Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

キム・ジュヒョク(韓国俳優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 2

キム・ジュヒョク-韓流スターのドラマとプロフィール

キム・ジュヒョク(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


キム・ジュヒョクのパーソナルデータ

キム・ジュヒョクは、デビュー当時はタレントのキム・ムセンの息子として注目されました。
そして演技を始めたのは1998年ドラマ「カイスト」で、その後、「曇った日に書いた手紙」「ソウルタンゴ」などに出演し演技を学び、映画「セイ・イエス」でスクリーンデビューも果たしました。
演技力や真面目に取り組む姿勢には高い評価があり、今後の韓国映画を担う俳優として大きな期待が寄せられています。
代表作のMBCドラマ『ホジュン~伝説の心医~』では主役のホ・ジュンを熱演し話題になりました。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: キム・ジュヒョク(KimJuHyuk)
  • 生年月日: 1972年10月3日(45歳)
  • 身長: 180cm
  • 趣味/特技 : 映画鑑賞、スキー、リフティング
  • 学歴:東国大学校演劇映画科
  • デビュー:1998年 ドラマ 『カイスト』

キム・ジュヒョクのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2013年 MBC 『ホジュン~伝説の心医~』
朝鮮王朝時代の名医ホ・ジュンの波瀾万丈の生涯をドラマティックに描いた歴史ドラマです。
キム・ジュヒョクは、主演である伝説の名医ホ・ジュンを好演しています。
ホジュン~伝説の心医~
2012年 MBC 『武神』
高麗武臣政権時代を背景にして、最下層の奴隷から最高権力者の座まで上り詰めた金俊を描いた作品です。
奴隷の身分だったが、崔に見いだされて、家臣から側近に取り上げられ、ついには政権を奪取してトップに立った、金俊をキム・ジュヒョクが演じ、話題になりました。
武神
2009年 SBS 『テロワール』

ワインレストラン『テロワール』を舞台に繰り広げられる韓国伝統酒との対比と、フランスワイン文化をひも解く本格ワインドラマです。
劇中にはワインにまつわるエピソードや専門用語もひんぱんに登場し、初心者にも奥深いワインの世界を理解できるようになっています。
映画
  • 2011年 『敵とともに眠る』
  • 2010年 『房子伝』
  • 2006年 『愛なんていらねえよ』
  • 2005年 『クァンシクの弟クァンテ』
  • 2005年 『青燕』
  • 2004年 『どこかで誰かに何事か起きると、間違いなく現われるホン班長』
  • 2003年 『シングルス』
  • 2002年 『YMCA野球団』
  • 2001年 『セイ・イエス』
最近の受賞歴
  • 2006年 第42回百想芸術大賞 放送部門 最優秀男性演技賞
  • 2005年 SBS演技大賞 最優秀男優賞10大スター賞「プラハの恋人」
キム・ジュヒョク公式サイト:
参考サイト
キム・ジュヒョクの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る