Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

ぺ・ヨンジュン(韓国俳優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

ぺ・ヨンジュン-韓流スターのドラマとプロフィール

ぺ・ヨンジュン(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


ぺ・ヨンジュンのパーソナルデータ

“ヨン様”こと、ぺ・ヨンジュンは、現在日本での韓流ブームのきっかけを作った俳優として、その功績は大きいものがあります。
そのきっかけとなった 2003年、誰もが知っていますユン・ソクホ監督の「四季シリーズ」ぺ・ヨンジュンと、チェ・ジウのドラマ『冬のソナタ』です。
その後の韓国映画・ドラマの日本輸出に大きな影響を与えました。日本でのヨン様ブームは、爆発的で、現在もその人気は衰えていません。
これだけインパクトを与えたのに、映画出演は意外に少なく、2003年の『スキャンダル』を始め、3本ほどです。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: ぺ・ヨンジュン(BaeYongJoon)
  • 生年月日: 1972年 8月 29日(46歳)
  • 身長: 180cm
  • 趣味/特技 : 釣り、コンピューターゲーム、写真
  • 学歴:成均館大学映像学
  • デビュー:1994年 ドラマ 『愛の挨拶』

ぺ・ヨンジュンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2011年 KBS 『ドリームハイ』
ぺ・ヨンジュンプロデュースドラマであり、現役で活躍しているアイドルたちが、多数出演して話題になった青春物語です。
2012年には日本でミュージカル化された作品で好評を博しました。
ドリームハイ
2007年 MBC 『太王四神記』
3年近い歳月を費やし、ドラマの常識を打ち破る壮大なスケールで、描かれた韓国歴史ドラマの決定版です。
当時人気絶頂のぺ・ヨンジュンが満を持して出演した、話題のドラマで、回を追うごとに注目を集め、最終回で 35.7%の視聴率を記録したモンスター作品です。
太王四神記
2001年 MBC 『ホテリアー』
ぺ・ヨンジュンの大ヒット作『冬のソナタ』の前年に出演した作品で、俳優としてターニングポイントになった作品です。
実在の人物をモデルにしているドラマで、クールな企業ハンターを見事に演じています。
逆に人間実のあるホテルマンを演じたキム・スンウとは好対称で、韓国では高い視聴率を挙げました。
ホテリアー
1999年 MBC 『愛の群像』
幼くして父親を亡くし、母に捨てられた苦学生のジュホは、妹の面倒を見、そして病に倒れる悲劇が訪れます。
この主人公ジュホを、魂を込めた演技で観る者の涙を誘うぺ・ヨンジュンの演技。切ない余韻を残すラストシーンは、涙なしでは見られない珠玉の名作と言えるでしょう。
愛の群像
1996年 KBS 『初恋』
韓国ドラマ史上最高視聴率 65.8%を記録した不朽の名作です。
若きぺ・ヨンジュンが出演、アウトローから一転、正義と家族愛のために立ち上がる熱き男チャンクを好演しています。
初恋
1995年 PSB 『海風』
1995年釜山放送開局記念のドラマで、デビュー直後の若き、ぺ・ヨンジュンが見られます。
情けなく、能天気な若者像を演じている幻の作品と言えましょう。
裕福な家庭で育った大学生のムニョンは、夜遊びの後、不注意から人身事故を起こしてしまいます。
怖くなり、そのまま釜山へ逃げ込んでしまいますが、そこで現地の人たちの出会いを通して成長して行く・・・。
映画
  • 2005年 『四月の雪』
  • 2003年 『スキャンダル』
  • 1995年 『初恋白書』
最近の受賞歴
  • 2008年 2008年文化勲章花冠
  • 2007年 MBC 演技大賞 大賞 人気賞 ベストカップル賞『愛の挨拶』
  • 2007年 第1回良い歯と食育大賞
  • 2005年 2005年今日の若い芸術家賞
  • 2004年 第41回百想芸術大賞 新人演技賞
  • 2004年 ベストドレッサー賞
  • 2003年 青龍映画祭 新人男優賞
  • 2002年 KBS 演技大賞 最優秀主演賞人気賞、ベストカップル賞
ぺ・ヨンジュン公式サイト:
参考サイト
ぺ・ヨンジュンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る