Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チョ・ジェヒョン(韓国俳優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 3

チョ・ジェヒョン-韓流スターのドラマとプロフィール

チョ・ジェヒョン(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


チョ・ジェヒョンのパーソナルデータ

高麗末の乱世を乗り越えて易姓革命を成し遂げ、朝鮮建国の功臣として名を馳せた鄭道伝(チョン・ドジョン)の波乱万丈な生涯を描いたドラマ『鄭道伝』でチョン・ドジョン役を演じたチョ・ジェヒョン。
デビュー25年目だった名俳優チョ・ジェヒョンにとって、『鄭道伝』の演技は難しく、毎週が緊張の連続だったとインタビューで答えていました。
しかし、『鄭道伝』が視聴者に与えたメッセージは、どの時代劇よりも強烈だったという評価を受けたのです。
チョ・ジェヒョンが夢見る大業は“世界3大映画祭の俳優”になることです。
チョ・ジェヒョンがこの大業を叶えて、希望を人々に与えるその日が来ることを期待しています。 photo by: KNTV
-スポンサーリンク -
  • 名 前:チョ・ジェヒョン(jojaehyun)
  • 生年月日: 1965年 6月 30日
  • 身長: 171cm
  • 趣味/特技 : ゴルフ、料理
  • 学歴:中央大学校芸術大学院公演映像学科
  • デビュー:1989年 KTV 『野望の歳月』

チョ・ジェヒョンのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2014年 KBS 『鄭道伝』
高麗末の乱世を乗り越えて易姓革命を成し遂げ、朝鮮建国の功臣として名を馳せた鄭道伝(チョン・ドジョン)の波乱万丈な生涯を描いた作品です。
朝鮮建国の功臣として名を馳せた鄭道伝役をチョ・ジェヒョンが演じています。
鄭道伝
2012年 JTBC 『シンドローム』
脳外科を舞台に人間の生と死や医師たちの野望、そして若き医師たちの活躍と 恋模様 が描かれた正統派メディカルドラマです。
チョ・ジェヒョンは、ヨウクの父で脳外科教授のチャ・テジン役として出演しています。
シンドローム
2011年 MBC 『階伯(ケべク)』
6万人以上の大軍で攻め込んできた新羅・唐連合軍をわずか5千の軍勢で迎え撃った「黄山伐」の戦いで、知られる、階伯将軍の生涯を描いた大作。
国のために生きた百済最後の忠臣階伯を演じるイ・ソジンの代表作で、チョ・ジェヒョンは百済の最後の王義慈(ウィジャ)王役を好演しました。
階伯(ケべク)
映画
  • 2014年 『王の涙-イ・サンの決断-』
  • 2013年 『メビウス』
  • 2012年 『The weight』
  • 2011年 『チョコレート・バトラー The KICK』
  • 2009年 『マリン・ボーイ』
  • 2007年 『千年鶴』
  • 2006年 『ロマンス』
  • 2006年 『韓半島』
  • 2004年 『木浦(モッポ)は港だ』
  • 2004年 『孟父三遷之教』
  • 2004年 『オー!マイDJ』
  • 2004年 『恋する神父』
  • 2003年 『清風明月』
  • 2001年 『ミラクル・サッカー』
  • 2001年 『受取人不明』
  • 2001年 『悪い男』
  • 2001年 『ビーナス』
  • 2000年 『Interview インタビュー』
  • 2000年 『島』
  • 2000年 『魚と寝る女』
最近の受賞歴
  • 2002年 百想芸術大賞 最優秀男子演技賞
  • 2001年 SBS演技大賞 最優秀演技賞
  • 2001年 SBS演技大賞 人気賞
  • 2001年 釜山映画評論家協会賞 助演男優賞
  • 1998年 青龍賞男 優助演賞
参考サイト
チョ・ジェヒョンの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る