Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チェ・チョロのプロフィール

この記事を読む時間は: 3

チェ・チョロのプロフィールとドラマ情報

チェ・チョロのプロフィールと出演したドラマなどを紹介しています。 注目の、天才画家の生涯を描いた『師任堂』で動物的な政治感覚で、恐ろしい速度で出世街道を走っているフィウム堂の夫役を演じました。 チェ・チョロは数多くドラマに出演している俳優です。 脇役が多いのですが、男らしい演技で注目されています。

photo by: kstyle
-スポンサーリンク -

這い上がるチェ・チョロ

苦境に立たされたチェ・チョロ 2010年、酒に酔ったチェ・チョロは、女性に暴行したのです。 残念なことに最初は罪を認めなかったチェ・チョロ。 11年前にも酒による暴行事件を起こしていたので、とっさに嘘をついたのかもしれません。 しかも事件発覚の4日後、第2子の妊娠が分かって号泣したそうです。 それから8か月奉仕活動をし心を入れ替え、2012年復帰しました。 たくさんの方々に迷惑をかけた事を深く反省したというチェ・チョロ、生まれ変わったチェ・チョロに期待します。

チェ・チョロのパーソナルデータ

  • 名 前:チェ・チョロ
  • 生年月日: 1970年3月2日(47歳)
  • 身長:182cm
  • 学歴:ソンウム神学大学校 卒業
  • デビュー:1990年 演劇

チェ・スビンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2017年 SBS『師任堂』

photo by: SBS
現代の韓国で美術史を専攻している大学講師ソ・ジユン(イ・ヨンエ)が、偶然見つかった「師任堂の日記」と「謎の美人図」に隠された謎を解いていくなかで、過去と現在を行き来するというタイムスリップ・サスペンスドラマです。 チェ・チョロは、師任堂の敵ミン・チヒョン役を演じます。(『師任堂』
2015年 KBS1『懲毖録(チンビロク)』

photo by: KBS
当時の宰相・柳成龍(リュ・ソンリョン)が克明に記録した文書を題材を基に、豊臣秀吉で有名な「文禄・慶長の役」(韓国では「壬辰倭乱」)の頃の政治的事件や日本軍との交渉、経験した教訓など朝鮮の宮廷で繰り広げられた話が描かれています。(『懲毖録』(チンビロク)
2014年 KBS2 『王の顔』
『王の顔』は観相というユニークな視点から「王に相応しい相」をテーマに歴史上悪名高い暴君として知られる朝鮮第15代王・光海君(クァンヘグン)が不遇の王子時代から数々の苦難を乗り越えて王となる半生を描いた作品です。 (『王の顔』
2014年 KBS2『朝鮮ガンマン』
パク・ユンガンが剣を銃に持ち替え民衆のヒーローとなるストーリーを描いた物語。数多くの時代劇ドラマで活躍するイ・ジュンギ主演ドラマ。時は19世紀の朝鮮。武器は剣から新式銃に変ろうとしていました。王を守ろうとしたジンハンは陰謀により命を落とします。息子ユンガンは、父と妹の復讐の為に別人となり生きる事を決意。しかしかつての恋人と出逢い・・・。 (『朝鮮ガンマン』
映画
  • 2006年 『愛する時、話すものなどない』
  • 2004年 『肩組み』
  • 2001年 『サマータイム』
  • 2000年 『総合病院 天日の間』
参考サイト

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る