Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チュ・ジフン(韓国俳優)のプロフィール

-スポンサーリンク -
この記事を読む時間は: 2

チュ・ジフン-韓流スターのドラマとプロフィール

チュ・ジフン(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


チュ・ジフンのパーソナルデータ

ファッションショーや雑誌のモデルとして活動して来ましたが、2005年短編ドラマ『昔の恋』で俳優デビュー、2006年に大ヒットした『宮』に主役として抜擢され、一躍スターの仲間入りを果たしました。
新人としてはその余裕のある、まなざしで人気を獲得、彫刻の様な顔の輪郭と、すらりと伸びた足の長いスタイル抜群の容姿は、女性の心をわしずかみにしました。
2008年には『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』でスクリーンデビューを果たし、演技力も付き、一躍スターダムにのしあがりました。 photo by: datv
-スポンサーリンク -
  • 名 前: チュ・ジフン(JooJiHun)
  • 生年月日: 1982年 5月 16日(36歳)
  • 身長: 187cm
  • 趣味/特技 : コンピューターゲーム、水泳、バスケットボール
  • 学歴:京畿大学多重媒体学部演劇科
  • デビュー: 2005年短編ドラマ『昔の恋』

チュ・ジフンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2012年 SBS 『蒼のピアニスト』
チュ・ジフン、5年ぶりのドラマ出演作品として、注目を浴びたドラマです。
会社の後継者と最高のピアニストの座を巡り、母と子、兄と弟、それぞれの葛藤がリアルに描かれているドラマです。
イケメン 2人の主役、チュ・ジフンとチ・チャンウクの対決がこのドラマを一層盛り上げています。
このイケメン二人に愛されるヒロインは、『わたしの娘 コン二ム』のチン・セヨンが演じています。
また心のうちに、野望を抱えた母を演じているチェ・シラの鬼気迫る演技も注目です。
蒼のピアニスト
2007年 KBS 『魔王』
韓国ドラマでは、比較的少ないパターンである、復讐するものと、復讐されるもの双方の苦しみと、痛みを描いた作品です。
綿密な構成と、人間の心理を映し出したストーリーは秀逸で、出演俳優の演技力も優れており、重厚な作品となっています。
このドラマで注目されるのは、ドラマ『宮』で大ブレークしたチュ・ジフンが、悪役に挑戦、演技者としての地位を固めた作品でもあります。
2006年 MBC 『宮~Love in PaIace』
チュ・ジフンが初の主役大韓民国の皇太子、シンを勤め、大ブレークするきっかけとなった作品です。
高校生のシンは、恋人ヒョリンにプロポーズするが、バレリーナの夢が捨てきれず断られます。
仕方なくシンは、決められた結婚ヲ受け入れることになるのだが・・・。
宮~Love in PaIace
映画
  • 2014年 『良い友達』
  • 2012年 『私は王である』
  • 2008年 『キッチン~3人のレシピ~』
  • 2008年 『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』
最近の受賞歴
  • 2009年 第45回百想演技大賞映画祭 映画部門人気賞
  • 2007年 アジアモデル賞
  • 2005年 韓国ファッションビジュアルモデル賞
  • 2014年 第21回ベストドレッサーズワンアワードモデル賞
チュ・ジフン公式サイト:
参考サイト
チュ・ジフンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る