Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チョン・グァンリョル(韓国俳優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 3

チョン・グァンリョル-韓流スターのドラマとプロフィール

チョン・グァンリョル(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


チョン・グァンリョルのパーソナルデータ

チョン・グァンリョルは、1980年にTBCのタレント公募に合格して俳優の道に入るのですが、しばらくは売れない時代を過ごしました。

1999年の『青春の罠』でおおらかな人間味溢れる財閥二世を演じ、注目を浴び、同じ年に放送された、韓国ドラマ史上最高視聴率を記録した『ホジュン 宮廷医官への道』の主役に抜擢され、一挙に有名になりました。
誠実かつ知的な雰囲気が魅力の実力派俳優の一人として現在も活躍しています。 photo by: KNTV
-スポンサーリンク -
  • 名 前: チョン・グァンリョル(Jeon Kwang-ryul)
  • 生年月日: 1960年2月11日
  • 身長: 173cm
  • 趣味/特技 : テコンドー
  • 学歴:秋渓芸術大学校音楽学科
  • デビュー:1980年 TBC公開採用タレント22期

チョン・グァンリョルのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2011年 SBS 『武士ペク・ドンス』
イ・サンの護衛武官で朝鮮最高の武人ペク・ドンスとイ・サンの暗殺を狙う 朝鮮最高の闇の刺客集団「黒紗燭籠」の対決を、実話をもとに1700年代の朝鮮王朝時代を描いた歴史時代劇ドラマです。

チョン・グァンリョルはペク・ドンスの師、剣仙であるキム・グァンテク役を演じました。
ペク・ドンス
2010年 KBS 『製パン王キム・タック』
ソン・イルグク主演の大ヒット時代劇ドラマ『朱蒙』以来、3年ぶりに 50%を超える視聴率をたたき出した、国民的大ヒットドラマです。
主人公タックが様々な試練を超え、見るものに希望を与えるドラマとなっています。
男性版チャングムといった感じですが、正直者が最後は勝つと言った痛快ドラマに、韓国の視聴者が共感し、視聴率が大きく伸びたのでしょう。
チョン・グァンリョルはコソン食品会長、タックの父ク・イルチュン役として出演しています。
製パン王キム・タック
2006年 MBC 『朱蒙』
ソン・イルグクが、主人公チュモンを演じて、超ヒット作品となりました。
王となるまでのチュモンの生涯を体当たりで演じているソン・イルグクの評価は高く、このドラマで、人気、実力とも、トップクラスの俳優に押し上げました。
全81話という壮大なスケールで描いたこのドラマは、韓国で最高視聴率 52.7%という驚くべき数字を記録しました。
だめ王子から一国を築きあげる王へと変貌して行く、チュモンの成長ぶりを見事に表現しています。
朱蒙(チュモン) あらすじと無料動画
1999年 SBS 『ホジュン~宮廷医官への道 』
妾の子という不遇の生を受け、あらゆる苦難と苦労、抑圧、差別を受けながら も、朝鮮で最高の名医になったホ・ジュンの生涯を描いた作品です。
チョン・グァンリョルは主役である医員、両班の庶子ホ・ジュン役を演じました。
ホジュン のあらすじと無料動画情報
映画
  • 2002年 『2424 キム・レウォンの引越し大作戦』
  • 2001年 『ベサメムーチョ』
  • 2001年 『私にも妻がいたらいいのに』
最近の受賞歴
  • 2011年 SBS演技大賞 SBS特別企画部門優秀演技賞
  • 2007年 SBS演技大賞 最優秀賞、10大スター賞
  • 2006年 MBC演技大賞 男優最優秀賞
  • 2000年 MBC演技大賞 大賞
参考サイト
チョン・グァンリョルの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る