Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

韓国ドラマの出演料が「ゼロ」!?

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 4

韓国ドラマ出演料の未払い問題が深刻化

韓国ドラマの出演料(ギャラ)の未払い問題が、以前から報道されていますが現在でも続いているようです。

韓ドラファンの一人として寂しいニュースです… マイナーなドラマだけで無く、日本でも話題のドラマも含まれていますので驚きを隠せません。
-スポンサーリンク -

有名ドラマでも出演料未払いが発生

20150416wow

ドラマの中には、「彼らが生きる世界」、「逃亡者 PLAN B」、「シンイ-信義-」、「大風水」、「チャン・オクチョン」、『いとしのソヨン』、『大王の夢』なども含まれているとのこと。

記事・画像引用:「「ドラマ15話の出演料が“0”」…ある俳優の鬱憤(うっぷん)」 via ワウコリア

ギャラと言えば俳優やスタッフにとっては月給と同じ。

ある俳優は、「月給を踏み倒す悪徳事業主を許して良いのか」と不満をぶちまけたと言います。 もちろん、ギャラを払わない「制作会社」側に責任がありますが、ドラマ編成を丸投げし、「後は知らぬ存ぜぬを決め込む」放送会社にも責任はあるようです。

SBSドラマ「シンイ-信義-」のヒロイン、女優キム・ヒソンも被害に

20160416Hiseon 出演料の未払いと言えば、無名俳優たちの問題かと思いきや、主演級の俳優や女優も例外ではありません。 「シンイ-信義-」で、ヒロインを演じたキム・ヒソンも、その被害者。 キム・ヒソンは、『シンイ-信義-』の契約で6億ウォン(約6600万円)を受け取るはずでしたが、製作会社は全額を払わず、残りの出演料を巡った裁判で勝訴したとの事。
記事・画像引用:「キム・ヒソン、『シンイ-信義-』未支給出演料1億3600万ウォン勝訴」 via innolife.net

「シンイ-信義-」の「キム・ジョンハク」PDが自殺

騒ぎの中、「砂時計」「太王四神記」などの演出を手掛けた人気プロデューサー「キム・ジョンハク氏」が自殺するというショッキングな事件が発生したのは記憶に残るところ。 キム氏は、出演料未払い問題をめぐり背任・横領・詐欺の疑いで告訴され、警察の事情聴取を受けていました。
引用:「著名なドラマプロデューサーの金鍾学(キム・ジョンハク)氏がベッドに横たわったまま死んでいるのを管理人が発見し、警察に通報した。」 via ワウコリア

イ・スンジェも被害に

イ・サン」、「王女の男」、「馬医」等で知られる韓国俳優界の大御所「イ・スンジェ」も被害に遭っていました。

引用:「韓国ドラマの俳優たちの現実…緊急記者会見でイ・スンジェが出演料未払い問題を訴え」 via Kstyle

未払い問題は公共放送KBSとて例外ではない

cc-library010008437pygh0 日本のNHKなら、製作費や出演料等の予算は受信料でまかなっています。 KBSも同様の予算システムですが、受信料だけでは足りず、受信料値上げや国営企業を通じた広告収入、系列放送局(KBS World等)の視聴料などで不足分を補おうとしましたが「焼け石に水」状態。
引用:「韓国放送演技者労働組(以下、韓演労)によると、23日現在、所属演技者のドラマ出演料未払い総額は合計31億7400万ウォンに達する。(中略)すべて外注製作ドラマで、放送局別にはKBSが5本と最も多い。」 via 中央日報
KBSですらこの状態・・・どうやら放送業界の構造的な問題が背後にありそうです。

テレビ局は下請けの制作会社に丸投げ状態?

cc-library010010023aymwj 韓国テレビ局は、「編成権をタテに製作費を極力削減」し、安い予算で製作会社に下請けに出すようです。
製作会社は、俳優への出演料を含む製作費全体に責任があるとのことで、請け負った予算をやり繰りしますが追いつかない状態だとの事。
中には、出演料を払えず国外逃亡する悪質な製作会社の経営者もいると言うのです。 過当競争のドラマ業界で、「カネはないが仕事は欲しい」新しい製作会社で出演料未払いが起こっている傾向にありますが、安いからと言う理由で、そんな外注製作会社に編成を与えた放送局にも責任がありそうです。
引用:「激しい競争・後進的な製作構造…出演料が払えない韓国ドラマの製作システム」 via 中央日報
日本ではテレビ局が出演料を支払う
日本では民放の場合、広告会社がスポンサーから得た広告収入の中から報酬をテレビ局に支払い、テレビ局はその金で出演料を俳優の所属会社に支払う仕組みだと記憶しています。 日本と韓国では、どうやら出演料のカネの流れが違うようなのです…

高騰するギャラも事態悪化に拍車?

韓国の熾烈なドラマ競争の結果、著名な俳優や脚本家獲得の為、ギャラの高騰を招きます。 結果、製作費全体に占めるギャラの割合は総制作費の半分を占める異常事態に陥っているようなのです。
引用:「韓国ドラマ「出演料を制限すべき」=官民協議体が提言」 via ワウコリア

健全なドラマ製作体質への連携に期待

このように出演料未払いには根深い問題があり、テレビ局、製作会社、俳優たち三者間の歩み寄りが本当に必要だと感じます。 楽しく感動的な韓国ドラマが今後も見続けられるよう韓ドラファンの一人として心から望みたいことです。

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る