Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。


#トップ

チョ・ヒョンジェ(韓国俳優)のプロフィール

この記事を読む時間は: 2

チョ・ヒョンジェ-韓流スターのドラマとプロフィール

チョ・ヒョンジェ(韓国俳優)のプロフィールとドラマ情報


チョ・ヒョンジェのパーソナルデータ

チョ・ヒョンジェは1999年SBSドラマ『カイスト』でデビューし、その後『ラブレター』のアンドレア役でスターダムに上がりました。
2013年には10年ぶりのMBCドラマ出演復帰作である『帝王の娘スベクヒャン』に出演し、東城王の息子だが、幼い頃に入れ替えられ、武寧王の息子として育てられるミョンノンを演じました。
次世代韓流スターとしても注目を集め、今後の活躍に期待されている俳優です。 photo by: wowkorea
-スポンサーリンク -
  • 名 前: チョ・ヒョンジェ(JoHyunJae)
  • 生年月日: 1980年 5月 9日
  • 身長: 180cm
  • 趣味/特技 : 水泳、スカッシュ、登山、インラインスケート
  • 学歴:檀国大学 芸術造形学部 演劇映画学科
  • デビュー:1999年 SBSドラマ 『カイスト』

チョ・ヒョンジェのドラマ・映画出演作品

ドラマ
2013年 KBS 『花を咲かせろ!イ・テベク』
大卒、非正規労働者に希望を与えるべく制作されたドラマです。
チョ・ヒョンジェは、エリート広告マンのエディ・カン役を好演しています。
実在の広告の天才をモデルにしたものとして注目されたドラマです。
花を咲かせろ!イ・テベク
2013年 MBC 『帝王の娘 守百香』
百済王の血を引くソルランと、その運命を奪った妹ソルヒの壮絶なバトルを描いた時代劇ドラマです。
ソ・ヒジョンが演じる長女ソルランと、ソウ演じる次女ソルヒとの壮絶なバトルを繰り広げる様は圧巻。
二人の火花を散らす演技力を十分堪能できる作品となっています。
帝王の娘 スベクヒャン(守百香)
2011年 SBS 『私の期限は 49日』
シンガ産業の一人娘ジヒョンは結婚を控えたある日、交通事故でこん睡状態になってしまう。
スケジューラーは、ジヒョンに「49日の間に、自分を愛してくれる家族以外の人間の涙を3滴集めれば、生き返ることができる」と告げるが…。
このジヒョンが生き返ることができるのかに注目が集まり、ドラマの最終回には、自己最高の視聴率 16.1%を記録しました。

私の期限は 49日
2005年 SBS 『ソドンヨ』
百済の王と、新羅の姫の国を超えたラブストーリーで、イ・ボヨンはヒロインの新羅の姫ソンファを演じたヒットドラマです。
相手役のソドンを演じたチョ・ヒョンジェが大ブレークした人気ドラマです。
ソドンヨあらすじと無料動画
映画
  • 2008年 『GP506』
  • 2004年 『愛の喜び』
  • 2003年 『スキャンダル- 朝鮮男女相悦之詞』
最近の受賞歴
  • 2011年 第19回 大韓民国 文化芸術大賞 韓流スター賞
  • 2007年 アンドレ・キム ベストスターアワード
  • 2006年 第42回 百想芸術大賞テレビ部門 人気賞
  • 2005年 SBS 10大スター賞
  • 2003年 SBS演技大賞 ニュースター賞
チョ・ヒョンジェ公式サイト:
  • チョ・ヒョンジェ(公式サイト): http://johyunjae.net/
参考サイト
チョ・ヒョンジェの最近の出来事・ニュース

[スポンサーリンク]

楽天で探す
楽天市場
ページトップへ戻る