Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

パク・ボゴムのプロフィール

この記事を読む時間は: 2

パク・ボゴム-韓流スターのドラマとプロフィール

パク・ボゴムのプロフィールとドラマ情報


パク・ボゴムのパーソナルデータ

パク・ボゴムは完璧なスタイル、明るい眩しいほどの笑顔、そして愛嬌のある声が魅力の今、注目されている若手俳優の一人です。
高校2年生の時に本格的に歌手の夢を追い、ピアノの弾き語りを映像化してインターネット上に掲載。
結果、事務所の練習生となりますが、歌手よりも俳優向きだと評価され、演技の道へ転向したのです。
大人気ドラマ『応答せよ 1988』では「天才」と呼ばれる囲碁棋士のチェ・テク役を好演しました。
photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前:パク・ボゴム(Park BoGum)
  • 生年月日:1993年 6月 16日(24歳)
  • 身長:182cm
  • 学歴:明知大学 映画ミュージカル学科
  • 趣味、特技:ピアノ、歌、ダンス
  • デビュー: 2011年 映画『ブラインド』

パク・ボゴムのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2015年 tvN 『応答せよ 1988』
「応答せよ」シリーズ第3弾!
ソウルオリンピックが開催された1988年が舞台になります。
ソウルの下町、双門洞(サンムンドン)で育った5人の男女の生活とお互いの恋を描いたドラマ。
パク・ボゴムは「天才」と呼ばれる囲碁棋士のチェ・テク役を好演しました。
応答せよ 1988
2015年 KBS 『君を覚えてる』
天才プロファイラーのイ・ヒョン(ソ・イングク)と、警察隊出身のエリート
捜査官チャ・ジアン(チャン・ナラ)のサスペンス・ロマンスドラマです。
パク・ボゴムは、ヒョンや捜査チームの事件の容疑者の担当若手弁護士チョン・ソノ役を演じています。
君を覚えてる
2015年 KBS 『プロデューサー』
大手放送局を舞台に、キム・スヒョン演じる新人プロデューサー、チャ・テヒョンとコン・ヒョジン演じる中堅プロデューサー、そしてIU演じる人気歌手の4人が、複雑な恋愛関係に発展していく様子と、放送業界の裏側をリアルかつコミカルに描いたラブコメディードラマです。
プロデューサー
2012年 KBS 『カクシタル』
家族、国のために仮面の義賊になった男の活躍を描いた、人気漫画のドラマ化です。
題名のカクシタルとは、民族仮面劇に登場する、花嫁のお面の事です。
この仮面をかぶった義賊が、日本帝国に反旗を翻し、大活躍するストーリーです。
日本統治時代の主都、京城、の警察署に勤める刑事イ・ガントは、家族の命を奪った日本帝国に復讐を誓い、カクシタルとして生きていくことを決意する。
この主人公ガントをチュウォンが熱演し、回を追うごとに視聴率が上がり、予定より話を4話延長するほどのヒット作品となりました。
カクシタル
映画
  • 2015年 『コインロッカーの女』
  • 2014年 『バトル・オーシャン 海上決戦』
  • 2014年 『最後まで行く』
最近の受賞歴
  • 2015年 KBS芸能大賞 ショー娯楽部門 男子新人賞 男子人気賞 男子助演賞
参考サイト
パク・ボゴムの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る