Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

イ・ヒジュンのプロフィール

この記事を読む時間は: 3

イ・ヒジュンのプロフィールとドラマ情報

イ・ヒジュンのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。

イ・ヒジュンは1979年6月29日生まれで、出身は韓国の大邱(デグ)です。
彼は入隊前、交通事故に遭い、大きな手術を受けることになりました。

それで、軍隊免除になり、それによる空白期に大邱広域市で演劇を始めたのです。

劇団チャイム所属で、2010年に演劇『B談笑』に出演し、当時KBSドラマスペシャルPDの目に止まり、一幕物に何回も出演してから名前を知らせ始めました。
  2014年の映画『海霧』では欲情だけ満たそうとして死ぬ船員を演技し、2016年の映画『ロボット、音』では失われた娘を探して迷う父を阻止する国家情報院職員を演じたこともあります。
photo by: innolife.net
-スポンサーリンク -

イ・ヒジュンの魅力

映画でも大活躍イ・ヒジュン 2016年の映画『最悪の一日』で自分が演じた離婚男については、自分が演じた役割の中で最も迷惑キャラクターであったとコメント。
2017年の映画『女教師』では、契約職女教師ヒョジュ(キム・ハヌルの方)のチンピラボーイフレンドとして出演しました。

イ・ヒジュンのパーソナルデータ

  • 名 前:イ・ヒジュン
  • 生年月日: 1979年6月29日(38歳)
  • 身長:181cm
  • 学歴:韓国芸術総合学校
  • デビュー:2007年MBCドラマ「ケ・セラ・セラ」

イ・ヒジュンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2016年 SBS『青い海の伝説』
イ・ミンホの入隊前最後のドラマとして注目された韓国ドラマ。韓国で最初の野談集である於于野譚に登場する人魚の話をベースに、両班と天才詐欺師の2役を演じるイ・ミンホと、人魚役のチョン・ジヒョンが時を超えたラブストーリーを繰り広げます。イ・ヒジュンは、ゴルファー出身の詐欺師(チョ・ナムドゥ役)を演じました。(『青い海の伝説』
2014年 JTBC『ユナの街』
職業、性別、年齢、性格まで千差万別で個性溢れる人々と、前科3犯のスリ組織出身の女性が住む集合住宅に世界中のどこを探してもいないほど善良な男性が飛び込み、傷を癒しながら一緒に生きていくストーリーを描いたドラマ。(『ユナの街』
2013年 KBS 『オフィスの女王』
仕事の出来る非正規社員のミス・キムと対立するチャン・ギュシクの恋愛が描かれている作品。イ・ヒジュンは、マーケティング営業支援部チーム長、ミス・キムの直属上司(ム・ジョンハン 役)を演じました。(『オフィスの女王』
2012年 KBS『田禹治』
韓国の古典小説「田禹治伝」を基にした武侠時代劇。愛と正義のため悪の勢力と戦い続ける英雄チョン・ウチの物語。スーパーヒーローのチョン・ウチと、役人イ・チという正反対の二役を演じたチャ・テヒョンが、持てる演技力を遺憾なく発揮している。その他、ユイ、イ・ヒジュン、ペク・ジニなどの若手や、キム・ガプス、ソン・ドンイルなどの存在感ある中堅が共演。「東方神起」のチャンミン、NU’ESTが第17話に特別出演しているのも見逃せない!イ・ヒジュンは、マ・ガンニム(チョン・デヨン役)ウチの宿敵、道士を演じました。(『田禹治』
映画
  • 2017年 『女教師』
  • 2016年 『ロボット、音』
  • 2016年 『A Melody to Remember』
  • 2014年 『海霧』
最近の受賞歴
  • 2013年 第6回全州国際映画祭ニュースター賞
  • 2013年 第49回百想芸術大賞TV部門男新人演技賞
参考サイト

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る