Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

キム・ドンワン(韓国俳優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

キム・ドンワン-韓流スターのドラマとプロフィール

キム・ドンワン(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


キム・ドンワンのパーソナルデータ

1998年人気アイドルグループ神話のメンバーとして、芸能界で活動していました。
2002年ドラマ『天国の子供たち』で主役を務め、その演技力は評価されました。
次いで、『心震わせて』『悲しみよ さようなら』での、抒情的な演技は高く評価され、またスターダムにのし上げた映画が『まわし蹴り』でしょう。
この作品で、健康的なイメージが定着し、エンターティナーとして活動範囲を広げていきました。 photo by: KBSWORLD
-スポンサーリンク -
  • 名 前: キム・ドンワン(kim dong wan)
  • 生年月日: 1979年 11月 21日(38歳)
  • 身長: 174cm
  • 趣味/特技 : スノーボード、映画鑑賞、ネットサーフィン
  • 学歴:国民大学校大学院
  • デビュー:1996年 ドラマ『スタート』

キム・ドンワンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2012年 KBS 『がんばれ、ミスターキム!』
俳優として活躍する神話のキム・ドンワンが、主人公テビョンを演じ、傷を抱えた人たちの心の交流を描いた感動作です。
ワン・ジヘ演じるヒロインのウギョンとの恋を中心に、子供たちそれぞれの成長が暖かいタッチで描かれています。
さわやかな内容で描かれており、平均視聴率も27%と高く、ヒットしたドラマです。
キム・ドンワンはこの作品で、コリアドラマアワードの男性優秀賞を獲得しています。
がんばれ、ミスターキム!
2005年 KBS 『悲しみよ さようなら』
親世代の因緑、出生の秘密など韓国ドラマ素材の定番を織り交ぜなが、家族の暖かさを感じさせるヒューマンドラマに仕上がっています。
ストーリーの中心人物である、主人公ジョンウをキム・ドンワンが天真爛漫に演じています。
悲しみよ さようなら
2002年 KBS 『天国の子供たち』
キム・ドンワンが町のヒーローホテを演じ、子供たちとの心温まる交流と、ヒロイン、ミヒャンとの恋の行方を巡るドラマです。
キム・ドンワの連続ドラマ初主演作として注目されていました。
頭も坊主頭にし、熱血漢ホテを体当たりで演じています。
天国の子供たち
2002年 SBS 『ハッピー・バースデー』
K-POPスターで描く青春ラブストーリーです。
K-POPスターとして活躍する人気アイドルたちが、本格的に演技に挑戦したドラマです。
ここから俳優として飛躍したのが女優のユジンです。キム・ドンワンの演技が光ります。
ハッピー・バースデー
映画
  • 2012年 『ヨンガシ』
  • 2004年 『まわし蹴り』
  • 2002年 『緊急措置19号』
最近の受賞歴
  • 2005年 KBS演技大賞 男性新人演技賞
  • 2004年 第19回ゴールデンデスク賞 本賞 ミュージックビデオ部
  • 2003年 第18回ゴールデンデスク賞 本賞
  • 2002年 第17回ゴールデンデスク賞 本賞
  • 2001年 KBS,SBS 歌謡大典 本賞
  • 2000年 大韓民国映像アルバム大賞 人気歌手賞
キム・ドンワン公式サイト:
参考サイト
キム・ドンワンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る