
この心の変化の演技がまた見ものです。
家門の栄光
2010年 SBS 『検事プリンセス』
お嬢様育ちのはた迷惑な新米検事がヒロイン、主人公イヌと出会い、仕事の意義を理解し、人間として成長していく様子を描いたラブコメディです。
その主人公イヌを演じているのがパク・シフで、新米検事が成長して行く様を、いつも隣で見てくれる素敵な男性像を演じています。
『家門の栄光』で演技派としても成長を見せたパク・シフが、様々な顔を持つ男として、ミステリアスな面も演じています。
検事プリンセス
映画
  • 2014年 『香気』
  • 2012年 『殺人の告白』
  • 2007年 『ミスター弾丸』
最近の受賞歴
  • 2011年 KBS演技大賞 最優秀演技賞
  • 2011年 KB演技大賞 人気賞
  • 2011年 KB演技大賞 ベストカップル賞
  • 2010年 MBC演技大賞 優秀演技賞
  • 2009年 SBS演技大賞 男優演技賞
  • 2007年 SBS演技大賞 新人賞
パク・シフ公式サイト:
参考サイト
パク・シフの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る