Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

キム・ミョンミン(韓国俳優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 3

キム・ミョンミン-韓流スターのドラマとプロフィール

キム・ミョンミン(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


キム・ミョンミンのパーソナルデータ

1996年にSBS6期生タレントとして、芸能活動を開始したものの、エキストラや、端役止まりで、苦しい生活が続きます。
2004年ドラマの名作『花よりも美しく』で、演技が開花します。
これで演技力が認められ、同年『不滅の李舜臣』で主役に抜擢され、ドラマも高視聴率を上げ、スターの地位を築くことになります。
その後多くのドラマに出演、役柄ごとに、演じ分けられることから“カメレオン俳優”と称せられることになりました。 photo by: ほっとコリア
-スポンサーリンク -
  • 名 前: キム・ミョンミン(KimMyungMin)
  • 生年月日: 1972年 10月 8日
  • 身長: 180cm
  • 趣味/特技 : 読書
  • 学歴:ソウル大学演劇科
  • デビュー:2004年ドラマ『花よりも美しく』

キム・ミョンミンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2015年 SBS 『六龍が飛ぶ』
高麗末期、李氏朝鮮の建国に活躍した6人の英雄たちが生きた激動の時代を描くエンターテインメント時代劇です。
キム・ミョンミンは民のための理想国家を構想する聡明な儒学者チョン・ドジョン役として出演しました。
「六龍が飛ぶ」あらすじと感想、キャスト情報
2012年 SBS 『ドラマの帝王』
手がけたドラマは全てヒットすると言う、韓国ドラマ界のトップに君臨する製作者で、ドラマの帝王と呼ばれる、主人公アンソニーキムを演じるのがキム・ミョンミンです。
韓国中の話題を集めている『優雅なる復讐』の最終回当日、クライマックスシーンの台本が出来ていなかった・・・。
2008年 MBC 『ベートーベン・ウィルス愛と情熱のシンフォニー』
毒舌の指揮者が奏でる極上の音楽ドラマです。クラッシック音楽を通して、人々の挫折と希望を描いた作品で、大ヒットしました。
主人公マエを演じたキム・ミョンミンの演技が光ります。
2007年 MBC 『白い巨塔』
プライドと権力に奔走する男たちの物語です。
日本でも公開されました、山崎豊子原作の『白い巨塔』をドラマ化したもので、主人公の大学病院外科助教授ジュンヒョクを、キム・ミョンミンが演じ、話題になった作品です。
大学病院を舞台に、一人の医師の野望と陰謀、それを取り巻く人々の人間模様を描いた作品です。
2004年 KBS 『不滅の李舜臣』
韓国では国民的英雄として崇拝されている李舜臣の生涯を描いた歴史ドラマです。
主人公のスンシンをキム・ミョンミンが重厚な演技力で表現しています。
演技派の道一本で進んで来た、彼の集大成のドラマと言えましょう。
この演技で、多くの賞を総なめにしました。
不滅の李舜臣
映画
  • 2012年 『ヨンガシ』
  • 2012年 『ペースメーカー』
  • 2011年 『朝鮮名探偵 トリカブトの秘密』
  • 2010年 『破壊された男』
  • 2009年 『私の愛、私の側に』
  • 2008年 『ファム・ファタール』
最近の受賞歴
  • 2009年 第45回百想芸術大賞 最優秀演技賞
  • 2009年 第21回韓国PD大賞 演技部門受賞
  • 2008年 MBC芸術大賞 演技大賞
  • 2008年 コリアドラマアワード大賞
  • 2007年 第43回百想芸術大賞 TV部門最優秀男優賞
  • 2007年 MBC芸術大賞 男性優秀賞
キム・ミョンミン公式サイト:
  • キム・ミョンミン日本公式(公認)ファンクラブ – MyungMin Japan: http://myungmin.jp//
参考サイト
キム・ミョンミンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る