Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チュウォン(韓国俳優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 3

チュウォン-韓流スターのドラマとプロフィール

チュウォン(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


チュウォンのパーソナルデータ

2007年ミュージカル『アルタボーイズ』で舞台を踏み、『春の目覚め』『シングルス』などに出演、ミュージカル俳優とした人気急上昇します。
2010年ドラマ『製パン王・キム・タック』でデビューし、一躍スターダムにのし上がります。
2012年のドラマ『カクシタル』では韓国版スーパーヒーローである主役イ・ガント演じ、人気爆発、これまで出演したドラマがいずれも高視聴率を獲得しているところから“高視聴率の男”と呼ばれています。 photo by: kbsworld
-スポンサーリンク -
  • 名 前: チュウォン(JuWon)
  • 生年月日: 1987年 8月 30日(31歳)
  • 身長: 185cm
  • 趣味/特技 : コーヒー飲むこと
  • 学歴:成均館大学演技芸術科
  • デビュー: 2010年 『製パン王・キム・タック』

チュウォンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2017年 SBS『猟奇的な彼女』
原作小説をもとに歴史ドラマとしてリバイバルさせた作品で、物語の舞台を朝鮮時代に移し、朝鮮最高のカドナム(プライドの高い都会的な男)と呼ばれるイケメン貴公子のキョン・ウ(チュウォン)が、「猟奇的な彼女」、ヘミョン王女(オ・ヨンソ)に振り回されるというラブコメです。チュウォン主人公朝鮮の国宝といわれる超エリート役を演じました。
『猟奇的な彼女』あらすじ
2012年 KBS 『カクシタル』
家族、国のために仮面の義賊になった男の活躍を描いた、人気漫画のドラマ化です。
題名のカクシタルとは、民族仮面劇に登場する、花嫁のお面の事です。
この仮面をかぶった義賊が、日本帝国に反旗を翻し、大活躍するストーリーです。
日本統治時代の主都、京城、の警察署に勤める刑事イ・ガントは、家族の命を奪った日本帝国に復讐を誓い、カクシタルとして生きていくことを決意する。
この主人公ガントをチュウォンが熱演し、回を追うごとに視聴率が上がり、予定より話を4話延長するほどのヒット作品となりました。
カクシタル
2011年 KBS 『烏鵲橋の兄弟たち』
個性豊かな4兄弟のそれぞれの愛を描いたドラマです。
おなじみの家族ドラマに、農場の所有者を巡る駆け引きを絡ませ、温かく、緊張感のあるストーリーが展開されています。
視聴率も最終回は 37.7%を記録したほどの人気番組となりました。
チュウォンは、オジャッキョの3男、刑事のテヒを演じ好演しています。
烏鵲橋の兄弟たち
2010年 KBS 『製パン王キム・タック』
ソン・イルグク主演の大ヒット時代劇ドラマ『朱蒙』以来、3年ぶりに 50%を超える視聴率をたたき出した、国民的大ヒットドラマです。
主人公タックが様々な試練を超え、見るものに希望を与えるドラマとなっています。
男性版チャングムといった感じですが、正直者が最後は勝つと言った痛快ドラマに、韓国の視聴者が共感し、視聴率が大きく伸びたのでしょう。
チュウォンはマジュン役で、主人公タックとともに、伝説のパン職人の元で、様々な課題に取り組んでいきます。
製パン王キム・タック
映画
  • 2014年 『ファッション王』
  • 2013年 『オンリーユー』
  • 2012年 『未確認動画』
  • 2011年 『特殊捜査本部』
最近の受賞歴
  • 2012年 第48回百想演技大賞 TV 部門男優新人賞
  • 2011年 KBS 大賞 男女新人賞
チュウォン公式サイト:
参考サイト
チュウォンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る